ドッグフード「プロステージ」の原材料や選ぶ際の注意点は?

プロステージに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

プロステージの原材料

プロステージは獣医師の指導を基に、ブリーダーやペットショップなどプロ向けに開発された総合栄養食のドッグフードです。

では、実際にどのような原材料が使用されているのか、プロステージ ル・シアンのポークを例に確認していきましょう。

肉類

肉類の原材料として使用されているのは、主要原材料であるポークミールです。

一般的に「○○ミール」と記載されているものは、可食部以外の部位が含まれる肉副産物を使用されているものという認識があります。

正規販売店の公式サイトではヒューマングレードや肉副産物は使用していないなどの表記がないため、ポークミールが本当に安全なものなのかを判断することができません。

穀物

穀物には、米粉が使用されています。

お米自体はアレルギー症状を起こしにくい食品として知られていますが、犬にとって消化しにくい穀物であることには違いありません。

ただ、お米を炊いたり、米粉も加熱して原材料に使用されているのなら、生米の状態で使用するよりも消化吸収率は高くなるといわれています。

添加物

プロステージでは合成保存料や合成着色料を使用していません。

原材料にも人工的な添加物は記載がないため、無添加のドッグフードと考えることができるでしょう。

その他

その他の原材料で気になるのは、ビートパルプや食塩です。

ビートパルプは製造工程の中で残る、犬の健康を害する恐れのある残留農薬が不安視されています。

また、ビートパルプは犬のウンチを固めるため、犬のウンチの本来の固さが分かりにくくなります。

ウンチは犬の健康を把握する上で重要なバロメーターですので、そういう意味ではドッグフードに相応しい原材料とはいえません。

食塩は、新鮮な生肉を使用していれば、あえて付加する必要はないと考えられています。

食塩を使用する目的の多くは、犬の食いつきを良くするためです。

 

プロステージに含まれる栄養の割合

では次に、プロステージに含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

ドッグフード選びをする上で、栄養の割合を確認しておくことも大切なポイントです。

  • エネルギー 350kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 11.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.0%以下
  • 粗灰分(※2) 8.5%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギーや脂質は平均的なバランス

プロステージのエネルギーや脂質は一般的なドッグフードと比較しても、平均的なバランスといえます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質の最低基準は、成犬で5.5%以上であることから、十分に基準を満たしていることが分かります。

タンパク質はやや低め

一方、タンパク質は割合だけを見ると、24.0%以上で一般的なドッグフードと同様に平均的な割合であることが分かります。

しかし、原材料でタンパク源として使用されているのはポークミールです。

前提として新鮮な生肉を加工したものであれば、栄養成分がギュッと濃縮されるため、タンパク質はもう少し高い割合になってもおかしくはないでしょう。

 

プロステージの生産国

プロステージは国内産のドッグフードです。

日本で生産されているドッグフードの栄養基準となるのは、アメリカのAAFCOで定められている栄養基準です。

海外の動物愛護先進国に比べ、日本ではドッグフードに対する法規制が厳しくないため、ドッグフードの品質が低いものも多数あるからです。

最近は、国内産のドッグフードでもヒューマングレードで無添加を謳う品質の高いドッグフードが販売されるようになってきています。

ただ、ドッグフードを選ぶ際に、価格やプレミアムドッグフードという名前で選ぶ飼い主さんも少なくありません。

価格が高いから品質が高いかというとそうではありません。

価格が高くても品質が良くない原材料を使用している場合もあります。

また、プレミアムドッグフードと言われているものでも、肉副産物や4Dミートなどの粗悪原材料を使用しているものもあります。

つまり、ドッグフードは価格やラベルで判断してはいけないのです。

ドッグフードを選ぶ飼い主さんにも知識の偏りが目立ちます。

愛犬の健康のためにも、原材料の安全性や栄養バランスなどしっかり確認してから選ぶことをおすすめします。

 

プロステージを選ぶ際の注意点

プロステージを選ぶ際に、いくつか注意しておくべきポイントがあります。

以下の注意点を理解した上で、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

胃腸が弱い犬は要注意

プロステージの原材料でもご紹介したように、犬の消化器官に負担がかかりやすい穀物が使われています。

元々、胃腸が弱い犬の場合、消化不良を起こす可能性があるため、注意が必要です。

心配な場合は、かかりつけの獣医さんに相談することをおすすめします。

塩分の摂り過ぎに注意

プロステージの原材料には、食塩が使用されています。

ただ、通常、ドッグフードに食塩を添加しなくても、肉類などに含まれる塩分で犬の健康に必要な量は摂取できると考えられています。

だとすれば、ドッグフード以外に塩分を含むものを犬に与えた場合、塩分の摂り過ぎになる可能性があります。

まとめ

プロステージに使用されている原材料に対し、ヒューマングレードといった表記がないため、ポークミールが100%安全な原材料とは言い切れません。

また、ウンチを意図的に固める作用があり、粗悪原材料として知られるビートパルプを使っていることから考慮すると、安全性という面ではおすすめできるドッグフードではありません。

どうしても愛犬に与えたいという場合は、上記のリスクがあることや愛犬のウンチが通常よりも固まりやすい傾向にあることを理解しておきましょう。

関連記事