ドッグフード「ビーナチュラル」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ビーナチュラルに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ビーナチュラルの原材料

ビーナチュラルは日本とオーストラリアで共同開発して誕生したドッグフードです。

日本に住む犬に合わせて作られたドッグフードでもあります。

では、どんな原材料が使用されているのか、全年齢対応のルート・ターキーを例に確認していきましょう。

肉類

肉類として使用されている原材料は、七面鳥やカンガルー、鶏です。全てオーストラリア産のヒューマングレードのものを使用していることが公式サイトで発表されています。

カンガルーはオーストラリアでも安全な食材として知られています。

七面鳥や鶏も使用部位は肉と骨に限定され、羽や血液などは使用していないことがはっきりと明記されており、安全で高品質なタンパク源を使用していることが分かります。

穀物

穀物には、全粒ソルガムや全粒ライムギが使用されています。

一般的には、穀物の消化には犬の消化器官に大きな負担をかけると言われていますが、ビーナチュラルではこれらの穀物に含まれるデンプンが加熱によってα化(糊化)されるように、細かく製粉しています。

ライムギは人間用の低アレルゲン食材としても注目されています。

犬においてもアレルギー症状を引き起こしにくい食材と言われています。

添加物

ビーナチュラルは合成保存料や合成着色料、香料は一切使用していません。

ドッグフードに欠かせない酸化防止剤には、天然由来のミックストコフェロールやローズマリー抽出物が使用されています。

その他

サトウキビ繊維は、不溶性食物繊維を多く含んでおり、犬の腸内において消化を助け、下痢や軟便、便秘を抑える働きがあると言われています。

中でも気になるのは蔗糖や塩化ナトリウムです。

一般的なドッグフードには不要だと考えられていますが、ビーナチュラルでは蔗糖は即効性のあるエネルギー源や天然の保存料になると明記されています。

塩化ナトリウムに関しても、一般的なドッグフードでは嗜好性アップのために使用するケースが多いのですが、ビーナチュラルでは嗜好性のためではなく、ミネラル源と考えられています。

公式サイトでは原材料の1つ1つに対し、丁寧に解説されているため、原材料の安全性に自信を持っている姿勢が伺えます。

 

ビーナチュラルに含まれる栄養の割合

では次に、ビーナチュラルに含まれる栄養の割合について、見ていきましょう。

  • エネルギー 327kcal/100g
  • 粗タンパク質 21.0%以上
  • 粗脂肪 9.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.0%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・脂質はやや低め

ビーナチュラルのエネルギーや脂質は、一般的なドッグフードに比べてやや低めに設定されています。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質の最低基準は、成犬で5.5%以上で、基準を十分に満たしていることが分かります。

脂質が低めである理由として、原材料で使用されているカンガルーや七面鳥は高タンパクで低脂肪であることが挙げられます。

また、一部のドッグフードでは嗜好性を高めるために、ドッグフードの表面に油脂を吹き付けていますが、ビーナチュラルでは酸化防止のため、必要以上の油脂は使用していません。

タンパク質は平均的

タンパク質は一般的なドッグフードと比べても、平均的な割合と言えます。

AAFCOの最低基準が成犬で18.0%以上のため、十分に基準は満たされていることが分かります。

エネルギーとタンパク質を比較すると、低カロリーであるものの、タンパク質の割合が高いことから、高タンパクで低脂肪のカンガルーや七面鳥を使用していることで納得できます。

 

ビーナチュラルの生産国

ビーナチュラルはオーストラリアで生産されています。オーストラリアと言えば、世界有数の食品基準の高さを誇る国として広く知られています。

オーストラリア産のドッグフードは、人の口に入る食品を基準として原材料に使用されており、品質の高いドッグフードが多いと言われています。

とくに、オーストラリアではBSE(牛海綿状脳症)や狂牛病といった伝染病が発生していない国として、食品衛生においても高い評価を受けています。

 

まとめ

ビーナチュラルは、原材料を使用している理由や産地を開示しており、品質の高さや安全性にこだわりを持っていることが伝わってきます。

栄養面でもこだわりがあり、複数のタンパク源を使用することで、アミノ酸を効率良く消化することを可能としています。

このように、使用している原材料や栄養の割合から見ても、品質の高いドッグフードと言えます。

興味がある人は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事