犬の循環器の病気

「犬の循環器の病気」に関する記事一覧

犬の循環器の病気

「犬の循環器の病気」に関連するカテゴリー

「犬の循環器の病気」に関する記事

【獣医師監修】犬の低カルシウム血症〜原因・症状と対策

低カルシウム血症とは血中のカルシウム濃度が著しく低下した状態のことを指します。体内に摂取されたカルシウムはそのほとんどが骨の生成に使われます。ただそのすべてが骨の生成に使われるというわけでは……

犬の低カルシウム血症

【獣医師監修】犬の高窒素血症〜原因・症状と対策

犬が高窒素血症を発症すると、脱水や貧血、不整脈など、様々な症状を発症します。また進行すると、命に危険が及ぶことがある為、注意が必要です。犬の高窒素血症は、腎臓の機能低下と大きなつながりがあり……

犬の高窒素血症

【獣医師監修】犬の血小板減少症〜原因・症状と対策

血小板減少症は読んで字のごとく血液中の血小板が減少している状態のことを指します。血小板は出血が起きた際に止血を行うはたらきのある血液中の細胞のことです。 血小板は動物が生命活動を行う上……

犬の血小板減少症

【獣医師監修】犬のファロー四徴症〜原因・症状と対策

犬の病気の中でもあまり知られていない病気にファロー四徴症というものがあります。ファロー四徴症は心臓の先天的な奇形によって起きてしまう病気で、心臓に4つの異常を持ってしまっているため酸素を十分……

犬のファロー四徴症

【獣医師監修】犬の尿毒症~原因・症状と対策

犬の尿毒症は、腎臓に問題が起き、体から老廃物を排出できなくなることで起こります。有毒な老廃物がどんどん体にたまって、食欲不振や嘔吐が見られたり、尿のようなにおいのする独特の口臭がしたりします……

犬の尿毒症

【獣医師監修】犬の再生不良性貧血〜原因・症状と対策

再生不良性貧血という言葉に聞き馴染みはあるでしょうか。再生不良性貧血とは何らかの原因によって骨髄の機能が低下することによって貧血状態になってしまう病気を指します。骨髄細胞が脂肪組織に置き換わ……

犬の再生不良性貧血

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

【獣医師監修】犬の心室中隔欠損症〜原因・症状と対策

生まれつき心臓の壁の一部に穴が開いてしまっている病気を心室中隔欠損症といいます。心室中隔欠損症は犬の先天性の病気としては一番発症頻度が高く、さまざまな心臓の病気や肺の病気を招いてしまう原因に……

犬の心室中隔欠損症

【獣医師監修】犬の心内膜炎〜原因・症状と対策

犬の心臓の内膜に炎症が起こると、心臓の力自体が弱まり、呼吸困難や心不全などを起こしてしまうことがあります。犬の心内膜炎は、病原体の感染が原因になっている場合や心臓自体の疾患が原因になっている……

犬の心内膜炎

【獣医師監修】小型犬が罹りやすい心臓の病気、僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因・治療について

小型犬、大型犬のそれぞれに起こりやすい疾患があります。心臓の中にある、僧帽弁に異常が起きる「僧帽弁閉鎖不全症」は小型犬に起こりやすい疾患のひとつとして耳にしたことがある方もいらっしゃるかもし……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の先天性心疾患の一つ。肺動脈弁狭窄症の症状・原因・治療法について

肺動脈とは心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈で、その入り口にある肺動脈弁とその周辺が、先天的に狭くなってしまっている状態のことを「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」と……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬や猫にもある不整脈。犬猫の症状・原因から治療方法・薬について

心臓は全身に血液を送り出す大切な臓器ですが、犬や猫も高齢になると心臓の筋力や弁などに異常が生じ、心臓病を発症するリスクが高くなります。心臓の疾患は初期には症状が表れにくく、実際に症状がではじ……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】大型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

元気に走り回る大型犬を見ていると、体も強そうで、一見病気などしにくいように見えるかもしれません。しかし、当然のことですが、大型犬も病気と全く無縁というわけにはいきません。 小型犬に遺伝……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の心臓に関わる病気である僧房弁閉鎖不全症、フィラリア症について

全身に血液を送り出す心臓の病気は、生命に関わる重大な問題につながります。 そんな犬の心臓病として有名なものには、犬の心臓病の大半を占める「僧房弁閉鎖不全症」や、蚊が媒介する病気である「……

犬の感染症

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬の高カリウム血症〜原因・症状と対策

高カリウム血症とはその名の通り血液中のカリウムの濃度が高くなってしまっている状態のことを指します。カリウムは生命活動をする上で大切なミネラルのひとつとなっていますが、血中のカリウム濃度が上が……

犬の高カリウム血症

【獣医師監修】犬の心房中隔欠損症~原因・症状と対策

心房中隔欠損症とは、心臓に四つある部屋のうち、上二つにあたる右心房と左心房の間の壁に生まれつき穴が開いている病気です。穴が小さければほとんど症状は出ませんが、穴が大きいと、左心房から右心房に……

犬の心房中隔欠損症

【獣医師監修】犬の溶血性貧血〜原因・症状と対策

犬の体に酸素を送る役割をしている赤血球が破壊されてしまうと、酸素が体に行き渡らず、様々な症状が現れます。予防と早期発見が大切な溶血性貧血ですが、そのまま放置しておくと、酸素不足によって死亡率……

【獣医師監修】犬の心筋炎〜原因・症状と対策

犬の心筋炎は、様々な原因で起こります。しかし、異常の起きる器官が心臓ゆえに、進行すると、呼吸困難や不整脈、失神など、命に関わる危険な症状を引き起こします。普段から犬の心臓の音や胸の動き、呼吸……

犬の心筋炎

【獣医師監修】犬の心不全~原因・症状と対策

心不全という言葉を誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。人間でも高齢者などに多い病気で死因の一つにもなっている心不全ですが、実は犬にも起こるということをご存知でしょうか。 犬も心……

犬の心不全