ドッグフード「シーザー」の原材料や選ぶ際の注意点は?

シーザーに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

シーザーの原材料

ペットショップやホームセンターなどで販売していることが多いシーザーは、知名度も人気も高いドッグフードメーカーの1つです。

ここでは、トレイタイプのジューシーチキンを例に原材料の中身をご紹介します。

肉類

肉類として、チキンやラム、ビーフ等が主要原材料として使用されています。

単一のタンパク源でない点では、アレルギー症状を引き起こすリスクが軽減されていることが分かります。

とくに、ラムは高タンパク質で低脂肪、さらに、アレルギー症状を引き起こしにくいとされているため、ドッグフードには最適のタンパク源と言えるでしょう。

ただ、公式サイトでは厳選された素材と記載がありますが、ヒューマングレードや肉副産物を使用していないなどの記載がないため、安全性に不安が残ります。

穀物

穀物としては、玄米が使用されています。玄米は犬の健康維持に必要な栄養が豊富に含まれていることもあり、一般的なドッグフードでも使用されることがあります。

ただ、犬は元々肉食のため、穀物を消化する際、消化器官に大きな負担をかけることになります。

添加物

着色料にはカラメル色素や二酸化チタンが使用されています。保存料や酸化防止剤の役割として、EDTA-Ca・Na(エチレンジアミン四酢酸カルシウムニナトリウム)が添加されています。

また、ウェットフードにとろみをつけるために増粘多糖類などの増粘剤が付加されています。

これらの人工的な添加物は、時に犬の健康を害する恐れがあるため、食品としての安全性という点では、手放しに安全だとは言えないでしょう。

ドライフードに比べ、容器が小さなトレイタイプのフードの場合、添加物など一部の表示を総称として一括りに表示することが法律で許されています。

そのため、原材料を見ても有害になりそうな添加物が含まれているかを判断することはできないのです。

その他

その他の原材料で気になるのは、食物繊維や植物性タンパク、ガーリックパウダーです。

食物繊維や植物性タンパクにおいては、どの食品を使用しているのかが明記されていません。

そのため、原材料の安全性に不安が残ります。ガーリックパウダーは、元々犬に有害とされているガーリックを原料にしているため、犬の健康にとって良い原材料とは言えません。

 

シーザーに含まれる栄養の割合

原材料の安全性については不安が残りますが、シーザーに含まれる栄養の割合はどのようになっているのでしょうか?

トレイタイプのシーザーは総合栄養食として分類されていますが、実際のところはどうなのでしょうか。さっそく、確認してみましょう。

  • エネルギー 65kcal/100g
  • 粗タンパク質 5%以上
  • 粗脂肪 2.5%以上
  • 粗繊維(※1) 1.5%以下
  • 粗灰分(※2) 2%以下
  • 水分 89%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

AAFCOの基準を満たしていない

シーザーのエネルギーやタンパク質、脂質共に低い設定が設けられていることが上記の栄養の割合から分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質の最低基準は、成犬で18.0%以上で幼犬で22.5%以上。

脂質では成犬で5.5%以上、幼犬で8.5%以上であることから、タンパク質、脂質共にAAFCOの最低基準を満たしていないことが分かります。

そもそも、総合栄養食とは、親善な水とドッグフードだけを与えていれば、1日に必要な栄養が摂取できる栄養基準をクリアしたドッグフードだけが表示できるものです。

その点、シーザーのトレイタイプだけを与えても、犬に必要な栄養は十分に摂取できるとは言えないのです。

ドライフードに比べて水分含有量が多い

シーザーはウェットフードであるため、水分が89%以下と一般的なドライフードに比べても、高い水分含有量であることが分かります。

フードの約9割が水分であるということから考えても、犬に必要な栄養がこれだけで摂取できないということに納得できます。

ただ、食欲が低下している犬に、一時的に与える分には良いかもしれません。

 

シーザーの生産国

シーザーを生産している国はオーストラリアです。

オーストラリアと言えば、世界でも有数の食品衛生基準が厳しい国です。

ドッグフードにおいても、ヒューマングレードの食品を使用することはもちろんのこと、犬の健康に有害だと考えられる人工的な添加物に対しても厳しい基準が設けられています。

そういう意味では、シーザーの原材料で使用されている肉類は新鮮で安全なものを使用している可能性もあります。

 

まとめ

シーザーのトレイタイプに使用されている原材料の安全性が不明瞭である点やAAFCOの最低基準を満たしていないことからも分かる通り、総合栄養食として与えることはおすすめできません。

シーザーだけでは、犬の健康維持に必要な栄養が十分に摂取できないためです。

どうしても与える場合は、食欲低下している犬や水分摂取しない犬、歯が悪くドライフードが摂取できない犬にふやかしたドライフードに混ぜて与えると良いでしょう。

関連記事