ドッグフード「スーパーゴールド」の原材料や選ぶ際の注意点は?

スーパーゴールドに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

スーパーゴールドの原材料

森永乳業で開発されたスーパーコールドは、アレルギーに配慮したドッグフードです。

大手食品メーカーが販売しているだけあって、安全性や信頼も厚いと感じる方もいらっしゃることでしょう。

そこで、スーパーゴールドのフィッシュ&ポテト プラスを例に、どのような原材料が使用されているのか、ご紹介いたします。

魚類

スーパーゴールドでは肉類は一切使用しておらず、魚類としてサーモンミールやホワイトフィッシュミール、フィッシュダイジェスト、緑イ貝を使用しています。

まず気になるのは、サーモンミールやホワイトフィッシュミールです。

一般的にも「ミール」と表記されているものは粗悪原材料を使用している可能性があるため、ヒューマングレードの記載がないドッグフードについては、原材料の安全性に不安があると評価せざるを得ません。

スーパーゴールドの公式サイトでは、原材料の産地やヒューマングレードといった記載がないため、やはり安全性という点では不安が残ります。

さらに、人工的に消化しやすい半消化状態に加工したフィッシュダイジェストが使用されている点も気になるところです。

と言うのも、サーモンミールやホワイトフィッシュミールが新鮮な原材料を使用しているのなら、栄養が凝縮されており、フィッシュダイジェストを付加する必要性がないためです。

つまり、サーモンミールやホワイトフィッシュミールだけでは十分な栄養が摂取できないということが考えられます。

緑イ貝は犬の関節の健康維持や尿路疾患のリスクを軽減する効果が期待されています。

穀物

スーパーゴールドはアレルギーに配慮しているため、穀物は一切使用されていません。

主要原材料としてはポテトが使用されています。

ポテトはアレルギーを引き起こしにくい食品として知られており、エネルギー源にもなることから、一般的な低アレルゲンを目指したドッグフードの原材料として使用されることが多いです。

添加物

スーパーゴールドは人工的な添加物は使用していません。

ドッグフードの品質を保持するのに必要不可欠な酸化防止剤には、天然由来のトコフェロールやクエン酸、ローズマリーエキスが使用されています。

人工的な添加物は、犬の健康に有害となるものも多いため、なるべく無添加のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

その他

その他の原材料として気になるのは、ビートパルプと食塩です。

まず、ビートパルプは製造工程の中で薬品が使用されることがあり、ビートパルプ自体に薬品が残留している可能性が高いことから、ドッグフードの原材料として粗悪原材料と広く考えられています。

また、ビートパルプに含まれる豊富な食物繊維によって、犬の健康のバロメーターとなるウンチが通常より硬い状態で出るため、本来の硬さをチェックすることが難しくなります。

そして、食塩ですが、基本的に新鮮な肉や魚などのタンパク源が使用されて入れば、食塩を付加する必要はないと言われています。

その点、スーパーゴールドでは食塩が付加されているため、犬の食いつきを良くするために食塩を付加している可能性が考えられます。

 

スーパーゴールドに含まれる栄養の割合

アレルギーに配慮した低アレルゲンとして作られているスーパーゴールドですが、実際にドッグフードに含まれる栄養の割合はどのようになっているのでしょうか。

さっそく、確認してみましょう。

  • エネルギー 330kcal/100g
  • 粗タンパク質 26.0%以上
  • 粗脂肪 10.0%以上
  • 粗繊維(※1) 6.0%以下
  • 粗灰分(※2) 7.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質やや高め

スーパーゴールドの栄養の割合を見て分かる通り、タンパク質は一般的なドッグフードよりもやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上であることからもタンパク質の高さに納得できます。

タンパク質が高めである理由として、複数の魚のミールを使用していることが挙げられます。

ミールの製造工程では、水分が除かれて栄養が凝縮するため、タンパク質の割合も高くなりがちなのです。

エネルギー・脂質抑えめ

タンパク質が高い割には、エネルギーや脂質は抑えめであることも分かります。

AAFCOの脂質の最低基準は、成犬で5.5%以上であることから、十分に必要量を満たしていることに納得できます。

 

スーパーゴールドの生産国

スーパーゴールドを生産している国は、アメリカです。アメリカは日本よりも動物愛護先進国として知られています。

実際に、日本国内で製造、販売されているドッグフードの栄養基準は、アメリカのAAFCOが定める栄養基準を基軸としており、ドッグフードに求める基準の高さが見て取れます。

ただ、アメリカの場合、州ごとに定められている州法により、ドッグフードへの規制の厳しさは場所によって異なります。

現に、中国産の粗悪原材料を使用したドッグフードによって、多くの犬の命が奪われてしまったのです。

アメリカ産のドッグフードに対する評価は人によって異なり、一概に良い悪いとは言えません。

それに、アメリカ産でもヒューマングレードで無添加、グレインフリーなど犬の健康のために品質の高いドッグフードづくりを行っているドッグフードメーカーも多数存在します。

 

まとめ

いかにして、安全で品質の高いドッグフードを選ぶのかは、原材料にどんなものが使用されているのか、栄養の割合はAAFCOの基準を満たしているのかなどが重要になってきます。

その点から考えると、スーパーゴールドは総合的に判断すると、あまりおすすめできません。

犬は肉食であるため、なるべくなら動物性タンパク源が主要原材料であるドッグフードをおすすめします。

関連記事