ドッグフード「アニモンダ」の原材料や選ぶ際の注意点は?

アニモンダに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

アニモンダの原材料

アニモンダはドイツ有数の食品メーカーの子会社で、サラミやハムなど食肉加工処理や保存処理のノウハウや経験を活かし作られたのがグランカルノ ドライフードです。

犬の体にやさしいフードとして、原材料にこだわって作ったとされていますが、実際にはどんな原材料が使用されているのでしょうか。

グランカルノ ドライフードを例に確認してみましょう。

肉類

肉類として使用されているのは鳥肉粉や鳥脂肪、牛脂肪、鳥レバーが挙げられます。

使用されている原材料は独自の厳しい安全基準として、次の4つの基準を満たすものだけを使っていることが正規販売店の公式サイトに記載されています。

  • 人間用と同じ食材を使用
  • 遺伝子組み換え食品ではない食材を使用
  • BSE(牛海綿状脳症)の全頭検査を実施
  • 危険度の高い食材は一切使用しない

穀物

穀物としてコーンやライス、コーングルテンが使用されています。

アニモンダではアレルギー症状を引き起こしやすいとされる小麦グルテンを使用しないことは明記されています。

しかし、コーンも小麦と同様にアレルギーを起こしやすい食材として知られています。

その点では、コーンは犬の健康にとって100%安全だとは言い切れません。

また、ライスの場合、炊飯したものを原材料と使用しているのであれば、消化吸収率が高まるため、消化不良などの心配はないと言えるでしょう。

添加物

アニモンダでは、人工的な保存料や香料などは一切使用していません。

また、犬の健康に不要な添加物や砂糖、塩といった調味料も使用していません。

その他

この他に気になる原材料として、ビートパルプが挙げられます。

ビートパルプは一般的に、ドッグフードには適さない原材料として知られています。

その理由として、原料となるビートの製造工程において、薬品が残留する恐れがあることが分かっているためです。

もちろん、薬品を使用していない所もあるため、原材料に記載があるだけで危険な原材料とは言い切れません。

ただ、ビートパルプをおすすめできないもう1つの理由は、通常よりもウンチが固まって出てくることが挙げられます。

一見、ウンチが固まって出てくることは良いことのように思われがちです。

ウンチの固さは犬の健康を知る上で重要なポイントで、意図的に固まって出てくると本来の固さが分からず、犬の健康状態を把握することができなくなってしまう可能性があります。

また、食物繊維が多いことから、お腹が弱い犬の場合、消化不良を起こす可能性もあります。

 

アニモンダに含まれる栄養の割合

では次に、アニモンダに含まれる栄養の割合について、見ていきましょう。

たとえ、原材料が品質の高いものを使用していても、栄養の割合が悪ければ、良いドッグフードとは言えません。

  • エネルギー 370kcal/100g
  • 粗タンパク質 25%以上
  • 粗脂肪 14%以上
  • 粗繊維(※1) 4%以下
  • 粗灰分(※2) 5.5%以下
  • 水分 8%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー、タンパク質やや高め

エネルギーやタンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質の最低基準は、成犬で18.0%以上であることからも納得できます。

原材料でタンパク源として使用されている肉類がふんだんに使用されていることからも頷けます。

エネルギーに関しては、タンパク質が高く設定されているため、自然と高くなっているという訳です。

水分やや低め

一般的なドライフードは水分含有量が10%以下であるのに比べ、アニモンダは水分含有量が8%以下と若干低めに設定されていることが分かります。

水分量が少ない分、フードの硬さが一般的なドライフードよりもやや硬めであることが考えられます。

とは言え、ドライフードの基準は10%以下なので水分含有量が少ないこと自体には、問題はありません。

 

アニモンダの生産国

アニモンダはドイツで生産されているドッグフードです。ドイツと言えば、世界有数の動物愛護先進国として知られています。

ドッグフードに対する安全基準は非常に厳しく設定されており、基本的にヒューマングレードの原材料を使用していることから、ドイツ産のドッグフードは世界中で高く評価されています。

とは言え、ドイツ産であれば全て安全で高品質なドッグフードとは言い切れません。

品質の高いドッグフードを選ぶためには、ブランド名ではなく、使用されている原材料の品質や安全性、含まれている栄養の割合などをしっかりと確認した上で選ぶ必要があります。

 

アニモンダを選ぶ際の注意点

そこで、アニモンダを選ぶ際の注意点を2つご紹介します。以下の点に注意した上で、愛犬に与えるようにしましょう。

アレルギーや消化不良に注意

コーンやビートパルプが使用されていることから、アレルギーのある犬やお腹が弱い犬の場合、あまりおすすめできません。

また、アレルギーなどない犬の場合でも、与える際は愛犬の体調を確認しながら少量ずつ与えるようにしましょう。

与える量に注意

アニモンダは一般的なドッグフードよりも、エネルギーやタンパク質がやや高めに設定されています。

そのため、エネルギーが低いドッグフードから切り替える際は、与える量に注意が必要です。

また、エネルギーが高く、与える量が減ることで犬がもっと欲しがるしぐさを見せることも考えられます。

くれぐれも欲しがるままに与えると肥満になる可能性があるため、注意しましょう。

まとめ

アニモンダはヒューマングレードの原材料を使用し、栄養の割合もAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める基準をクリアしており、基本的には品質が高いドッグフードと言えるでしょう。

ただ、コーンやビートパルプといった一部の原材料の使用に疑問が残ります。与える際は、上記注意点を参考に注意しましょう。

関連記事