犬の心臓の病気

「犬の心臓の病気」に関する記事一覧

「犬の心臓の病気」に関する記事

【獣医師監修】犬のファロー四徴症〜原因・症状と対策

犬の病気の中でもあまり知られていない病気にファロー四徴症というものがあります。ファロー四徴症は心臓の先天的な奇形によって起きてしまう病気で、心臓に4つの異常を持ってしまっているため酸素を十分……

犬のファロー四徴症

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

犬の動脈管開存症

【獣医師監修】犬の心室中隔欠損症〜原因・症状と対策

生まれつき心臓の壁の一部に穴が開いてしまっている病気を心室中隔欠損症といいます。心室中隔欠損症は犬の先天性の病気としては一番発症頻度が高く、さまざまな心臓の病気や肺の病気を招いてしまう原因に……

犬の心室中隔欠損症

【獣医師監修】犬の心内膜炎〜原因・症状と対策

犬の心臓の内膜に炎症が起こると、心臓の力自体が弱まり、呼吸困難や心不全などを起こしてしまうことがあります。犬の心内膜炎は、病原体の感染が原因になっている場合や心臓自体の疾患が原因になっている……

犬の心内膜炎

【獣医師監修】小型犬が罹りやすい心臓の病気、僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因・治療について

小型犬、大型犬のそれぞれに起こりやすい疾患があります。心臓の中にある、僧帽弁に異常が起きる「僧帽弁閉鎖不全症」は小型犬に起こりやすい疾患のひとつとして耳にしたことがある方もいらっしゃるかもし……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の先天性心疾患の一つ。肺動脈弁狭窄症の症状・原因・治療法について

肺動脈とは心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈で、その入り口にある肺動脈弁とその周辺が、先天的に狭くなってしまっている状態のことを「肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)」と……

犬の動作や習慣の変化や異常

【獣医師監修】犬や猫にもある不整脈。犬猫の症状・原因から治療方法・薬について

心臓は全身に血液を送り出す大切な臓器ですが、犬や猫も高齢になると心臓の筋力や弁などに異常が生じ、心臓病を発症するリスクが高くなります。心臓の疾患は初期には症状が表れにくく、実際に症状がではじ……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】大型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

元気に走り回る大型犬を見ていると、体も強そうで、一見病気などしにくいように見えるかもしれません。しかし、当然のことですが、大型犬も病気と全く無縁というわけにはいきません。 小型犬に遺伝……

犬の心臓の病気

【獣医師監修】犬の心臓に関わる病気である僧房弁閉鎖不全症、フィラリア症について

全身に血液を送り出す心臓の病気は、生命に関わる重大な問題につながります。 そんな犬の心臓病として有名なものには、犬の心臓病の大半を占める「僧房弁閉鎖不全症」や、蚊が媒介する病気である「……

犬の感染症

【獣医師監修】小型犬がかかりやすい危険な病気と予防法

小型犬は大型犬、中型犬と比べるとなんだか病弱そうなイメージを持っていませんか? 実際は、体が小さいからといって、他の犬種よりも際立って病気に弱いということはありません。しかし、遺伝的に……

犬の動作や習慣の変化や異常