アメリカ生まれの新しいキャットフード【BLUE】は猫に食べさせても良いフードなの?

最近、ペット専門誌などで広告を見かけるようになったブルーバッファローの【BLUE】。

アメリカの愛犬家ビショップ家の長男ビリーが1頭の犬を連れて帰ってきたことから始まったペットフードです。

「BLUE」と名付けられたその犬と家族との間にはすぐに絆が生まれました。

ところが、幸せな毎日を過ごしていた「BLUE」が癌に罹ったのです。

愛犬の病気がきっかけで、ビショプ家はペットフードに興味をもつようになります。

アメリカの優秀な獣医師や動物栄養士を集めて研究した結果、生まれたのがペットフード【BLUE】だったのです。

今回は、実体験から生まれた【BLUE】のキャットフードについて調べてみました。

 

【BLUE】にはどんな原材料が使われているの?

【BLUE】には一般的な「ライフプロテクションフォーミュラ」と、療法食の「Natural Veterinary Diet」があります。

今回は「ライフプロテクションフォーミュラ」の中から成猫用の「体重管理用 チキン&玄米レシピ」を取り上げます。

肉類

【BLUE】の「体重管理用 チキン&玄米レシピ」に使われている肉類は骨抜き鶏肉、チキンミール、ニシンミールです。

骨抜き鶏肉が主原料になっていますので、こだわりあるフードと考えて良いでしょう。

ミールに良くない印象をもつ飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、【BLUE】のミールには副産物は一切使われていないと明記されていますので問題ありません。

出所の分からない肉を使ったミートミールとは分けて考えてください。

穀物

穀物には玄米と大麦を使用しています。猫がアレルギーを起こしがちなとうもろこしや小麦などは使用していません。

野菜や果物

【BLUE】には乾燥チコリ根、アルファルファ、クランベリー、サツマイモ、ニンジン、パセリ、ケルプ、ブルーベリーなど多くの野菜や果物が配合されています。これらにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけでなく、免疫をサポートする抗酸化物質も含まれています。

添加物

合成保存料、合成着色料、香料などは使用されていません。酸化防止剤には混合トコフェノール、ローズマリー抽出液など天然の添加物が使用されています。

特筆すべきは、鶏脂の酸化防止剤が天然の混合トコフェノールだと明記してあることでしょう。油は酸化しやすいため、原材料の時点で酸化防止剤を施します。しかしながら、原材料の時点で使用した添加物は表記する必要がないため、多くのキャットフードにはその表記がありません。

フード全体に使用されている酸化防止剤が天然のものでも、油脂には合成保存料を使っているメーカーも少なくないのです。その点、油脂にも天然の酸化防止剤を使用している点は評価できます。

 

【BLUE】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

【BLUE】の「体重管理用 チキン&玄米レシピ」のたんぱく質割合は30.0%以上です。

これは、AAFCO(米国飼料審査官協会)の定める最低基準(26%)をクリアしています。

脂肪

脂肪割合は9.0%。AAFCOの最低基準値9%はクリアしています。

このフードは脂肪分を40%カットした体重管理用ですが、比較的狭い家で室内飼いする日本の猫には合っているかもしれません。

 

【BLUE】の生産国はどこ?

【BLUE】はアメリカ産です。ペット大国であるアメリカは州法と連邦法の両方でペットフードの安全を管理しています。

いまや世界中でペットフードの基準となっているAAFCOはアメリカの組織で、多くの州ではAAFCOが策定した法令をもとにペットフードの安全や品質、表示内容を規制しています。

アメリカ産のフードの安全はある程度、確認されていると言って良いでしょう。

しかしながら、過去には中国産の原材料を使用したアメリカブランドのフードでペットに被害が出たことがありました。

これ以降、米食品医薬品局(FDA)が調査を進めるなど努力を続けていますが、100%ではないでしょう。

キャットフードが本当に安全か、良いキャットフードかを判断するには、各メーカーの情報を細かくチェックする必要があるでしょう。

原材料、原料の産地、配合、レシピなど、ホームページで分からない場合は、メーカーに直接問い合わせる必要があるかもしれません。

 

【BLUE】の魅力は?

「ライフソーツビッツ」により猫の健康をサポート

【BLUE】のユニークな点のひとつが独自開発の「ライフソースビッツ」です。

【BLUE】には2種類の粒が配合されていますが、ひとつが栄養価の高いベースキブル。

もうひとつが猫の体の酸化を防ぐための「ライフソースビッツ」です。

体の酸化は老化や病気の原因で、抗酸化物質は重要な栄養素のひとつと考えられています。

「ライフソースビッツ」にはケルプ、ビタミンE、ビタミンC、ベータカロテン、ビタミンA、ブルーベリー、大麦若葉などの抗酸化物質が含まれています。

これらの栄養素を壊すことなく低温加工(コールドプロセス)したのが「ライフソースビッツ」なのです。

猫の健康に配慮したシリーズが充実

今回ご紹介したのは「成猫用室内飼い 体重管理用」ですが、【BLUE】には「お腹ケアサポート」「毛玉ケア」などもあります。

また、「子猫用」「7歳以上のシニア猫用」など年齢に応じたフードもあります。

愛猫のライフステージや体調に合わせてフードを選べるのは便利です。

【BLUE】を与える際の注意点は?

こだわりのフードではありますが、【BLUE】はグレインフリーではありません。

もし、あなたがグレインフリーにこだわるなら、【BLUE】は選択肢に入らないことを知っておいてください。

飼い主の体験から生まれた真面目なフード。グレインフリーではないけれど高品質

自身の飼い犬が癌に罹ったことがきっかけで生まれた【BLUE】。

ペットの病気を体験したうえで作られた真面目なフードです。

グレインフリーではありませんが、使われているのは食物繊維の多い玄米や大麦ですので、安い穀物使用のフードとは分けて考えて考えるべきでしょう。

猫に食べさせても良いフードのひとつではないでしょうか。

関連記事