「コストコ」のオリジナルブランド【カークランドシグネチャー】のキャットフード

日本にはまだ、スーパーなどのプライベートブランドのキャットフードはありませんが、ペット王国アメリカでは、多くの量販店がプライベートブランドのペットフードをつくっています。

プライベートブランドのメリットは何と言っても値ごろ感。同じ品質ならメーカー品より安い点は、飼い主さんにとっても嬉しいポイントです。

今回は、量販店の中でもアメリカっぽい品揃えが人気のコストコのプライベートブランド・キャットフードについて調べてみました。

 

【カークランドシグネチャーって、どんなキャットフードなの?

【カークランドシグネチャー】はアメリカ発のホールセールマーケット「コストコ」のプライベートブランド。

プライベートブランドの商品は多岐にわたっていますが、いずれも大量に生産するため、品質の割に価格が安いのが特徴です。

【カークランドシグネチャー】のキャットフードには「スーパープレミアムメンテナンスキャットフード」と「メンテナンスフォーミュラ」の2種類があります。

同じように見えますが、中身が違います。今回は比較できるよう両方をご紹介しましょう。

 

【カークランドシグネチャー】のキャットフードにはどんな原材料が使われているの?

肉類

  • 「スーパープレミアムメンテナンス」 ・・・ 肉類には鶏肉とチキンミールが使われています。
  • 「メンテナンスフォーミュラ」 ・・・ 肉類には鶏肉が使用されています。

どちらも、鶏肉がもっとも多く使用されています。

穀物

「スーパープレミアムメンテナンス」 には玄米と白米が使用されています。

猫がアレルギーを起こしがちなとうもろこしや小麦は使用されていませんが、穀物が鶏肉とチキンミールのすぐ後に記載されている点を考えると、諸手をあげておススメするというわけにはいかなそうです。

「メンテナンスフォーミュラ」には、とうもろこし、米、コーングルテンが使用されています。

特にとうもろこしが原材料の2番目に記載されている点はあまり評価できません。コーングルテンはとうもろこし由来のたんぱく質です。

たんぱく質ではありますが、栄養の面からみると、やはり肉由来のたんぱく質の方が猫に向いていると言わざるをえません。

添加物

【カークランドシグネチャー】のキャットフードには酸化防止剤として亜硫酸水素ナトリウムが使用されています。

プレミアムフードの多くはトコフェロールやローズマリーエキスなど、猫の体に優しい成分が使われていますので、この点はあまり評価できません。

また、「調味料」と称する原材料が記載されていますので、合成調味料が使われていると考えて良いでしょう。

 

【カークランドシグネチャー】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

「スーパープレミアムメンテナンス」「メンテナンスフォーミュラ」ともにたんぱく質割合は、30%以上です。

これはAAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準値26%をクリアしています。

脂肪

「スーパープレミアムメンテナンス」「メンテナンスフォーミュラ」ともに脂肪割合は20%以上です。

こちらもAAFCOの最低基準はクリアしています。むしろ、若干高めの割合と言えます。

 

【カークランドシグネチャー】の生産国はどこ?

【カークランドシグネチャー】の生産国はアメリカです。アメリカでは連邦法と州法の両方で、ペットフードの規制を行っています。

連邦政府ではフード内の有害な物質や表示の不備をチェック。

また、州政府もAAFCOの基準に基づいてペットフードの安全や品質をチェックしています。

しかしながら、これらの法律で合法とされたからと言って、猫にとって良いフードとは言い切れません。

良いフードかどうかを判断するためには、原材料の質や内容、企業姿勢などトータルでチェックする必要があるでしょう。

【カークランドシグネチャー】の魅力は?

【カークランドシグナチャー】の魅力は価格でしょう。

【カークランドシグネチャー】はコストコのオリジナルブランドですが、その商品バリエーションは精肉部門などにも及んでいます。

量販店としての巨大な流通力や仕入れ力を活かしたキャットフードは、質の割には価格が安いのが特徴です。

【カークランドシグネチャー】を与える際の注意点は?

【カークランドシグネチャー】のキャットフードは大容量の11.34kg。

何でも特大サイズのアメリカらしい容量です。

ただし、この量のフードを猫1匹に食べさせるとしたら、何ヶ月も掛かってしまうでしょう。

酸化剤に亜硫酸水素ナトリウムが使われている理由もここにあるのだと思いますが、いくら酸化防止がされていても夏場や湿気の多い季節はフードの鮮度が心配です。

超多頭飼いの家なら便利かもしれませんが、1~2匹の家で購入する場合は保管に注意が必要です。

1ヶ月分ずつ真空パックするなどの工夫をした方が良いでしょう。

コストコブランド【カークランドシグネチャー】。買うなら「スーパープレミアムメンテナンス」を

すでにご紹介したように【カークランドシグネチャー】には2種類のキャットフードがあります。

どちらにも残念な点はあり、ベストなキャットフードとは言えません。

しかしながら、多頭飼いの家やリーズナブルな価格のキャットフードを探している人にとっては、選択肢のひとつとなるでしょう。

その場合もできれば、とうもろこしの入っていない「スーパープレミアムメンテナンス」の方がおススメ。

また、11kgを超える大袋ですので、保管にはくれぐれも注意してください。

関連記事