寒い冬には湯たんぽを!犬に湯たんぽを使うメリットと注意点【獣医師が解説】

犬は体が毛で覆われているため、寒さに強いと思われていますが、寒さに弱い犬もいます。

また、寒さに弱くない犬でも、暖かくしてあげることでストレスなく快適に冬を過ごさせてあげることもできます。

寒さ対策にはエアコンやストーブなどの暖房器具も使えますが、安全で経済的な暖の取り方としておすすめしたいのが湯たんぽです。

この記事を参考に、愛犬に優しい湯たんぽの使い方について考えてみましょう。

 

湯たんぽとは

湯たんぽは、冬に体を暖めるために使うお湯を入れたバッグのようなもののことをさします。

現在では、昔ながらの湯たんぽだけではなく、電子レンジで温められる湯たんぽや、電気で充電する電気湯たんぽなども利用可能になっています。

湯たんぽは、周りの気温が低い時に、体温が低下してしまうのを防ぐために使う道具になります。

特に子犬や老犬、小型犬など体温が低下しやすい動物には、体温の低下を防ぐためのアイテムとして、湯たんぽはとても有効になります。

 

犬が湯たんぽを好きな理由

犬の体温はヒトよりも高いです。

犬の平熱は38~39℃とヒトより2度ほど高くなっており、人に比べて体温を保つことが大切であるため、湯たんぽで体を暖めるのが好きなようです。

また、犬はもともと群れで生活をする動物であり、寝るときには親や兄弟と一緒に寝るのが自然です。

そのため、犬の体温と同じくらいの湯たんぽがあることで、犬は親兄弟のぬくもりを感じることができ、安心してくつろいだり眠ったりすることができます。

 

湯たんぽを使うメリット

湯たんぽを使うことで、犬には以下のようなメリットがあります。

体温の低下を防ぐ

湯たんぽを使う一番の目的は、体温の低下を防ぐことです。

もともと寒い地方に住んでいるハスキーやサモエドなどの犬種は、周りの気温が低くても体温を維持することができますが、チワワなど暖かい地方原産の犬は、周りの気温が低いと低体温を起こしたり体調を崩してしまうことがあります。

特に低体温を起こしやすいのは、以下のような犬です。

  • 子犬
  • 高齢犬
  • 病気の犬(甲状腺機能低下症や腎不全など)
  • 小型犬全般
  • シングルコートの犬

犬が快適に過ごせる

低体温を起こさなくても、周りが寒いと犬は体温を維持するために体力を使います。

また、健康な成犬でも湯たんぽがあることでストレスなく安心して過ごすことができます。

例え寒さに強い犬でも、湯たんぽを使うことで寒い時期を快適に過ごさせてあげることが可能になります。

 

湯たんぽいろいろ

湯たんぽにはいろいろな種類のものがあります。

既製品の湯たんぽ

陶器製

陶器製の湯たんぽは、保温効果が長く続くのが最も大きなメリットです。

ただし、他の湯たんぽに比べて重く、落とすと割れることがあるので、安定した床の上で使うようにしてください。

金属製

金属製の湯たんぽもプラスチックやゴム製の湯たんぽに比べ保温性が高く、長持ちします。

また、犬が噛んでも破損することがなく安全性も高くなっています。

さらに金属製の湯たんぽには、湯たんぽごとガスコンロやIHにかけて温められるものもありますが、熱くなりすぎないように注意は必要です。

プラスチック製

プラスチック製の湯たんぽのメリットは、安価に購入ができることです。

またやけどの危険性も比較的少ないですが、噛んでしまうと破損することがあります。また保温時間が比較的短いのも欠点です。

ゴム製

ゴム製の湯たんぽは軽く、扱いやすいというメリットがあります。

しかし、噛んで破損してしまったり、ゴムのにおいをお犬が嫌うこともあります。

電気湯たんぽ

電気湯たんぽは電気で温めるタイプの湯たんぽであり、充電式のものも多いです。

実際に温かいお湯を使う必要がないため、手軽に使えるというメリットがあります。

ただし、電気で温める製品ですので犬がかじると故障や感電などのリスクがあり、犬の性格も考えて使うようにしてください。

電子レンジ加熱式湯たんぽ

電子レンジで温めて使う湯たんぽです。こちらもお湯を用意する手間がいらないだけでなく、一定の温度を長時間保てるアイテムもあり、非常に便利です。

ただし、製品によっては、エチレングリコールなど犬が誤飲すると危険な成分が中に入っているものもありますので、破損には十分注意してください。

手作り湯たんぽ

ペットボトル

ペットボトルにお湯を入れることで簡単に手作り湯たんぽが作れます。

ペットボトル湯たんぽは長時間持ちませんので、定期的に中のお湯を暖かいものに入れ替える必要があります。

熱いお湯を入れるとペットボトルが変形しますし、やけどの原因にもなりますので、中に入れるお湯の温度には注意が必要です。

点滴バッグ湯たんぽ

動物病院でよく使うのが点滴バッグの湯たんぽです。

点滴バッグは液漏れの心配がなく、電子レンジで簡単に温められるため、短時間の保温には非常に使いやすい湯たんぽになります。

動物病院でお願いすれば分けてもらえることもありますので、必要があれば一度かかりつけの先生に相談してみて下さい。

湯たんぽを使う時の注意点

湯たんぽはストーブなどに比べると比較的安全性は高い物にはなりますが、使用には以下のような注意が必要です。

やけどに注意

容器が高温になる湯たんぽでは、犬がやけどをしてしまうことがあります。

やけどさせないようにするためには、湯たんぽの温度を実際に触って確認しておくとともに、熱いと感じる場合にはタオルなどを巻いて使うなどの工夫が必要になります。

かじってしまわないよう注意

プラスチック製やゴム製の湯たんぽは、犬がかじって穴が開いてしまうことがあります。

また、電気湯たんぽをかじって感電してしまったり、湯たんぽの中身の有害な液体を飲み込んでしまう可能性もあります。

犬の性格をしっかり見極め、かじってしまいそうな犬の場合には、陶器や金属などかじっても大丈夫な素材の湯たんぽを使うようにしてください。

熱中症や脱水に注意

特に自由に動けない子犬や老犬では、湯たんぽで温かくなりすぎて熱中症を引き起こしてしまうこともあります。

また体温が上がり過ぎて脱水してしまうこともあります。

子犬や高齢犬では、湯たんぽの温度に気を付けるとともに、犬が高温から逃げられる場所を必ず確保しておくようにしてください。

湯たんぽの代替品

湯たんぽ以外にも体を保温するために使えるアイテムはいくつかあります。

ペットヒーター

湯たんぽよりも長時間保温でき、広い範囲で使えるのがペットヒーターです。

ペットヒーターをケージの中で使う場合には、暖かい場所とそうでない場所を作って、熱中症にならないように注意が必要です。

また、電気コードをかじって感電してしまわないように気を付けましょう。

散歩の時や寒い部屋の中では、服を着せることでもある程度体温を保ってあげることができます。

特に風の強い寒い日に短毛種の小型犬の散歩をさせる場合には、服による保温も大切になります。

毛布

床暖房のないフローリングの床は、冬場には非常に冷たくなるので、犬がその上に寝ていると体温が奪われてしまいます。

そのため、犬の寝床の下に毛布などの断熱効果のあるものを引くことで、体温の低下を防ぐことができます。

また隙間風が入らないようにしたり、寝床に毛布を敷き詰めるなどといったことも寒さ対策には非常に有効です。

まとめ

犬も人と同じく寒い冬には暖かくしてもらえると快適に過ごすことができます。

そんな時には、経済的に使える湯たんぽはとってもおすすめです。

この記事を参考に、愛犬に合う湯たんぽを選んで快適な冬を過ごさせてあげてくださいね!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。