長毛のシャム?バーマンの特徴や歴史・飼育法を解説

シャムのようなポインデッドとブルーの瞳を持ったバーマンは、長毛の黄金コートが美しい猫種です。

しかし、ペットショップなどで見かける機会が少ないため、詳しい飼育法が分からないと思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バーマンの歴史や特徴、飼育法などを詳しくご紹介いたします。

 

バーマンの特徴

性格は愛情深く社交的

まるで犬のような猫だともいわれるバーマンは、飼い主さんへの深い愛情を示してくれる猫種です。

例えば、帰宅後や入浴後の飼い主さんをじっと待っていてくれたり、名前を呼ぶと来てくれたりと忠実な態度を見せてくれるでしょう。

そして、好奇心が旺盛で社交的な性格をしているのもバーマンの特徴です。

突然の来客にも臆することなく近づいてくれるため、猫が苦手な人でも触りやすいでしょう。

そんな社交的な性格だからこそ、運動量も多く、人間と一緒に遊ぶことを好みます。

性質

バーマンは横から見ると、額と鼻の間が盛り上がって見え、目は他の猫種よりも大きく見え、やや離れてついているでしょう。

毛種的には長毛種ですが、ペルシャのように長くはなく、セミロング程度であることが多いとされています。

被毛には

  • シール
  • ブルー
  • チョコレート
  • ライラック
  • シナモン
  • フォーン
  • レッド
  • クリーム
  • ホワイト

といったすべてのカラーが表れますが、公認団体によって認められているカラーは異なります。

腹部の被毛だけにわずかなカールが見られたり、足先に白い被毛が生えていたりするのも、バーマンならではの特徴です。

また、長毛種だからこそ、バーマンはボリューム感のある尻尾を持っています。

胴体とほぼ同じ長さの尻尾は豊かな被毛で覆われているでしょう。

ちなみに、バーマンの目色はサファイヤブルーのみが認められています。

大きさ

バーマンはロング&サブスタンシャルタイプなので、がっちりとした体型をしています。

そのため、一般的な猫よりやや重い子が多く、平均体重は3~6.5kg程度だとされています。

しかし、同じロング&サブスタンシャルタイプのノルウェージャンフォレストキャットほど大きくはならないため、初心者の方でも飼育しやすい猫種です。

歴史

自然発生のバーマンは起源については様々な説がありますが、中でも一番有力だとされているのが、ムンハという名前の位が高い僧に関する話です。

その昔、ミャンマーの人里離れた山の中にあったラン・ツン寺院では、サファイヤブルーの瞳で輪廻転生を見守り、亡くなった僧侶の魂を聖なる動物に転生させる女神が祀ってあるといわれていました。

その寺院で暮らしていたのが、ムンハという僧侶です。

ムンハは100匹もの猫たちと住んでおり、中でも「シン」という黄金色の猫を特別大切に思っていました。

そんなある日、侵略者に襲われてムンハは命を落としてしまいましたが、シンは7日後にこの世を去るまでの間、ムンハの間を離れませんでした。

そして、ムンハとシンの死後、寺院で暮らしていた猫はみなシンと同じ見た目に変化し、ふたりの魂を黄泉の国へ連れてったとされています。

こうした伝説は空想の粋の話だとされることも多いものですが、実際にミャンマーの寺院ではネズミ対策としてバーマンが飼われており、誕生のきっかけにもそこにあるのではないかといわれています。

子猫のときと柄が変わるって本当?

子猫期のバーマンは真っ白な被毛をしていますが、成長に従って顔の中心や耳、四肢、尻尾の色が濃いグレーに変わっていきます。

子猫の中にはゴーストタビーと呼ばれる縦模様を持っている子もいますが、こうした模様は成長に従って消えていくでしょう。

こうしたポインテッドには「サイアミーズ遺伝子」が関係しています。

サイアミーズ遺伝子は気温に左右されやすいため、寒い地域のほうがより色濃く変化するでしょう。

 

飼育の注意点

室内環境

バーマンに限らず、猫は自分のにおいを感じることで、安心感を得る動物です。

そのため、おうちに迎えたときは居場所となるペットハウスを用意してあげましょう。

ペットハウスは猫によって好みの形が違うので、ドーム型かオープン型のどちらを好むのか試してみてください。

また、好奇心が旺盛な子猫期は目を離した隙に怪我をしてしまう可能性もあるので、ケージを使用しながら飼育していきましょう。

おうちに迎えたばかりの頃は寂しくて夜泣きをしてしまう子猫も多いので、飼い主さんのにおいがついた服をケージに入れてあげるのもおすすめです。

家具の配置

バーマンは運動量が多い猫種なので、快適に運動ができるようにしてあげましょう。

例えば、キャットウォークやキャットタワーが設置できない場合は、家具を使って段差を作ってあげるのもおすすめです。

その際は、猫は着地が苦手だということに配慮して、飼い主さんの手が届く範囲の高さを心がけるようにしましょう。

また、家具で段差を作れない場合は組み立て式の段ボールなどを活かして、遊べる環境を作ってみてください。

爪とぎが付属されているものなら、猫のお気に入りアイテムになってくれるはずです。

 

バーマンのケア方法

ブラッシング

バーマンは被毛の長さがセミロング程度なので、一般的な長毛種よりも毛が絡まりにくく、手入れが楽です。

ブラッシングの頻度は朝夕1回ずつを心がけ、シャンプーは2週間に1回行うようにしましょう。

ブラッシングが苦手な子の場合は、手にはめられるシリコンタイプのものを使うと逃げずにお手入れさせてくれやすくなります。

どうしてもできない場合は、濡れた手で被毛を触って抜け毛を取るようにしましょう。

爪切り

爪切りを苦手に思う猫は多いので、ストレスを減らすためには子猫期から爪切りに慣れさせることが大切です。

爪切り自体を怖がる場合は、爪切りを猫の目の前に放置して、自ら近寄らせてみましょう。

これを何回か繰り返せば、猫は爪切りを安全なものだと見なしてくれるので、手に持った時に逃げなくなります。

また、初めて爪切りを行うときは2人がかりで協力して行うようにしましょう。

猫の爪には、ピンク色をした「クイック」と呼ばれる部分があります。

そこには血管や神経が通っているため、誤って切ってしまうと強い痛みを与えてしまうので、初めて爪切りを行うときは暴れないよう、しっかりと猫を保定してあげましょう。

一人暮らしをしている方は猫を洗濯ネットに入れ、網目の隙間から爪を切るのもおすすめですが、もしも猫が嫌がる素振りをしたらすぐに出してあげてください。

耳掃除

一般的に猫に耳は飼い主さんがお手入れをしなくても、清潔に保たれていることが多いものです。

しかし、耳から異臭がしたり耳垢が見られたりした場合は耳掃除を行ってあげる必要があります。

ネット上ではよく、オリーブオイルを使用した耳掃除法が掲載されていますが、炎症を起こしている耳にこうした処置を行ってしまうと症状を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

耳に異変を感じたときはまず、獣医師に原因を特定してもらうことが大切です。

耳掃除はペット用のウェットシートで行うこともできますが、耳掃除専用シートを使うとさらに清潔感が保てます。

飼い猫の耳は炎症の有無に関わらず、力を入れずに優しく拭いてください。

綿棒を使った耳掃除は入れたときに猫が暴れ、耳の中が傷ついてしまう可能性があるので避けるようにしましょう。

目の手入れ

バーマンの美しいサファイヤブルーの瞳を維持していくためには、日頃からこまめにも目やになどをお手入れしてあげることが大切になります。

目やにの中でも特に注意してほしいのが、緑色や粘着性のある目やにです。

こうした目やには体調不良が原因で見られることも多いので、気づいたら一度動物病院で体を診察してもらうようにしましょう。

健康な猫は自分で顔を洗い目やにを落とせますが、体調が悪いときや老猫の場合はグルーミングをすること自体が億劫に感じられます。

だからこそ、飼い猫の目やにを見つけたら、ガーゼを濡らしてお手入れしてあげましょう。

歯磨き

飼い主さんに従順なバーマンは子猫のうちから歯磨きに慣れさせれば、成猫になってからも大人しくお世話をさせてくれる子が多いはずです。

そのためには、まず猫用の歯ブラシを噛ませるところから始めてみましょう。

猫用の歯磨き粉は猫が好みやすい味が施されています。

こうしたものを活用すれば、歯磨きを楽しく習慣化させていけるでしょう。

また、人間用の歯ブラシは猫の口のサイズに合わず、口腔内を傷つけてしまう可能性があるので使用しないようにしてください。

同時に人間用の歯磨き粉もNGです。

歯磨き粉に含まれているキシリトールは人間の歯を守ってくれますが、猫が口にすると中毒症状が引き起こされてしまうので注意しましょう。

 

子猫期の注意点


バーマンは生まれつき被毛が増えない、先天性貧毛症や先天性白内障が発症しやすい猫種だといわれています。

ですから、子猫期はそうした病気の症状が見られないかをチェックしていきましょう。

また、バーマンはペルシャとの異種交配で生み出された猫種なので、ペルシャに起こりやすい肥大型心筋症も発症しやすいとされています。

心臓の病気は早期発見が難しく、飼い主さんが気づいたときには重篤である場合も多いので、子猫のうちからこまめに健診をさせるようにしましょう。

シニア期の注意点


猫は濃度の濃い尿を排出するため、腎臓に負担がかかりやすい動物です。

だからこそ、下部尿路系の病気が発症しやすく、シニア期には腎臓病を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

また、シニア期に体の自由がきかなくなるとストレスが原因で、尿結石や膀胱炎を発症してしまうこともあります。

ストレスを発散させるには飼い主さんが構いすぎないことや、穏やかな遊びで好奇心を満たしてあげるよう、心がけましょう。

季節ごとの注意点

春は私たち人間の環境に変化が見られやすい季節なので、猫もストレスを感じやすくなります。

バーマンは人間に愛情深い態度で接してくれる猫種だからこそ、一緒に住んでいた家族の一員が遠くに行ってしまうと、強いストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

こうした時は、その家族が行っていた役割を他の家族が請け負うことが大切です。

家族構成が変わっても自分が暮らす環境に変化はないのだということが分かれば、ストレスを感じにくくなります。

夏は気温が高いため、長毛種のバーマンにはしっかりと熱中症対策をしてあげましょう。

ただし、サマーカットを行うのはNGです。

猫はグルーミングで自分の被毛を舐めることで安心感を得ることもあります。

そのため、サマーカットによって被毛が少なくなってしまうと、大きなストレスを抱えてしまうので注意しましょう。

猫にストレスを与えず、熱中症対策を行いたいときはエアコンが有効的です。

しかし、エアコンの風が直接あたると不快感を抱いてしまう子も多いので、風向きの調節にも配慮しましょう。

バーマンは運動量が多い分、食欲も旺盛な猫種です。

だからこそ、食欲の秋は肥満対策を行うことが大切になってきます。

肥満は糖尿病を招く原因にもなり、思うように動けないということが猫にとってストレスになります。

猫の肥満は1日食事の量をそのままにしながら、食事回数を3~4回に増やすことで対処していきましょう。

バーマンは遊び好きな猫種なので、早食い対策効果のあるおもちゃなどで楽しく予防していくのもおすすめです。

バーマンは長毛ですが寒さに弱い猫種なので、冬は防寒対策をしっかりと行いましょう。

室内の温度は28度前後を保てるよう、意識してみてください。

そして、エアコンをかけると室内の空気が乾燥し、ウイルスが増殖しやすくなるので、加湿器をかけることも大切です。

特に子猫期やシニア期は免疫力があまりないため、ウイルス感染してしまうことが多いので気を付けてください。

エアコン以外の暖房器具を選びたい方は、ペット用のこたつを購入してみるのもよいでしょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

ボディチェックをするときは、年齢によって見るポイントを変えてみましょう。

例えば、子猫期には寄生虫がお腹の中にいることも多いので、お腹が膨れていないか、便が水下痢ではないかということに着目することが大切です。

そして、老猫期は体に老化のサインが出始めるため、関節炎を引き起こしていないかジャンプはどれくらいできるのかということをチェックしてみましょう。

飼い猫の現在の体の状態や行動パターンが分かれば、適切なお世話ができるようにもなります。

顔周りのチェック

顔周りは健康状態が現れやすいものです。

例えば、結膜炎や角膜炎、ウイルス感染症などが発症しているときは粘着性の目やにや涙がみられるでしょう。

鼻水が見られる場合は、猫カリシウイルスや慢性鼻炎を引き起こしているサインかもしれません。

このように、ひとつひとつのパーツに異変はないかということをしっかりとチェックすれば、動物病院でも適切な対処が受けられるようになります。

入手法はブリーダーがおすすめ


シャムとはまた違った魅力を持っているバーマンは、見た目も中身も愛くるしい猫種です。

日本ではペットショップよりもブリーダー経由のほうが手に入れやすいので、気になった方は終生飼育できるかを考えたうえで、おうちに迎えるようにしましょうね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。