ドッグフード「プロパック」の原材料や選ぶ際の注意点は?

プロパックに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

プロパックの原材料

プロパックは自然の恵みを受けた原材料を使用する新しいタイプのドッグフードとして販売されています。

実際に、どのような原材料が使用されているのか、アルティメッツ チキン&ブラウンライス(全ステージ対応)を例に、確認していきましょう。

肉類

肉類には、チキンミールや鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)が使用されています。

一般的に、チキンミールとは肉副産物が使用されているものと考えられています。

プロパックで使用するチキンミールは副産物を含まず、あくまでも高品質な鶏肉を使用していると、正規販売店の公式サイトにも記載されており、品質の安全性に納得できます。

穀物

穀物として、玄米や白米、米糠が使用されています。穀物には犬の健康維持に必要な栄養素が豊富に含まれています。

ただ、炊飯した米でないと、犬の消化器官に大きな負担をかける可能性も高く、犬によっては消化不良やアレルギー症状が引き起こされる可能性もあります。

最近では、穀物を一切使用しないグレインフリーのドッグフードが販売されている一方で、穀物に含まれる栄養素に注目して原材料に使用するドッグフードも少なくありません。

添加物

プロパックでは人工的な添加物は使用されていません。

酸化防止剤として、ミックストコフェロールが使用されています。

人工的な添加物は、犬の健康に有害な影響を与えるものも多く、近年では無添加のドッグフードが主流になってきています。

その他

その他で気になる原材料として、エンドウ豆やビート・パルプが挙げられます。

エンドウ豆には豊富な食物繊維が含まれている一方で、消化不良を引き起こす可能性もあります。

ビート・パルプは製造工程の中で薬剤が残留する可能性が高く、ドッグフードの原材料として相応しくないと考えられています。

また、ビート・パルプはウンチを意図的に固める作用があるため、犬の健康のバロメーターであるウンチの正常な硬さが分かりにくいという点からも、犬にとって良い原材料とは言えないでしょう。

 

プロパックに含まれる栄養の割合

では次に、プロパックに含まれる栄養の割合について確認していきましょう。

  • エネルギー 357kcal/100g
  • 粗タンパク質 26%以上
  • 粗脂肪 15%以上
  • 粗繊維(※1) 5%以下
  • 粗灰分(※2) 7.3%以下
  • 水分 10%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質やや高め

プロパックの栄養の割合から、一般的なドッグフードに比べてタンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準では、成犬で18.0%以上であることからも、タンパク質の割合の高さに納得できます。

理由として、主要原材料にチキンミールが使用されていることが挙げられます。

チキンミールは、製造工程で栄養が凝縮されるため、必然的にタンパク質の数値が高くなります。

また、エネルギーがやや高い理由としては、玄米や白米といった穀物を使用していることが一因として考えられるでしょう。

脂質高め

AAFCOで定める脂質の最低基準は、成犬で5.5%以上であることからプロパックに含まれている脂質の割合が高めに設定されていることに納得できます。

脂質が高い理由として、鶏脂肪が原材料に使用されていることが挙げられます。

脂質が高めに設定されているものの、エネルギーは抑えられているのは、高タンパク質で低カロリーの鶏肉を主原料としていることから納得できます。

 

プロパックの生産国

プロパックはアメリカで生産されているドッグフードです。アメリカでは過去に中国産の原材料が原因となった犬の死亡事故が発生したことがあります。

その背景には、州ごとに定めるドッグフードへの規制の考え方が大きく異なっている点が挙げられます。

アメリカ自体は海外でも有数の動物愛護先進国として知られていますが、州によっては粗悪原材料を使用しているドッグフードが販売されるケースも少なくありません。

そのため、日本でもアメリカ産ドッグフードを疑問視されることがありました。

しかし、近年ではヒューマングレードで無添加である高品質なドッグフードも多数販売されており、アメリカ産のドッグフードは品質が悪いと、一概には言い切れないのです。

 

プロパックを選ぶ際の注意点

プロパックを選ぶ際の注意点として、以下の2つが挙げられます。

お腹が弱い犬やアレルギー体質の犬は要注意

原材料でもご紹介したように、プロパックでは穀物が原材料として使用されています。

犬は本来、肉食であるため、穀物を消化する酵素がほとんど存在しないと考えられています。

そのため、犬が穀物を摂取することで消化不良を起こしたり、場合によってはアレルギー症状が引き起こされる場合もあるのです。

お腹が弱い犬やアレルギー体質の犬の場合は、事前に獣医さんに相談してから選ぶようにすると良いでしょう。

価格が高騰する可能性がある

プロパックはアメリカで生産されていることから、今後価格が高騰する可能性が考えられます。

海外から輸入されるドッグフードの場合、コンテナ輸送による輸送コストの上昇や、原材料となる穀物などの価格上昇に伴い、ドッグフード自体の価格が高騰する可能性は否定できません。

今後、長期的に使用することを検討するのなら、こういったリスクがあることを理解しておきましょう。

まとめ

プロパックはヒューマングレードで無添加である点、AAFCOの栄養基準を満たしている点から考慮しても、基本的に品質の良いドッグフードと言えるでしょう。

ただ、上記でも挙げた注意点を理解した上でプロパックを愛犬に与えるようにしましょう。

愛犬に与える際は、少量ずつ与えて愛犬の体調や様子を観察しながら、与える量を増やしていくことをおすすめします。

関連記事