ドッグフード「ドクターズチョイス」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ドクターズチョイス に使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ドクターズチョイスの原材料

ドクターズチョイスは国産発酵エキスを配合したドッグフードです。どんな原材料が使用されているのか、成犬用ラム&玄米を例に見ていきましょう。

肉類

肉類には主原料として、ラムミールが使用されています。その他には、チキンミールやチキンダイジェストが使われています。

一般的にドッグフードの原材料には、「○○ミール」と名が付くものは中身にどこの部位が含まれているのか分からないため、好ましい原材料とは考えられていません。

しかし、ドクターズチョイスでは公式サイトに、ラムミールに関しては頭や毛などの副産物を含まないことがしっかりと明記されています。

ただ、チキンミールやチキンダイジェストについてはこのような記載がないため、安全性は不明瞭と言わざるを得ません。

また、チキンダイジェストとは、食肉加工時に出るくず肉や鶏の組織から加熱や酵素、化学薬品などを加えて加水分解したものを言います。

もしも、製造工程の中で、化学薬品が使用されていれば、犬の健康にとって安全性が高いとは言えないでしょう。

穀物

穀物として使用されているのは、米やスチームオート麦、玄米、とうもろこし、コーングルテンミールがあります。

穀物の消化は犬の消化器官へ大きな負担となるため、なるべくなら避けたい食品と言えます。

ただ、玄米など米類には犬の健康に良い栄養素が豊富に含まれていることから、炊飯してから原材料に使用する分には負担は軽減できます。

ただ、炊飯して使用しているという記載がないため、不安が残ります。さらに、アレルギー症状を引き起こしやすいとうもろこしを使用している点が気になります。

添加物

ドクターズチョイスは合成着色料や合成香料は使用していません。

ドッグフードの酸化防止剤には、ビタミンEやローズマリー抽出物を使用しているため、無添加のドッグフードと言えます。

ただ、肉類でもご説明した通り、チキンダイジェストの製造工程で化学薬品を使用している可能性があることを考えると、100%無添加とは言い難いでしょう。

その他

その他で気になる原材料としては、グリーンフィールド豆や動物性脂肪が挙げられます。

豆類には食物繊維が多く含まれていることから、犬によっては消化不良の原因となる場合があるため、注意が必要です。

また、動物性脂肪と記載がありますが、どんな動物の部位を使用しているのかが明記されていないため、安全な原材料かどうかの判断が難しいところです。

ドクターズチョイスの特徴として挙げられる原材料は、国産発酵エキスやサメ軟骨成分です。

国産発酵エキスとは、納豆菌や乳酸菌、酵母菌から抽出された国内産のエキスで、腸内環境を整えて体臭や尿臭、便臭を軽減する、免疫力の向上、皮膚や被毛の健康といった効果が期待されます。

サメ軟骨成分を付加することで、関節や皮膚の健康に良いとされるコンドロイチンの摂取が可能です。

 

ドクターズチョイスに含まれる栄養の割合

原材料の一部に不安が残りますが、実際に含まれている栄養の割合について確認しておきましょう。

  • エネルギー 340kcal/100g
  • 粗タンパク質 23.0%以上
  • 粗脂肪 13.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.5%以下
  • 粗灰分(※2) 7.0%以下
  • 水分 10.0%以下
  • オメガ3脂肪酸 0.4%
  • オメガ6脂肪酸 2.0%

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質高め

一般的なドッグフードと比べると、タンパク質が高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は成犬で18.0%以上であることからもタンパク質の高さに納得できます。

原材料にもある通り、ラムミールやチキンミール、チキンダイジェストは製造過程で栄養素を凝縮しているため、これらを使用することで、タンパク質が高くなっているのです。

また、ラム肉は元々低脂肪高タンパク質であることもタンパク質が高い理由の1つでしょう。

エネルギー・脂質は平均的

タンパク質が高めに設定されている一方で、エネルギーや脂質は平均的な数値に抑えられています。

一般的なドッグフードと比べても、同等もしくは数%高い程度で平均的だと言えます。主原料に低脂肪のラムミールが使用されていることが理由として挙げられます。

 

ドクターズチョイスの生産国

ドクターズチョイスはオーストラリアで生産されているドッグフードで、AAFCOやNRC(National Research Council:米国学術研究会議)の動物栄養委員会の栄養基準を満たしています。

NRCはペットの栄養基準の作成において、世界でも権威ある機関として知られています。

オーストラリアはドッグフードにおいても、ヒューマングレードの食品を使用することを義務付ける法律や世界的にも厳しい食品基準を設けている国です。

そのため、日本でもオーストラリア産のドッグフードは安全で高品質だと人気があります。

ドクターズチョイスはオーストラリアの工場で生産されていますが、開発や商品化の発起人は日本の企業です。

 

ドクターズチョイスを選ぶ際の注意点

ドクターズチョイスを選ぶ際の注意点は、原材料に消化が苦手な穀物を使用している点やチキンミール、チキンダイジェストといった原材料が不明瞭なものが使用されている点です。

犬によっては消化不良やアレルギーを引き起こす可能性があるので注意しましょう。

まとめ

世界的に厳しい基準を定めるオーストラリア産のドッグフードであることを考えると、ドクターズチョイスも製造工程中や商品化後の検査をクリアした上で販売されているため、安全性の高いドッグフードと考えることができます。

ただ、原材料の一部には安全性が不明瞭な部分もあるため、愛犬に与える場合は少量ずつ与え、体調の変化などに注意しましょう。

関連記事