ドッグフード「ドクターズダイエット」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ドクターズダイエットに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ドクターズダイエットの原材料

ドクターズダイエットは日本という四季がある気候の中で飼育されている犬の嗜好性を考えて開発されたドッグフードです。

レギュラーメインテナンス(pHエイド)を例に使用している原材料をご紹介いたします。

肉類

肉類にはポークミールやチキンレバーパウダーが使用されています。

「○○ミール」と呼ばれるものは肉副産物が入っている可能性が高く、ドッグフードの原材料としてそぐわないという見解が一般的です。

公式サイトではヒューマングレードや肉副産物を不使用などの表記がないため、実際のところ新鮮で安全な肉が使用されているのかは不明です。

魚類

フィッシュミールも肉類と同様に、「ミール」の記載だと原材料にどんな魚でどの部位が使用されているのかが分からないため、安全性の高いドッグフードとは言い切れません。

穀物

トウモロコシはドクターズダイエットで主原料として使用されています。

他にも、コーングルテンミールが添加されています。

トウモロコシは犬にとってアレルギー症状を引き起こしたり、消化不良の原因になりやすい食品のため、ドッグフードの原材料としては好ましくないと言えるでしょう。

他にはライスブラン(米ぬか)が使用されています。

ライスブランはビタミンやミネラルといった犬の健康に必要な栄養素が含まれている上、毛づやを良くする効果が期待できます。

添加物

ドクターズダイエットには 人工的な添加物は一切使用されておらず、酸化防止剤にはローズマリー抽出物やミックストコフェロールが使用されています。

人工的な添加物の中には、犬の健康を害する恐れのあるものも存在するため、ドッグフード選びにはこうした添加物が含まれていないかをしっかりと確認する必要があります。

その他

その他の原材料には、脱脂大豆、おからといった犬の健康に必要な栄養が豊富に含まれている食品も使用されています。

ただ、おからは食物繊維が豊富に含まれているため、与える量が多いと便が緩くなったり消化不良の原因になるので、注意が必要です。

さらに、塩化ナトリウム(塩)は新鮮な生肉を原材料に使用していれば添加する必要はないため、嗜好性を高めるために添加されている可能性があると言えるでしょう。

 

ドクターズダイエットに含まれる栄養の割合

では次に、ドクターズダイエットに含まれる栄養の割合について確認していきましょう。

  • エネルギー 356kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 10.0%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%以下
  • 粗灰分(※2) 7.5%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質やや高め

ドクターズダイエットは、エネルギーやタンパク質がやや高めに設定されています。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は成犬で18.0%以上であることから十分に満たされていることが分かります。

ミールを原材料に使用すると製造工程の中で栄養素が凝縮されるため、エネルギーやタンパク質が高くなります。

そういう意味では、原材料に使用されているポークミールは新鮮さやヒューマングレードかどうかは別として、生肉が多く使用されている可能性があると言えます。

脂質やや控えめ

エネルギーやタンパク質がやや高めである一方で、脂質がやや控えめであることが上記の数値より分かります。

AAFCOでは成犬で5.5%以上であることから脂質は十分に満たされていますが、一般的な生肉を多く使用しているドッグフードに比べると、脂質は控えめに設定されています。

これは、ドクターズダイエットの主原料がトウモロコシであり、動物性タンパク源となる原材料にミールが使用されているためでしょう。

また、動物病院専門の療法食であることからエネルギーが抑えられていることに納得できます。

 

ドクターズダイエットの生産国

ドクターズダイエットを生産している国は日本です。

国内の製造工場でドッグフードを開発し、製造されています。

日本におけるドッグフードの栄養基準は、アメリカのAAFCOを採用しています。

昔はドッグフードには可食部以外のものを原材料に使用されるケースが多かったものの、近年はペットブームにより、愛犬の健康のためにドッグフードの質にこだわる飼い主さんが増えてきました。

そのため、ドッグフードに求める品質の高さが重要になっており、ヒューマングレードや無添加を謳うドッグフードが増えてきました。

 

ドクターズダイエットを選ぶ際の注意点

ドクターズダイエットを選ぶ際の注意点は、以下の2点です。

穀物による消化不良の心配がある

ドクターズダイエットは主原料にトウモロコシを使っており、近年注目されている肉食である犬の食性に合ったドッグフードとは一線を画しています。

また、ポークミールやフィッシュミールなど原材料の安全性がはっきりと明言されておらず、不安が残ります。

動物病院でしか入手できない

ドクターズダイエットは動物病院専用の療法食のため、動物病院でしか入手することができません。

今回ご紹介したドクターズダイエットには、尿のpHを調整するレギュラーメインテナンス(pHエイド)や体重管理や被毛管理といった種類がありますが、いずれにしても療法食のため、獣医さんの診察を受けた結果、食事療法が必須となる場合にしか購入することができません。

まとめ

ドクターズダイエットは原材料に多くの穀物が使用されていることや、動物病院でしか入手できないといったデメリットがあります。

一見、動物病院で販売しているドッグフードは安心できると思いがちですが、このように原材料を見ていくと、お腹が弱い犬やアレルギー体質の犬など一部の犬の体には合わない可能性もあります。

ドクターズダイエットを選ぶ際は獣医さんと相談の上、与えましょう。

関連記事