ドッグフード「JPスタイル」の原材料や選ぶ際の注意点は?

JPスタイルに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

JPスタイルの原材料

JPスタイルは、日清ペットフードによって日本で暮らす犬のために作られたドッグフードです。

どんな原材料が使用されているのか、JPスタイルの和の究み 小粒 1歳からの成犬用を例に見ていきましょう。

肉類

JPスタイルの原材料の内、肉類として使用されているのはチキンミール、ビーフオイル、チキンレバーパウダーです。

鶏肉自体は鳥インフルエンザにかかっていない国内産のものを使用していることや残留農薬などの検査が行われていることは公式サイトに記載があります。

しかし、チキンミールそのものがヒューマングレードであることや犬の健康に害する恐れのある部位を使用していないなどの記載はありません。

また、原材料の中で肉類は2番目に記載されていることも気になります。

穀物

穀物には小麦全粒粉が最も多い原材料として記載されています。

犬は穀物を消化する酵素がないため、人間ほど十分な消化ができません。

そのため、消化器官へ大きな負担がかかってしまいます。また、小麦に含まれるグルテンによって、アレルギー症状が引き起こされる可能性が高まります。

犬は本来、肉食のため、穀物が主要な原材料のドッグフードは犬の健康にとって、好ましいとは言い切れません。

添加物

着色料や香料、酸化防止剤など人工的な添加物は一切使用していません。

ドッグフードの酸化防止剤には、天然由来のローズマリー抽出物が使用されています。

その他

JPスタイルで気になるその他の原材料として、ビートパルプやナトリウムが挙げられます。

ビートパルプは製造工程の中で残留農薬が含まれる可能性が高いことから、ドッグフードには適さない原材料として知られています。

食品に含まれる量だけで犬に必要なナトリウムは摂取できるため、ナトリウムをあえて付加する必要性は低いでしょう。

一方、消化吸収をサポートする役割があるオリゴ糖やプロバイオティクス、プレバイオティクスを添加し、腸内環境を整える設計になっていることが分かります。

 

JPスタイルに含まれる栄養の割合

では次に、JPスタイルに含まれる栄養の割合を確認しておきましょう。

  • エネルギー 360kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 14.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

脂質やエネルギーはやや高め

jPスタイルの栄養の割合で特徴的なのは、脂質やエネルギーが一般的なフードよりもやや高めに設定されている点です。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質の最低基準は、成犬で5.5%以上であることからも、高めであることが分かります。

タンパク質は平均的

タンパク質は一般のドッグフードと比べると、平均的な割合だといえます。

ただ、原材料に使用しているチキンミールが安全な食品であることを前提に考えると、タンパク質がもっと高めに設定されていても良いはずです。

良質なチキンミールの場合、新鮮な生肉の栄養がギュッと凝縮されるため、タンパク質が高くなる傾向にあります。

その点、JPスタイルは平均的な割合であるため、ドッグフードに占める肉類の割合が少ないことが考えられます。

 

JPスタイルの生産国

JPスタイルは日本で生産されているドッグフードです。

日本でも指折りの製粉メーカーの日清製粉グループであることから、JPスタイルへの期待感もきっと高いことでしょう。

製粉メーカーである故に、JPスタイルの主原料に小麦全粒粉を使用している可能性も否定できません。

海外のドッグフードメーカーや一部の国産のドッグフードメーカーでは、犬本来の食性に合ったドッグフード作りが主流になりつつあります。

肉食である食性を再現するために、主原料には新鮮な生肉をたっぷり使用し、人工的に作られた加工食品は使用されていません。

 

JPスタイルを選ぶ際の注意点

JPスタイルを選ぶ際に、注意しておくべき点が3点あります。

どのような点に注意すべきかを確認の上、選択するかどうかを決めましょう。

お腹が弱い犬は消化不良を起こす心配も

JPスタイルで使用する原材料からも分かる通り、小麦全粒粉が主要原材料であるため、とくにお腹が弱い犬は注意が必要です。穀物は犬にとって、消化不良を起こす場合があります。

消化吸収をサポートするオリゴ糖やプロバイオティクス、プレバイオティクスなども使用されています

しかし、与える際には急にドッグフードを切り替えるのではなく、少量ずつ与えるようにしましょう。

ドッグフードの切り替え時は、今与えているドッグフードに少量ずつ混ぜて与えるようにしましょう。

アレルギー症状が引き起こされる可能性がある

さらに、小麦にはグルテンが含まれており、アレルギー症状が引き起こされる可能性があります。元々アレルギー体質の犬の場合、かかりつけの獣医さんと相談してから与えるようにしましょう。

国内産だから安全とは言い切れない

国内産だから安全、海外産だから安全ではないなど、一言では言い切れない点です。

国内産でも、ヒューマングレードで無添加、グレインフリーなど犬の健康に特化したドッグフードがあります。

その一方で、添加物たっぷりでどこの産地か不明な原材料を使用している品質の悪いドッグフードが存在していることは確かです。

さらに、海外産に至っても同様で、4Dミートや肉副産物など粗悪な原材料を使用しておきながら、プレミアムドッグフードと謳うメーカーもあります。

まとめ

JPスタイルは知名度が高いメーカーのドッグフードのため、社会的な信用から安全だと判断してしまいがちです。

ただ、使用している原材料には不安が残ります。

どうしても愛犬に与えたいという場合は、上記の注意点に注意しつつ、メーカーに疑問点を確認してから試してみると良いでしょう。

関連記事