ドッグフード「ピュリナワン」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ピュリナワンに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ピュリナワンの原材料

ピュリナワンは、犬の健康に必要な栄養素をバランスよく配合するだけでなく、犬が食べるよろこびを大切にするといった考えから開発されたドッグフードです。

実際にどんな原材料が使用されているのか、ピュリナワンのほぐし粒入りチキンを例にご説明いたします。

肉類

ピュリナワンの主要原材料には、厳選された新鮮な生のチキンが使用されています。

最近では、犬の食性である肉食をメインにしたドッグフードが増えてきており、ピュリナワンも肉や魚をメインに使用しています。

新鮮な肉を使用することにより、犬の健康維持に必要な栄養素を摂取することが可能です。

さらに、生肉をたっぷり使用することで、食いつきを良くするための添加物を付加する必要がなくなります。

生のチキン以外にはチキンミールが使用されています。

一般的にはチキンミールは粗悪原材料が使用されているものとして考えられています。

しかしピュリナでは厳選された新鮮な生肉を使用していると表記されているため、チキンミールにおいても安全な原材料だと考えることができるでしょう。

他には、牛脂が原材料に記載されていますが、恐らく食いつきを良くするために付加されていると考えられます。

穀物

穀物としては、米やコーングルテン、とうもろこし、小麦が使用されています。

一般的には、穀物は消化不良やアレルギー症状を引き起こすリスクが高いとされ、最近のドッグフードでは原材料に使用しない傾向にあります。

しかし、ピュリナでは穀物自体には豊富な栄養素が含まれており、他の栄養素の消化吸収を手助けする作用があると、独自の研究により確認されたと公式サイトでも発表しています。

そのため、ピュリナワンでは穀物を消化しやすい形で原材料として使用しているのです。

添加物

ピュリナワンは合成着色料や香料は添加していない旨が公式サイトでも記載されています。

また、ドッグフードの保存に必要な酸化防止剤には天然由来のミックストコフェロールが使用されています。

人工的な添加物は、犬の健康にとって有害なものも多く、ドッグフードで使用されるのは好ましいことではありません。

その点、ピュリナワンは人工的な添加物が使用されていないため、安全性の高いドッグフードと言えるでしょう。

その他

その他で気になる原材料として、えんどう豆が挙げられます。

えんどう豆には食物繊維が豊富に含まれており、消化を助ける作用と同時に、犬によっては消化不良を引き起こすリスクもあるため、注意が必要です。

 

ピュリナワンに含まれる栄養の割合

次に、ピュリナワンに含まれる栄養の割合を確認してみましょう。

  • エネルギー 399kcal/100g
  • 粗タンパク質 26%以上
  • 粗脂肪 16%以上
  • 粗繊維(※1) 3%以下
  • 粗灰分(※2) 9%以下
  • 水分 12%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・脂肪高め

一般的なドッグフードに比べ、ピュリナワンはエネルギーや脂肪の割合が高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)で最低基準として定められている脂質は、成犬で5.5%以上であることからも納得できます。

エネルギーや脂肪が高い理由の1つとして、チキンミールや牛脂を原材料で使用していることが挙げられます。

栄養素が凝縮されているチキンミールや脂肪分が多く含まれている牛脂を使用することで、エネルギーや脂肪の割合が高くなっていると言えるでしょう。

タンパク質やや高め

ピュリナワンのタンパク質の割合は、一般的なドッグフードに比べてもやや高めに設定されています。

AAFCOでは成犬で18.0%以上である点からも、ピュリナワンのタンパク質の割合の高さに納得できます。

ただ、エネルギーが高い割にはタンパク質は抑えられています。その理由は、高タンパク質で低脂質のチキンを使用していることが挙げられます。

肉類でも牛や豚などに比べ、チキンはカロリーが低めであるものの、犬の健康維持に必要なタンパク質が豊富に含まれているのです。

また、栄養素が凝縮されたチキンミールを使用していることもタンパク質の割合が高い理由の1つでしょう。

 

ピュリナワンの生産国

ピュリナワンの生産国はアメリカで、AAFCOの栄養基準は日本だけでなく、世界中のペットフードの栄養基準として用いられていることで知られています。

ですが、このような高い基準を持つアメリカでも、過去に中国産の原材料を使用したドッグフードによる犬の死亡事故が発生しました。

これを機に、ヒューマングレードの原材料を使用することを徹底しているドッグフードメーカーも増えてきました。

しかし現在においても、一部のアメリカ産のドッグフードでは粗悪原材料が使用しているものも少なくありません。

なぜなら、アメリカでは州ごとに定める州法が適用されるために、州ごとにドッグフードへの規制への意識が異なるからです。

州によって厳しい規制を行う所もあれば、別の州では粗悪原材料を使用していても、良質なドッグフードとして販売されているのが現状なのです。

 

ピュリナワンを選ぶ際の注意点

ピュリナワンを選ぶ際の注意点は、エネルギーや脂肪、タンパク質が高めに設定されている点です。

近年では室内で飼育されている犬が多く、運動量が不足する犬の場合、ピュリナワンを摂取することによって肥満になる可能性があるため、犬に与える量に注意する必要があります。

まとめ

ピュリナワンはピュリナの長年の研究によって培われてきた最先端技術や独自の見解に基づいて、犬の健康維持のためのドッグフードの開発を行ってきました。

基本的に品質の高いドッグフードであるため、一度試してみると良いでしょう。

ただ、上記でも説明した通り、犬によっては消化不良や肥満のリスクもあるので注意しましょう。

関連記事