ドッグフード「プロフェッショナル・バランス」の原材料や選ぶ際の注意点は?

プロフェッショナル・バランスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

プロフェッショナル・バランスの原材料

プロフェッショナル・バランスは、高い消化性や犬に合ったカロリー設計、ストルバイト尿石への配慮といった特徴を持つドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、プロフェッショナル・バランスの成犬用を例にご紹介します。

肉類

肉類にはミートミールやチキンミール、チキンレバーパウダーが使用されています。

一般的には、「○○ミール」という原材料は、粗悪原材料が使用されている可能性が高いものとして捉えられています。

プロフェッショナル・バランスの公式サイトでは、ヒューマングレードや肉副産物を使用していない旨が明記されておらず、徹底した衛生管理を行っている日本国内の工場で生産されているとしか記載されていません。

そのため、原材料の安全性という点では、不安が残ります。

魚類

魚類にはフィッシュミールが使用されています。肉類と同様に、ミールが使用されているという点に不安が残り、原材料の安全性が不確かだと言わざるを得ません。

仮に、新鮮で安全な原材料を使用しているのであれば、肉類も魚類においても、非常に高品質な栄養が摂取できることが予想されます。

穀物

プロフェッショナル・バランスの主原料は、肉類や魚類ではなく、穀類でとうもろこしやコーングルテンミールが使用されています。

穀類は犬の消化器官に負担をかけやすい食品として知られており、犬によっては消化不良やアレルギー症状が引き起こされる可能性もあります。

そのため、近年では、グレインフリー(穀物不使用)やグルテンフリーといったドッグフードも数多く販売されています。

添加物

酸化防止剤には、ローズマリー抽出物やミックストコフェロールが使用されています。

原材料の記載を見る限りでは、香料や保存料などで使用される人工的な添加物は記載されていません。

事実上、無添加のドッグフードであるといえるでしょう。

その他

その他の原材料には、おからがあります。おからは人間の健康食品としても注目されるほど、栄養価が高い食品です。

犬の健康維持に必要な栄養も豊富に含まれており、ドッグフードの原材料として適切な量が使用されていれば、良い食品といえるでしょう。

1点気になるのは、ブドウ種子エキスが使用されている点です。ブドウは腎臓障害を起こす可能性が高いため、犬に与えてはいけない食品の1つとして知られています。

プロフェッショナル・バランスの原材料として使用される明確な理由があるのか、犬に与えても安全なのか、疑問が残ります。

 

プロフェッショナル・バランスに含まれる栄養の割合

では次に、プロフェッショナル・バランスに含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 350kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 10.0%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%以下
  • 粗灰分(※2) 8.5%以下
  • 水分 10.0%以下
  • カルシウム 0.9%以上
  • リン 0.65%以上

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質やや高め

上記の栄養の割合を見て分かる通り、エネルギーやタンパク質は一般的なドッグフードよりも、やや高めに設定されています。

その要因として挙げられるのは、原材料で使用されている肉類や魚類のミールだと推測されます。

ミールは製造工程で水分が除かれ、栄養が凝縮される形で原材料として使用されるため、エネルギーやタンパク質の割合が高くなる傾向にあります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上であることからも、やや高めであることに納得できます。

脂質抑えめ

エネルギーやタンパク質がやや高めに設定されている一方で、脂質は抑えられていることが分かります。

AAFCOの最低基準では成犬で5.5%以上であることから、十分に満たされていることに納得できます。

脂質が抑えられている要因としては、高タンパク質で低脂肪のチキンが使用されていることが推測されます。

 

プロフェッショナル・バランスの生産国

プロフェッショナル・バランスを生産しているのは日本で、国内にある衛生管理が徹底された工場で生産されています。

プロフェッショナル・バランスは、日本に住む犬のために研究や開発を重ねて作られています。

海外産のドッグフードの多くは、海外で多く飼われている大型犬を想定して作られているものも多いため、犬によっては海外産のドッグフードでは体調管理や体重管理が難しいというケースもあります。

しかし、プロフェッショナル・バランスのように、日本に住む犬を想定して作られているドッグフードは、犬の健康維持をする上で重要な要素だといえるでしょう。

ただし、国内産のドッグフードがすべて、安心安全なものではないという点は注意が必要です。

 

プロフェッショナル・バランスを選ぶ際の注意点

プロフェッショナル・バランスを選ぶ際の注意点は、原材料の安全性と穀物による影響がないかどうかという点です。

原材料に使用されている肉類や魚類のミールが安全なものであれば、基本的に品質が高いドッグフードといえるでしょう。

ただ、犬の消化器官に負担をかけやすい穀物が使用されている点では、お腹が弱い犬やアレルギーが心配される犬にとっては注意が必要でしょう。

まとめ

プロフェッショナル・バランスは国産品質を大々的にPRしているドッグフードの1つではありますが、原材料や注意点でも挙げた通り、原材料の安全性が不明確です。

栄養価は非常に優れているといえるため、プロフェッショナル・バランスを一度試してみたいという方は、原材料の安全性について一度問い合わせてみてから、試してみることをおすすめします。

関連記事