猫の循環器の病気

「猫の循環器の病気」に関する記事一覧

猫の循環器の病気

「猫の循環器の病気」に関連するカテゴリー

「猫の循環器の病気」に関する記事

スコティッシュ・フォールドと暮らした時に気をつける事~スコに多い病気と注意点について~猫壱セミナーより

2016年11月23日に、猫用品メーカー「猫壱」主催の「ネコをもっと理解する」セミナーが開催されました。 ペット生活編集部もセミナーに参加させていただきましたので、セミナーの一部をご紹介し……

猫のニュース

【獣医師監修】猫の心室中隔欠損症~原因・症状と対策

心臓には左心房、右心房、左心室、右心室と、計4つの部屋があり、それぞれ壁で仕切られています。猫の心室中隔欠損症は、4つの部屋のうち下2つにあたる左心室と右心室の間を仕切る壁に、生まれつき穴が……

猫の心室中隔欠損症

ラガマフィンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

猫ブームの影響もあり、猫との生活を始める方が増えています。既に飼っている方も、これから飼い始める方もできる限り長く一緒に過ごしたいでしょう。そのために、長寿や健康に注目が集まっているようです……

猫の心筋症

ペルシャの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。その分、健康にも気を配る飼い主さんが増えているようです。実際に猫種ごとにかかりや……

猫の心筋症

ラグドールの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームも相まって、飼い始めた方も多くいるのではないでしょうか。 皆様の猫……

キャットフード

メインクーンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、猫ブームで多くの方が猫との生活を始めています。生活を始めたからには、少しでも長く一緒にいたいと思うのが飼い主の心情。 幸せなことに、昨今ではキャットフードの種類がたくさんあっ……

猫の心不全

【獣医師監修】猫の代謝性アシドーシス〜原因・症状と対策

猫が発症する病気には本当にさまざまなものがあり、その多くがあまり聞きなれないものであったり、あまり知られていない病気だったりします。そんなあまり知られていない病気の一つに代謝性アシドーシスと……

猫の代謝性アシドーシス

【獣医師監修】猫の低カルシウム血症~原因・症状と対策

猫の低カルシウム血症は、何らかの原因で血液中のカルシウム濃度が低下することで起こります。カルシウムは心臓を含む筋肉の収縮や神経伝達などに関わっているため、低カルシウム血症では神経過敏や痙攣、……

猫の低カルシウム血症

【獣医師監修】猫の高カリウム血症〜原因・症状と対策

猫の高カリウム血症は血中のカリウム濃度が高くなっている状態のことを指します。血中のカリウム濃度が高いと心機能に影響が出ることがあり、最悪の場合、命にまで危険が及んでしまうことまで考えられるの……

猫の高カリウム血症

【獣医師監修】猫の高窒素血症〜原因・症状と対策

愛猫の病気に高窒素血症と言われる聞きなれない病気があります。人間でも起こりうる病気で腎臓病と総称されてしまうことが多く、高窒素血症という病気についてほとんどの人が詳しくありません。体の中でも……

猫の高窒素血症

【獣医師監修】猫の不整脈〜原因・症状と対策

愛猫の様子がおかしいと思ったとき、また検診などで愛猫に何らかの異常が見られてもその原因がすぐには分からないとき、飼い主としてはヤキモキしてしまうことってありますよね。そういった状況で考えられ……

猫の不整脈

【獣医師監修】猫の尿毒症〜原因・症状と対策

猫の尿毒症の発症には腎臓が深く関係しています。腎臓の機能が低下すると体内の老廃物を体外に排出するはたらきが弱まり、それによって血中の老廃物の濃度が高くなります。そのような状態のことを尿毒症と……

猫の尿毒症

【獣医師監修】猫の心房中隔欠損症〜原因・症状と対策

猫の心房中隔欠損症は心臓に生じている異常です。具体的には左心房と右心房を隔てている壁に穴が開いた状態になっていることを指します。ただ猫の心房中隔欠損症を発症していても基本的には身体に異常が出……

猫の心房中隔欠損症

【獣医師監修】犬猫にもある「高脂血症」。重篤な病気の原因になることもあるサイレントキラー。

高脂血症とは人間の病気として多く問題になっていますでした。運動不足に加えてお酒を飲んだ後にラーメンを食べるような食生活を送っている中年男性が「あなたは高脂血症ですね。このままだと成人病になり……

犬の生活習慣病

【獣医師監修】猫の後ろ脚が立たず、苦しんでいる!もしかしたら血栓症かも…

突然、猫の脚が立たなくなって、苦しげにもがき始めたら、原因は血栓症の可能性があります。血栓症だとしたら一刻を争う病ですので、すぐに獣医さんに診てもらわなければなりません。 血栓症とはど……

猫の心臓の病気