【招き猫のモデル】ジャパニーズボブテイルの特徴や歴史・飼育法とは?

短い尻尾が特徴的なジャパニーズボブテイルは、招き猫のモデルになった猫種です。

しかし、日本であまり見かける機会がないため、どんな猫種なのか知っている方は意外に少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ジャパニーズボブテイルの歴史や特徴、飼育法などを詳しくご説明いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ジャパニーズボブテイルの特徴

性格

ジャパニーズボブテイルは好奇心が旺盛で、運動能力が高い猫種です。

猫は水を苦手に感じることも多いものですが、ジャパニーズボブテイルは水遊びをすることも多いといわれています。

運動量が多く、飼い主さんと遊ぶことも大好きなジャパニーズボブテイルは、犬のようにボールを取ってくることもあるでしょう。

また、人間に対して愛情深い態度を示してくれ、小さな子どもとも仲良くできます。

社会性もある活動的な猫種なので、多頭飼いにも向いているでしょう。

性質

二等辺三角形の頭部が持つジャパニーズボブテイルは頬骨が高く、鼻の付け根から先端にかけて2本のはっきりとした平行線が見られます。

特徴的な尻尾は劣性遺伝によるものです。

尻尾の形には個体差があり、まっすぐか、ポンポンのように曲がっているかのどちらかで、長めの被毛に覆われています。

こうした尻尾はジャパニーズボブテイル同士での交配によってのみ、表れます。

ジャパニーズボブテイルは短毛種と長毛種のどちらも誕生しますが、長毛種の場合はジャバニーズボブテイルロングヘアと呼ばれることもあります。

被毛は

  • ブラック
  • ブルー
  • シナモン
  • ライラック
  • チョコレート
  • フォーン
  • レッド
  • クリーム
  • ホワイト

といった全ての色が表れ、目色もグリーン系やブルー系、イエロー系といった全ての色が表れます。

左右で瞳の色が違う、オッドアイの子も存在します。

大きさや体高

フォーリンタイプであるジャパニーズボブテイルは、細身な中型の猫種です。

しかし、スレンダーだからといって体重が特別軽いわけではありません。

ジャパニーズボブテイルの平均体重は3~4.5kg程度だといわれているので、一般的な猫と同じくらいの重さです。

歴史

ジャパニーズボブテイルは、1960年代後半にアビシニアンのブリーダーをしていたエリザベス・フォーレットによって確立された猫種です。

エリサベスは日本に住んでいたアメリカ人の友人、ジュディー・クロフォードから3匹のジャパニーズボブテイルを輸入し、「アメリカ・ライン」と呼ばれる血統を築きあげました。

また、同じ頃、CFAで審査員をしていたリン・ベックもジュディーからジャパニーズボブテイルを輸入し、エリザベスと共に育種を行っていきました。

こうした努力が実り、ジャパニーズボブテイルは1979年に公認されるようになったのです。

そして、1991年には長毛種のジャパニーズボブテイルロングヘアも正式な猫種として認められるようになりました。

 

飼育の注意点

室内環境

ジャパニーズボブテイルは好奇心が強いため、脱走対策を十分に行う必要があります。

ドアにストッパー設けたり、ベランダに出さないということを心がけたりしていきましょう。

そして、水が平気なジャパニーズボブテイルにとってはお風呂場やキッチン、トイレなども楽しい遊び場に見てしまいます。

水場での事故を防ぐためには猫が自由に出入りできないよう、柵を設けたり、回して開けるタイプのドアノブを取り付けたりするとよいでしょう。

家具の配置

ジャパニーズボブテイルは運動量が多いので、運動できるスペースを設けるようにしましょう。

賃貸で飼育する場合はキャットタワーを設置したり、高低差のある家具を活かしたりしながら、ジャンプが楽しめるように工夫してみてください。

ケージの中で過ごさせる子猫期も運動量が少なくならないよう、2段や3段仕様のものを使うようにしてみましょう。

 

ジャパニーズボブテイルのケア方法

ブラッシング

ジャパニーズボブテイルの被毛はアンダーコートとオーバーコートから成るダブルコートです。

しかし、抜け毛の原因となるアンダーコートの量が少ないため、短毛種の場合は1日に1回、長毛種でも1日2回程度のブラッシングで十分です。

シャンプーは長毛種なら2週間に1回、短毛種なら月に1回程度行うようにしましょう。

爪切り

爪切りを行うときは神経や血管を傷つけてしまわないよう、先端のみを切るようにしてください。

猫が暴れるときは洗濯ネットに入れ、網目の隙間から爪を出しながら切ったり、寝ている間にこっそり切ったりしまうのがおすすめです。

どうしても切れないときはペットショップや動物病院で定期的にお手入れしてもらうのもよいでしょう。

地域によっても異なりますが、爪切りは500円程度で行ってもらえることが多いので、一度相談してみてください。

耳掃除

猫の耳掃除は、こまめに行う必要はありません。

ただし、猫が耳の後ろを頻繁に掻くようになったり、耳垢が見られたりした場合は定期的に耳掃除を行う必要があります。

耳掃除を行う前には必ず耳の中をチェックし、炎症や異変が見られないかを確認しましょう。

耳の中が赤くなっていたり、耳垢が見られたりする場合は耳掃除を行う前に、動物病院で診察をしてもらう必要があります。

耳掃除は目安として、週に1回くらいのペースで行うのがおすすめです。

目の手入れ

猫も人間と同じで、目やにが出ます。

健康であっても乾燥した茶色の目やには見られるので、見つけたら、濡らしたガーゼを使い、優しく拭き取ってあげましょう。

ティッシュペーパーは繊維が粗く、猫の目を傷つけてしまう可能性があるので、避けてください。

また、たまに猫の目に被毛が入っていることもあります。

こうした場合は無理やり取らず、様子見をしましょう。

人間であれば、目の中にゴミが入ると痛みを感じますが、猫の場合は痛覚がそれほど発達していないので、気にならないとされています。

目の中に入ったゴミは通常であれば、涙で流し出されるので、それほど心配しなくても大丈夫です。

歯磨き

歯磨きは、歯ブラシを使って行うのが一番効果的です。
しかし、どうしても猫が歯ブラシに抵抗感を示してしまう場合は、歯磨きガムなどのおやつを使用しながら歯垢を除去していきましょう。

歯磨きガムを選ぶときは、着色料や保存料が含まれていないかもチェックしてみてください。

病気で療養中の場合は歯磨きガムを与えてもよいか、事前に獣医師に確認を取りましょう。

また、歯磨きガムを口にしてくれない場合は、歯磨き効果のあるスナックを与えるのもおすすめです。

「グリニーズ」のような固さのある歯磨きスナックは猫によって好みが分かれたり、歯周病の子だと食べづらかったりしますが、歯垢除去効果が期待できます。

 

子猫期の注意点

ジャパニーズボブテイルは遺伝性疾患が少なく、丈夫な猫種ですが、抵抗力や免疫力が低い子猫期には体調を崩してしまうことも多いでしょう。

子猫期は、猫カリシウイルス感染症や猫鼻気管炎ウイルス感染症といった病気に注意しましょう。

こうした病気は猫風邪とも呼ばれており、人間の風邪と同じで、くしゃみや咳、鼻水、発熱などが見られます。

抵抗力がある成猫の場合は1~2週間程度で自然治癒することも多いものですが、子猫の場合は猫風邪が原因で命を落としてしまうこともあるので、注意が必要です。

シニア期の注意点

猫の老化は7歳頃から表れ始め、10歳を過ぎる頃には顕著になります。

シニア期は体の運動機能や筋力が低下してくるため、些細なことがきっかけで怪我をしてしまうことも多くなるでしょう。

例えば、成猫期には軽々と登れたキャットタワーも、老猫にとっては骨折を招くアイテムになってしまうこともあります。

不慮の事故を招かないためには、家の中にある猫アイテムをシニア仕様に変更してみましょう。

スロープ付きのキャットタワーなら、老猫の足腰に負担を与えなくなります。

季節ごとの注意点

春は、被毛が生え変わる換毛期です。

換毛期には抜け毛が増えるため、その分、嘔吐の頻度も多くなりやすいでしょう。

猫はグルーミングのときに飲みこんでしまった毛を排便や嘔吐で体外へ排出します。

嘔吐による抜け毛の排出は猫の体に負担も与えるので、春はフードを毛玉ケア用に変更したり、ブラッシングの頻度を増やしたりしてみましょう。

夏は気温が高いため、食欲がなくなってしまう子も多いものです。

冬と違って夏は、体温を維持する必要がないので、食事量が減りやすくなります。

こうしたときは、体重の変化をチェックしてみることも大切です。

もしも体重が極端に減っている場合はいつものフードにウェットフードなどをトッピングして、食欲を掻き立ててあげましょう。

ただし、ウェットフードは腐敗しやすいので、食べ残した分は処分しましょう。

秋になると食欲が旺盛になるため、肥満予防を行っていく必要があります。

フードを変更させずに肥満予防を行いたい場合はフードの量は変えずに、与える回数を増やしましょう。

例えば、1日2回食事を与えている場合は、適量のフードを1日3~4回に分けて与えるようにします。

そして、フードを見直したい場合は、低カロリーフードを検討してみましょう。

インドア用のフードもカロリーが低く設計されているので、おすすめです。

気温が低い冬は、猫の飲水量が減る季節です。

だからこそ、ウェットフードを与えたり、水飲み場を増やしたりして、水分を積極的に取らせてあげましょう。

水飲み場を増やす場合は、普段寝ているハウスの近くに置くのがポイントです。

それでも水を飲んでくれない場合はぬるま湯を与えたり、ササミの茹で汁を与えたりしてあげましょう。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

ボディチェックをするときはたくさん手で触って、体に異常が見られないかを判断していきましょう。

全体をくまなく触りながら、痛がっているところはないか、しこりは見られないかをチェックしていってください。

その際は、お腹周りのチェックも忘れずに行いましょう。

猫にとってお腹は弱点であるため、触らせてくれない子も多いかもしれません。

しかし、触られることに慣れさせていけば、便秘時にマッサージを行ってあげられるようにもなります。

顔周りのチェック

顔周りのチェックを行うときは、口腔内に異常がないかも確認しましょう。

猫は虫歯にはなりませんが、歯周病にはかかります。

歯磨きを習慣化していない場合は、若いうちから歯周病が発症してしまうこともあるので、口臭がしないか、歯茎に炎症は見られないかをチェックしていきましょう。

また、鼻は健康状態が顕著に表れやすい部位です。

健康的な猫の鼻は湿っているため、眠っているとき以外で飼い猫の鼻が乾燥しているのであれば、体調不良である可能性も高いでしょう。

まとめ

ジャパニーズボブテイルはアメリカ人女性によって生み出された猫種ですが、起源は日本にあります。

日本人は外国産の猫種に惹かれてしまうことも多いものですが、自国産の猫種の良さをしっかりと理解できればよいですね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。