ドッグフード「ドクタークレド」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ドクタークレドに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ドクタークレドの原材料

世界には数えきれないほどのドッグフードの種類があります。

そんな中、動物病院限定で販売されているドッグフードがあることをご存知でしょうか。

今回は、ドクタークレドという動物病院限定で販売されているドッグフードをご紹介します。

ここでは、ドクタークレド No.1 胃腸と皮膚が気になる小型犬のための総合栄養食を例にどんな原材料が使用されているのかについてご説明します。

肉類

肉類の原材料として、チキンミールが使用されています。

公式サイトには加水分解した鶏肉としか書かれておらず、安全性が高く、新鮮な鶏肉が使用されているのかは不明です。

一般的には、チキンミールというと、肉副産物や4Dミートなどが使用されている場合もあるため、ドッグフードの原材料としてはあまり良いイメージがありません。

ただ、より高タンパク質のドッグフードを設計するために新鮮な鶏肉を使用して加工している場合もあるため、一概にチキンミールがすべて粗悪原材料とは言い切れないのです。

穀物

最近のドッグフードの傾向としては、犬本来の食性に近づけるために新鮮な肉や魚などの動物性タンパク質を主原料にしています。

しかし、ドクタークレドでは主原料に米や小麦ふすま(脱穀した小麦を精白研磨する製造工程上で出る果皮の粉)といった穀類を使用しています。

確かに、穀物には様々な栄養素が豊富に含まれていることもあり、穀物を主原料としたドッグフードも少なくありません。

ただ、犬の消化器官は穀物の消化が苦手なため、それにより大きな負担を与えることになってしまうのです。

消化しやすいように加工されているのであれば、消化器官への負担を軽減させることができます。

添加物

保存料としてトコフェロールが使用されています。原材料を見る限りでは、人工的な添加物は含まれていません。

食物アレルギーに配慮して作られていることからも、添加物が犬の健康に及ぼす影響を考えた上でドクタークレドが作られていることに納得できます。

その他

その他の原材料として、動物性油脂(家禽類、魚)とありますが、肉類の原材料と同様に、食品の安全性が不明なため、不安が残ります。

 

ドクタークレドに含まれる栄養の割合

ドクタークレドの栄養の割合について、確認しておきましょう。

  • 粗タンパク質 20%以上
  • 粗脂肪 12%以上
  • 粗繊維(※1) 2%以上
  • 水分 9.5%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

タンパク質は平均的、脂質はやや高め

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は成犬で18.0%以上であることから、十分に満たされていることが分かります。

脂肪は成犬で5.5%以上となっており、2倍以上の割合でやや高めにせっていされていることが分かります。

エネルギーの記載がない

ドクタークレドの公式サイトには、タンパク質や粗脂肪、粗繊維、水分の記載しかなく、エネルギーがどの程度なのかを確認することができません。

 

ドクタークレドの生産国

ドクタークレドはタイ国で生産されているドッグフードです。

ドッグフード生産国としては一般的なのはイギリスやドイツなどのヨーロッパや、アメリカ、オーストラリアなどが挙げられます。

タイはドッグフードを製造する上で、人件費や原材料費などのコストを安くすることができることから、日本や海外のドッグフードメーカーが自社の製造工場をタイに設けていることも多いのです。

タイでは鶏肉の輸出国でもあり、一般的に食肉用の鶏肉が生産されていることが多いため、タイ産の鶏肉の場合、トレーサビリティによって食の安全性が保障されていると言われています。

ドクタークレドが使用しているチキンミールがタイ産の鶏肉であれば、安全性が高いとも考えられるでしょう。

 

ドクタークレドを選ぶ際の注意点

ドクタークレドを選ぶ際の注意点を2点ご紹介します。

胃腸が弱い犬は要注意

ドクタークレドの原材料にもある通り、穀物が主原料である点がとくに気になるところです。

元々胃腸が弱い犬の場合、消化不良を起こしてしまうことが考えられます。

信頼できる獣医師に相談の上、購入するかどうかを決めるようにしましょう。

動物病院でしか手に入らない

ドクタークレドを選ぶ際に注意するべきことは、動物病院でしか手に入らないという点です。

一般的なドッグフードは、ペットショップやホームセンター、ネットショッピングサイトでの購入が可能なため、いつでもどこでも入手可能です。

しかし、ドクタークレドの場合、動物病院でしか手に入れることができません。

さらに、動物病院でも販売している所とそうでない所があるため、かかりつけの動物病院で入手できない可能性も高いです。

まとめ

ドクタークレドは、原材料や栄養の割合など全体的に公開されている情報が少ないドッグフードです。

そのため、原材料で使用されている食の安全性や栄養価などに不安が残ります。

ただ、動物病院限定での販売のため、取り扱いのある獣医さんにドクタークレドの詳細を確認することができるはずです。

興味がある方は、かかりつけの動物病院やお住いの近くに取り扱っている動物病院がないか、確認してみましょう。

そして、試しに与える場合は、少量ずつ与えるようにしましょう。

関連記事