ドッグフード「モッピープロ」の原材料や選ぶ際の注意点は?

モッピープロに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

モッピープロの原材料

ブリーダー専用のドッグフードとして注目を集めるモッピープロのアダルトを例にご紹介します。

肉類

肉類の原材料にはラムの他、チキンやターキーなどの家禽が使用されています。

複数の動物性タンパク源を使用していることから、単一タンパク源によるアレルギーのリスクが低いことが利点として挙げられます。

ただ、モッピープロの主原料は肉類ではありません。

穀物

モッピープロの主原料は小麦で、他にも穀物として米が使用されています。

犬にとって小麦はアレルギー症状を引き起こしやすい食品である点から、小麦が第一主原料であることに不安が残ります。

犬にとって穀物は消化器官に負担をかけやすい食品として知られています。

そのため、お腹が弱い犬の場合、穀物を摂取することによって消化不良を起こしたり、アレルギー症状を引き起こしたりする場合もあります。

添加物

原材料を見る限り、人工的な添加物は使用されていません。

人工的な添加物は、犬の健康を害する恐れもあるため、なるべくなら添加物が含まれていない無添加のものを与えると良いでしょう。

モッピープロでは、犬の健康を害する恐れのあるエトキシキンやBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)を使用していない旨が公式サイトに記載されています。

さらに、ドッグフードの品質を保つ上で必要な酸化防止剤には、トコフェロールやローズマリー抽出物が使用されています。

その他

ドッグフードの原材料には珍しいコプラミールが使用されています。

コプラミールとは、ヤシ科の植物の実で犬の嗜好性が高い食品だと考えられています。

その他の気になる原材料は、コーングルテンミールです。コーングルテンミールの原材料であるトウモロコシは、犬がアレルギー症状を引き起こしやすい食品として知られています。

どのように加工されたのか、どのように消化吸収されやすいのかなどが不明なため、使用されている原材料に不安が残ります。

 

モッピープロに含まれる栄養の割合

では次に、モッピープロに含まれる栄養の割合について、確認してみましょう。

  • エネルギー 320kcal/100g
  • 粗タンパク質 20%以上
  • 粗脂肪 12%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%以下
  • 粗灰分(※2) 7%以下
  • 水分 8%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー、タンパク質平均的

エネルギーやタンパク質は一般的なドッグフードと比較しても、平均的であることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上であることから、必要量を満たしていることが分かります。

脂質はやや高め

一方、脂質はAAFCOが定めるのは、成犬で5.5%以上であることから、やや高めに設定されていることが分かります。

その理由として、原材料に魚油やなたね油、ひまわり油が使用されていることが挙げられます。

これらの油にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、犬の毛並みの健康への効果が期待されています。

水分含有率少なめ

開封されたドライフードは、水分含有量が多いと湿気によってカビが発生することから、日本で販売されるドライフードは水分含有率が10%以下であるように規定されています。

モッピープロは10%をさらに下回る8%以下であることから、よりカビが発生するリスクが抑えられていることが分かります。

とは言え、冷蔵庫や高温多湿の場所などで保管すると、品質が劣化する恐れがあるため、保管の仕方には注意が必要です。

 

モッピープロの生産国

モッピープロの生産国は、オーストラリアです。オーストラリアといえば、世界でも有数の食品安全に厳しいルールをもつ国として知られています。

ドッグフードに使用される原材料もすべてヒューマングレードであることが求められるため、オーストラリア産のドッグフードは世界中で高い評価を受けています。

オーストラリアでは、輸出入の際に厳しい検査が設けられており、国内の自然環境を守ることを重視しています。

厳しい検査に合格したものでなければ、輸出入ができないのです。

また、トレーサビリティシステムによって、ドッグフードに使用された原材料の生産から出荷、製品化など一連の流れを把握することが可能です。

それだけ、食品の安全性に強いこだわりがある国であることに納得できることでしょう。

 

モッピープロを選ぶ際の注意点

モッピープロを選ぶ際の注意しておきたいことは、原材料で小麦が使用されている点です。

公式サイトには、小麦を主原料として使用する明確な理由が記載されていない点や穀物の消化吸収が苦手な犬にとって、どのように消化吸収しやすく加工されているのかどうかが不明確な点に不安が残ります。

使用している原材料は、食品衛生に厳しい規定があるオーストラリアの食品を使用していることから、安全性という意味では心配はないでしょう。

ただ、肝心の犬の健康に害はないのかという点では、説明不足な印象を受けかねません。

まとめ

モッピープロは世界でも高い評価を受けているオーストラリアで生産されたドッグフードです。

そのため、使用されている原材料の安全性は高いドッグフードといえることでしょう。

ただ、上記の注意点でも挙げた通り、主原料が犬の健康を害する可能性がある小麦を使用している点は不安が残ります。

とは言え、基本的には高品質のドッグフードであるため、気になる方は一度試してみると良いでしょう。

関連記事