犬の循環器の病気

「犬の循環器の病気」に関する記事一覧

犬の循環器の病気

「犬の循環器の病気」に関連するカテゴリー

「犬の循環器の病気」に関する記事

【獣医師監修】犬の低カルシウム血症〜原因・症状と対策

低カルシウム血症とは血中のカルシウム濃度が著しく低下した状態のことを指します。体内に摂取されたカルシウムはそのほとんどが骨の生成に使われます。ただそのすべてが骨の生成に使われるというわけでは……

犬の低カルシウム血症

【獣医師監修】犬の高窒素血症〜原因・症状と対策

犬が高窒素血症を発症すると、脱水や貧血、不整脈など、様々な症状を発症します。また進行すると、命に危険が及ぶことがある為、注意が必要です。犬の高窒素血症は、腎臓の機能低下と大きなつながりがあり……

犬の高窒素血症

【獣医師監修】犬の血小板減少症〜原因・症状と対策

血小板減少症は読んで字のごとく血液中の血小板が減少している状態のことを指します。血小板は出血が起きた際に止血を行うはたらきのある血液中の細胞のことです。 血小板は動物が生命活動を行う上……

犬の血小板減少症

【獣医師監修】犬のファロー四徴症〜原因・症状と対策

犬の病気の中でもあまり知られていない病気にファロー四徴症というものがあります。ファロー四徴症は心臓の先天的な奇形によって起きてしまう病気で、心臓に4つの異常を持ってしまっているため酸素を十分……

犬のファロー四徴症

【獣医師監修】犬の尿毒症~原因・症状と対策

犬の尿毒症は、腎臓に問題が起き、体から老廃物を排出できなくなることで起こります。有毒な老廃物がどんどん体にたまって、食欲不振や嘔吐が見られたり、尿のようなにおいのする独特の口臭がしたりします……

犬の尿毒症

【獣医師監修】犬の再生不良性貧血〜原因・症状と対策

再生不良性貧血という言葉に聞き馴染みはあるでしょうか。再生不良性貧血とは何らかの原因によって骨髄の機能が低下することによって貧血状態になってしまう病気を指します。骨髄細胞が脂肪組織に置き換わ……

犬の再生不良性貧血

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

犬の動脈管開存症

【獣医師監修】犬の心室中隔欠損症〜原因・症状と対策

生まれつき心臓の壁の一部に穴が開いてしまっている病気を心室中隔欠損症といいます。心室中隔欠損症は犬の先天性の病気としては一番発症頻度が高く、さまざまな心臓の病気や肺の病気を招いてしまう原因に……

犬の心室中隔欠損症

【獣医師監修】犬の心内膜炎〜原因・症状と対策

犬の心臓の内膜に炎症が起こると、心臓の力自体が弱まり、呼吸困難や心不全などを起こしてしまうことがあります。犬の心内膜炎は、病原体の感染が原因になっている場合や心臓自体の疾患が原因になっている……

犬の心内膜炎

【獣医師監修】小型犬が罹りやすい心臓の病気、僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因・治療について

小型犬、大型犬のそれぞれに起こりやすい疾患があります。心臓の中にある、僧帽弁に異常が起きる「僧帽弁閉鎖不全症」は小型犬に起こりやすい疾患のひとつとして耳にしたことがある方もいらっしゃるかもし……

犬の心臓の病気