ヒューマンレベルの原材料を使用。猫のために作られた国産フード【ねこはぐ】

インターネットで猫のためのプレミアムフードを検索すると、ヒットするのは大抵、海外のブランド。

ペット先進国の欧米やニュージーランドの方がキャットフードに関しては意識が高いようです。

しかしながら、最近では日本のメーカーの中にも原材料やレシピにこだわったキャットフードを作るところが出てきています。

モノづくりに関しては定評のある日本。

本当に猫のためのフードを作ろうと思ったら、完成度は高いのではないでしょうか。

今回は、国産のこだわりキャットフードの中から【ねこはぐ】を取り上げます。

 

【ねこはぐ】って、どんなキャットフードなの?

【ねこはぐ】はペットハグという企業が販売しているキャットフード。

子供の頃から猫を飼っていたという社員が「国産」「添加物無添加」「ヒューマンレベル」にこだわって作り上げたそうです。

キャットフードはドライフード1種類のみ。1.5kg入りで定価6980円はそれなりの価格ですが、初回は3980円で購入可能(クレジットカード決済ならさらに500円引き)なうえ、定期購入すれば1袋5980円で継続することができます。

企業として、ペットの殺処分減少への取り組みなども行っているペットに優しい企業でもあります。

 

【ねこはぐ】にはどんな原材料が使われているの?

肉類

【ねこはぐ】には若鶏の肉、鰹節、乾燥卵黄、煮干し、鶏レバーが使用されています。

鶏肉も鰹節も100%九州産を使用しています。いずれも人間でも食べられる食肉を使用しているのが特徴です。

穀物

【ねこはぐ】には大麦、玄米、黒米、赤米が配合されています。

これは、【ねこはぐ】が「運動量の少ない室内飼いの猫には繊維質が必要」だと考えているから。

また、配合されている穀物に含まれるビタミンB、カルシウム、カテキン、タンニン、ミネラルなどは猫の健康をサポートする重要な役割を果たしています。

キャットフードに穀物を使用すべきかどうかについては、さまざまな意見があります。

自然界でも猫が食べている小動物の胃や腸の中には穀物が未消化のまま残っていて、それが猫にとって栄養の一部になっているという説もあるのです。

いずれにせよ、【ねこはぐ】には猫がアレルギーを起こしやすい小麦やとうもろこしは使用されていませんし、原材料コスト削減や嵩増しのために穀物を配合しているフードとは分けて考えても良さそうです。

野菜や海藻

【ねこはぐ】には昆布、大根葉、ごぼう、人参、わかめ、きゃべつ、白菜、高菜、パセリ、青じそなどの海藻や野菜が配合されています。

これらの野菜にはミネラルやビタミンが含まれ、猫の健康維持に役立っています。

添加物

【ねこはぐ】には保存料、合成酸化防止剤、着色料、香料、発色剤などの添加物は使用されていません。

 

【ねこはぐ】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

【ねこはぐ】のたんぱく質割合は28.5%以上。

これは、AAFCO(米国飼料審査官協会)の定める成猫の最低基準26%は満たしていますが、子猫や妊娠中の猫などの最低基準30%には少し足りません。

そのため、子猫には多めに与えるように指示されています。

脂肪

脂肪割合は16%以上。こちらはAAFCOの最低基準9%を上回っています。

 

【ねこはぐ】の生産国はどこ?

【ねこはぐ】の生産国はもちろん日本です。また、原材料もすべて国産ですので、正真正銘の国産フードと言えるでしょう。

ただし、国産だからと言って猫にとって最高のフードとは限りません。

日本には「ペットフード安全法」と呼ばれる法律がありますが、この法律が定めているのはペットフードの表示方法や、添加物の限度量など、最低限の安全性です。

日本製のキャットフードが猫にとって良いものかどうか判断するためには、企業の姿勢や原材料の質、レシピなどをトータルでチェックする必要があるでしょう。

【ねこはぐ】の魅力は?

原材料が国産でヒューマンレベル

【ねこはぐ】は人間の食卓に乗せられるレベルの国産の原材料を使用して作られています。

日本製のキャットフードは数多くありますが、ヒューマンレベルの国産原材料を使ったフードは限られています。この点はかなり安心できると考えてよいでしょう。

ノンオイルコーティングで自然な美味しさ

多くのキャットフードは猫の嗜好性を高めるためにフードの表面に香りづけしたオイルをコーティングしています。

オイルコーティングを施せば、猫の食いつきは良くなりますが、酸化しやすくなるなどのデメリットもあります。

【ねこはぐ】はオイルコーティングすることなく、鰹節の自然な香りで猫の食欲を誘うように作られています。

オイルコーティングしていないため、余計なカロリーを取らずに済むのもメリットでしょう。

グレインフリーではないけれど、国産&ヒューマンレベルは魅力

日本メーカーのキャットフードの中には原材料やレシピに納得できないものも少なくありませんが、【ねこはぐ】はそんな日本のキャットフードに一石を投じる存在。

すべての原材料に国産を使うことにこだわり、独自の考え方で穀物、野菜、海草などを使用している点には興味を引かれます。

【ねこはぐ】には穀物が使用されていますので、グレインフリーが必須という飼い主さんには選ばれないかもしれません。

もし、あなたが「猫にも多少の穀物は必要」という説に納得するのであれば、【ねこはぐ】は選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

関連記事