ドッグフード「ウェルネス」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ウェルネスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ウェルネスの原材料

ウェルネスは国内大手のショッピングセンターAEONの関連会社で、イオンペットで販売しているドッグフードです。

どのような原材料が使用されているのか、成犬用骨抜きチキン&オートミールを例に、確認していきましょう。

肉類

肉類には骨抜きチキン、チキンミール、鶏脂(ミックストコフェロールで酸化防止)、チキンエキスが使用されています。

ウェルネスの公式サイトに記載があるように、ウェルネスには肉副産物を使用していないため、原材料にあるチキンミールは安全なものであることが保証されています。

魚類

魚類には白身魚が使用されています。

ウェルネスではドッグフードは犬の健康の基盤となるため、厳選された自然素材にこだわっているため、白身魚においても品質の高いものが使用されていることが考えられます。

また、肉類だけでなく、白身魚を使用することで単一タンパク質によるアレルギーのリスクへの配慮が伺えます。

穀物

穀物ではオートミールや粗挽き大麦、粗挽き玄米、ライ麦粉、粗挽ききびが使用されています。

消化の良い穀物を選び、乳酸菌を付加していることから、犬の消化器官への配慮が伺えます。

ただ、元々お腹が弱い犬の場合、穀物の摂取によって消化不良やアレルギー症状が引き起こされるリスクも考えられます。

添加物

ウェルネスでは人工的な着色料や香料、酸化防止剤などの添加物は一切使用していないことが明記されています。

また、

  • エトキシキン
  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
  • BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

といった人工的な酸化防止剤が不使用であることがしっかりと記載されているため、愛犬に安心して与えることができます。

酸化防止剤にはミックストコフェロールやローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物が使用されています。

その他

その他の原材料には、ラクトバチルス・プランタルムやエントロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラスといった乳酸菌が使用されています。

乳酸菌は犬の腸内環境を整える効果が期待されます。腸内環境だけでなく、歯周病の予防などにも効果があると考えられており、犬の健康にとって乳酸菌は欠かせません。

 

ウェルネスに含まれる栄養の割合

ウェルネスで使用されている原材料は自然素材にこだわり、犬の健康に配慮したものが厳選されていることが分かりました。

ただ、ドッグフードを選ぶ上で、原材料だけでなく栄養の割合がどうなっているのかを理解しておくことが大切です。

  • エネルギー 357kcal/100g
  • 粗タンパク質 22.0%以上
  • 粗脂肪 12.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.0%以下
  • 粗灰分(※2) 5.7%以下
  • 水分 11.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギーやや高め

一般的なドッグフードと比較すると、エネルギーがやや高めであることが分かります。

ウェルネスは第一原材料に生肉や生魚を使用している点がエネルギーがやや高く設定されている理由として挙げられます。

水分含有量やや多め

ウェルネスに含まれる水分含有量は11.0%以下で、ペットフード協会が定義する10%以下を上回っていることが分かります。

ただ、同協会では、13%以上でなければカビの発生するリスクが低いという見解のため、そこまで気にしなくても良いでしょう。

 

ウェルネスの生産国

ウェルネスはイオンペットが販売していますが、生産はアメリカで行われています。

飼い主さんの中には、アメリカ産のドッグフードに対し、ネガティブな印象を持っている方も少なくないでしょう。

実際に、アメリカでは中国産の原材料を使用したドッグフードを摂取した犬が多数死亡するといった事故も発生しています。

また、4Dミートや肉副産物を原材料として使用したドッグフードがプレミアムドッグフードとして販売されているとも言われています。

ただ、ウェルネスのように、原材料の安全性や品質にこだわったドッグフードも数多く存在しています。

生産国だけで判断するのではなく、上記でも挙げたように、使用している原材料の種類や品質、ドッグフードに含まれている栄養の割合などをしっかりと確認した上でドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

ウェルネスを選ぶ際の注意点

ウェルネスは原材料にこだわった品質の高いドッグフードですが、選ぶ際に注意しておくべき点があります。

どのような点に気をつければいいのか確認しておきましょう。

ウンチが緩くなることも

ウェルネスの原材料には消化に配慮した乳酸菌が複数使用されています。

これまで与えてきたドッグフードに乳酸菌が配合されていない場合、切りかえ期間を設けずに一気にウェルネスにかえてしまうと、一時的にウンチが緩くなる可能性が考えられます。

ウェルネスに限ったことではありませんが、新しいドッグフードにかえる場合は、最低でも1週間程度の切りかえ期間を設けるようにしましょう。

肥満に要注意

毎日必要な運動量を満たしている犬の場合、適量を与えていれば肥満になる可能性は低いと言えます。

運動量が低い犬や代謝が低くなりがちなシニア犬などの場合、肥満になる可能性もあることを理解しておきましょう。

とは言え、一般的なドッグフードと比べても極端にエネルギーが高いわけではないので、愛犬の運動量に合った量を与えるように気をつければ、肥満を予防することができるでしょう。

愛犬に適量かどうかを知るにはウンチの硬さをチェックするようにしましょう。

まとめ

ウェルネスは原材料の品質の高さや栄養の割合からしても、基本的に品質の高いドッグフードと言えるでしょう。

ただ、犬によっては上記で挙げたように、注意しなければならない点があることを理解した上で、ウェルネスを選ぶようにしましょう。

興味がある方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事