ドッグフード「ブラックウッド」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ブラックウッドに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ブラックウッドの原材料

低温調理法や原材料にこだわることで効率よく栄養摂取ができるドッグフードとして開発されたのがブラックウッドです。

実際に、どのような原材料が使用されているのか、ブラックウッド1000を例に確認していきましょう。

肉類

ブラックウッドの主原料にはチキンミールが使用されています。

一般的には、チキンミールは不可食部の肉副産物が使用されているということから、ドッグフードの原材料として相応しくないと考えられています。

ただ、ブラックウッドの場合、原材料のすべてはヒューマングレードであることが公式サイトに記載されているため、安全性の高い原材料であることに納得できます。

その他の肉類の原材料には、鶏肉脂肪(天然配合トコフェロールで保存)が使用されています。

魚類

魚類には、ニシンミールが使用されています。

犬の中には、単一タンパク源を長期間摂取し続けることで、アレルギー症状が引き起こされる場合があります。

その点、チキンだけでなく、ニシンも付加されているため、アレルギーのリスクが軽減できます。

穀物

穀物にはコーンやオート麦、グレインソルガム、玄米が使用されています。

ブラックウッドの原材料はヒューマングレードであることから、食の安全性において安心できます。ただ、犬は肉食のため、穀物を消化する酵素がほとんどありません。

そのため、穀物を摂取することで消化不良やアレルギー症状を引き起こすといったリスクが高まります。

とくに、コーンは犬がアレルギーを引き起こしやすい食品として知られており、そのリスクを理解した上で原材料として使用することに対し、疑問が残ります。

添加物

ブラックウッドは、保存料や着色料などの人工的な添加物は一切使用されていません。

酸化防止剤には、天然配合トコフェロールが使用されています。

その他

その他の原材料として、 乾燥てんさいやガーリック塩が使用されています。

てんさいと言えば、ビートパルプの原材料として知られていますが、食物繊維が豊富に含まれているため、お腹が弱い犬の場合、ウンチが緩くなったり、消化不良の原因となる場合があります。

また、ガーリック塩のガーリックは与える量によっては犬の健康を害する恐れがあると言われています。

さらに、塩は通常新鮮な生肉を使用していれば、あえて付加する必要がないため、嗜好性を高める目的に付加されていることが分かります。

 

ブラックウッドに含まれる栄養の割合

ブラックウッドに使用されている全ての原材料はヒューマングレードであることから、基本的には安全で品質の高いドッグフードと考えることができます。

ただ、ドッグフード選びには、原材料だけでなくフードに含まれる栄養の割合を確認しておく必要があります。

実際にどのような栄養が含まれているのか見ていきましょう。

  • エネルギー 342kcal/100g
  • 粗タンパク質 23.5%以上
  • 粗脂肪 12.0%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%未満
  • 水分 10.0%未満
  • オメガ6脂肪酸(リノール酸)
  • オメガ3脂肪酸(リノレン酸)

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

タンパク質高め

ブラックウッドは、タンパク質が高めに設定されています。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は成犬で18.0%以上であることからも、納得できます。

タンパク質が高い理由として、原材料にチキンミールやニシンミールといった加水分解によって栄養が凝縮されたものを使用していることが挙げられます。

また、微量栄養素として、タンパク質含有亜鉛やタンパク質含有鉄、タンパク質含有マンガン、タンパク質含有銅といったタンパク質を含んでいる栄養素を積極的に付加していることが理由として挙げられます。

エネルギーや脂質平均的

タンパク質が高めに設定されている一方で、エネルギーや脂質は平均的な数値に抑えられていることが分かります。

AAFCOでは脂質は成犬で5.5%以上であることから、エネルギーや脂質を抑えながらも十分に必要量を満たしていることに納得できます。

 

ブラックウッドの生産国

ブラックウッドを生産している国はアメリカです。

アメリカでも最高基準であるAAFCOの基準を満たしている、原材料は全てアメリカ産でヒューマングレードを保証している点から、アメリカでも最高品質のドッグフードであると考えられています。

ただ、アメリカ産のドッグフードと言うと、日本でもリコールの対象となったドッグフードメーカーが多く、アメリカ国内でも中国産の原材料を使用したドッグフードによって死亡事故が発生したことで注目を集めました。

そのため、アメリカ産のドッグフードに対する評価は賛否両論あります。

その点、ブラックウッドはこれまでに一度もリコールの経験がないドッグフードメーカーとして知られています。

原材料もヒューマングレードや無添加である記載をしている上に、調理方法にしても栄養素を損なわないように低温調理を採用しています。

 

ブラックウッドを選ぶ際の注意点

ブラックウッドを選ぶ際の注意点としては、原材料に穀物が使用されている点です。

とくに、お腹が弱い犬やアレルギー体質のある犬の場合は、消化不良やアレルギー症状が引き起こされるリスクがあることを理解しておきましょう。

また、タンパク質制限などの食事療法を行っている犬の場合は、獣医さんに相談した上で選ぶようにしましょう。

まとめ

ブラックウッドは原材料に複数の穀物を使用している点など一部に不安が残りますが、ヒューマングレードや無添加であること、栄養の割合もAAFCOの基準をしっかりと満たしていることから、基本的に安全で品質の高いドッグフードと言えるでしょう。

興味がある方は、一度試してみると良いでしょう。ただ、上記の注意点でも挙げたようなリスクがあることを理解しておきましょう。

そして、愛犬に与える際は少量ずつ与えて体調の変化がないか注意深く観察しましょう。

関連記事