オス犬の生殖器の病気

「オス犬の生殖器の病気」に関する記事一覧

オス犬の生殖器の病気

「オス犬の生殖器の病気」に関する記事

【動物看護師が徹底解説!】1歳を超えた犬は避妊・去勢手術をしても大丈夫?メリット・デメリットは?

犬を飼い始めるときに、必ず説明を受ける避妊・去勢手術に関する話。このときだれもが”健康体にわざわざメスを入れるか?”と、悩むことでしょう。 確かに、手術は麻酔のリスクも伴い、臓器の一部……

メス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】犬の前立腺炎〜原因・症状と対策

オス犬特有の病気に犬の前立腺炎という病気があります。 前立腺炎は、オス犬にのみある生殖器で膀胱の真下にある前立腺が、何らかの原因で炎症を起こしてしまい激しい痛みを伴う病気です。非常に激……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】犬の包皮炎〜原因・症状と対策

犬の包皮炎はオス犬の生殖器を包む皮膚に炎症が起こっている状態のことを指します。 包皮に炎症が起きると患部に膿が溜まることがあります。包皮炎の発症には犬の皮膚に常在している細菌が大きく関……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】雄犬の病気。犬の前立腺肥大症の症状、治療、予防方法

高齢になった雄犬が罹りやすい病気のひとつとしてあげられるのが前立腺肥大。 最近では繁殖の予定のない雄犬の場合には、子犬の頃に去勢手術を受けることでこの病気を予防されている方も多くいらっ……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】ガンの原因に!?犬の潜在精巣について

犬の精巣(=睾丸)は生まれた直後はお腹の中に深く入り込んでいて、生後約30日で精巣が陰嚢内へと移動してきます(精巣下降)。 ところがなんらかの影響で精巣が陰嚢内に下降せず、腹腔内に停留……

オス犬の生殖器の病気

【獣医師監修】犬の潜在精巣の原因・症状・治療法・予防法

オスの子犬の陰嚢(袋)を触ると、左右で感触が違うということが時々あります。 もしその犬が生後半年以上たっていれば、精巣(睾丸)が片方しか陰嚢に降りてきていない「潜在精巣」かもしれません……

オス犬の生殖器の病気