世界25ヶ国以上で猫たちが愛食?【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】って猫に食べさせたいフードなの?

「アーテミス」は世界25ヶ国以上の国々で売られているアメリカ生まれのキャットフード。

厳選した材料を使用し、猫の食習慣を考えた質の高いプレミアムフードを出しているブランドとして知られています。

日本では(株)ケイエムテイと言う企業が輸入代理店です。

「アーテミス」には【アガリスク アイエス】【オソピュア グレインフリー】【フレッシュミックス フィーライン】と3種類のフードがありますが、今回は、【フレッシュミックス フィーライン】について、その中身を調べてみました。

果たして【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】は猫にとって本当に良いフードなのでしょうか?

 

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】にはどんな原材料が使われているの?

肉類

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】はドライフード1種類のみ。

肉類には、フレッシュチキン、ドライチキン、ドライ魚肉が使われています。

フレッシュチキンとドライチキンが原材料表記の1番目と2番目に表記されていますので、肉メインの猫に合ったキャットフードだと言って良いでしょう。

穀物

穀類としては、大麦、米ぬかが使用されています。

大麦、米ぬかは、とうもろこしや小麦に比べるとアレルギー源になりにくく、ビタミンやミネラルが豊富です。

グレインフリーにこだわる飼い主さんには選ばれないかもしれませんが、穀物を使用しているフードの中では猫のことを考えたフードだと考えられます。

野菜や果物

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】にはチコリ、ケルプ、ニンジン、りんご、トマト、ブルーベリーなどたくさんの野菜や果物が使われています。

猫は本来、野菜や果物は食べませんが、獲物を生で食べる本来の食事に比べ、ドライフードにはビタミン、ミネラル、酵素、食物繊維などが不足しがちです。

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】では、これらの猫に必要な栄養素を野菜や果物によって補完しています。

添加物

合成保存料、合成着色料、合成香料などは使用されていません。

特筆すべきは、原材料の脂肪の保存料を明記してあることでしょう。

キャットフードには必ずと言ってよいほど脂肪が添加されています。

脂肪は酸化しやすいため、原材料の段階で酸化防止剤が使われますが、原材料レベルで使用された添加物は表記する必要がありません。

多くのキャットフードは脂肪分に使う酸化防止剤を表示しませんので、ここにBHAなどの合成保存料を使っていても消費者には分からないのです。

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】は、鶏脂肪を混合トコフェノールで保存処理していると明記してありますので安心です。

また、風味づけには合成香料を使わず、チキンスープを使用していますので、これも安心できるポイントです。

 

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】のたんぱく質割合は、30.0%以上。

これは、AAFCO(米国飼料審査官協会)の最低基準26%を超える数字ですので、猫に適したフードだと言えるでしょう。

脂肪

脂肪の割合は20.0%。これはAAFCOの最低基準を大きく上回る数字ですので、こちらも問題ありません。

しかも、【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】に添加されている脂肪は、鶏から取った脂肪。

レンダリングの過程で出る脂とは異なり、質の良い脂肪分だと考えて良いのではないでしょうか。

 

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】の生産国はどこ?

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】はアメリカで製造されています。

アメリカはペット大国らしく、州と連邦政府の両方でペットフードの安全や品質管理を行っています。

また、AAFCO(米国飼料審査官協会)が策定した飼料に関する法令やペットフードの安全基準は、いまや世界の基準となっていますので、ペットフードに関して先進的な国であることは間違いありません。

しかしながら、これらの法律や基準をクリアしても、猫にとって本当に良いフードかどうかは分かりません。

猫にとって良いフードかどうかは、原材料の種類、質、割合は、もちろんのこと、製造工程までトータルでチェックして判断する必要があるでしょう。

 

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】の魅力は?

ヒューマンレベルの原材料を使用

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】に使用されている原材料は、USDA(米国農務省)が策定した人間の食品基準をクリアしています。

さらに生のチキンが主原料になっている点は評価できます。

用量のバリエーションが豊富

【アーテミス フレッシュミックス フィーライン】は500g、1kg、2kg、6kgとさまざまな用量のバリエーションがあります。

プレミアムフードの多くは用量のバリエーションが少ないことが多く、1ヶ月で食べきれなかったり、逆に多頭飼いの場合にコストがかさんだりすることもあります。

飼育の事情に合わせて選べるのは嬉しいポイントです。

【アーテミス フレッシュミックス】を与える際の注意点は?

原材料の項目でもご紹介しましたが、【アーテミス フレッシュミックス】はグレインフリーではありません。

アレルギーを起こしがちなとうもろこしや小麦は含んでいませんが、グレインフリーにこだわる方は、気をつけてください。

原材料へのこだわりが◎。グレインフリーにこだわらなければ食べさせても良いフード

一般的に猫が好きなチキンの生肉をメインで使用し、合成添加物無添加の【アーテミス フレッシュミックス】。

大麦、米ぬかなどの穀類は使われていますので、グレインフリーにこだわる飼い主さんにとっては受け入れられないかもしれませんが、そうでなければなかなか良いフードです。

1kgで2000円前後の価格も品質を考えれば、そんなに高くはないでしょう。品質と価格のバランスの取れたフードなのではないでしょうか。

関連記事