犬にセロリは与えても良い?そのメリットと注意点について【獣医師が解説】

人でも好き嫌いがはっきり分かれる食材、セロリ。

独特のにおいがするため、犬は嫌うのではないかと思いますが、意外に「うちの犬はセロリが好きで」という飼い主さんもいるようです。

人が食べる野菜の中には、玉ねぎのように犬には良くない食材もあります。

では癖の強いセロリは犬にとって有害なのでしょうか、無害なのでしょうか?また、食べさせるときの注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?

今回は、犬にセロリを与えるメリットや注意点について考えてみましょう。

 

セロリとはどういう食べ物か

セロリは健康に良いというイメージを持つ人は多いと思います。犬にセロリを食べさせる前に、まず、セロリがどういった食べ物なのか知っておいてください。

セロリに含まれる栄養成分

セロリは、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている野菜です。セロリに特に多いのは、以下のような成分です。

  • カリウム
  • ビタミンC・E・K
  • 食物繊維
  • アピイン(ポリフェノール)
  • フラボン(フラボノイド)

セロリを食べさせるメリット

セロリには、各種ビタミンやアピイン・フラボンなどの抗酸化物質が多く含まれています。

抗酸化物質は体の老化の原因である活性酸素の働きを抑える効果があると言われており、抗酸化物質を多く含むセロリを食べることで、内臓の老化やがんなどを予防する効果が期待されます。

またセロリに含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などによって、免疫力の向上や体調改善の効果があるとも考えられています。

また、セロリに多く含まれるカリウムには利尿作用があるため、高血圧の予防になる可能性もあります。

セロリを食べさせるデメリット

セロリはそれほど消化のいい食材ではありません。そのため、セロリをたくさん食べすぎることで、便が緩くなることがあります。

また、セロリに豊富に含まれるカリウムは、腎臓病やある種のホルモンの病気を持っている犬にとって有害になることがあります。

特に高齢犬や体の弱い犬では、セロリを食べさせる前にそういった病気がないかどうか調べてもらっておく方がいいでしょう。

 

セロリを食べさせる時の注意点

セロリを食べさせるときには以下のような注意点を守りましょう。

食べさせる量

犬が食べていいセロリの量は決まりはありませんが、あまりたくさん食べさせるのは良くはありません。

特に食べさせ始めは消化不良を起こすこともあるので、少量ずつ食べさせながら便が緩くならないように見ておいてください。

与えるセロリの部位

セロリは茎でも葉でも食べて問題はありません。

ただし、茎の部分のスジは消化できませんので、必ずスジを必ず取るか、細かく切り刻んで与えるようにしてください。

セロリのスジはゆでても消化が良くならないので、ゆでる場合にもスジの処理だけはしっかりしておきましょう。

茎は、始めは数㎜程度から与え始め、増やしても3~5㎝程度にしてくことをおすすめします。

セロリの葉っぱも栄養価が高く、食べさせるのにおすすめの部位です。

葉には茎のようなすじはありませんが、やはり少し細かくして与えてあげた方がいいでしょう。

セロリの葉っぱを犬に与える場合には、2~3枚程度までにしておいて下さい。

犬がセロリを食べた後の確認

初めてセロリを食べさせる場合には、消化不良による下痢や嘔吐などが起こる可能性があります。

食べて24時間の間は下痢や嘔吐が出ないかどうかを確かめてください。

もしそういった問題が起こる場合には、お家の犬はセロリが合わない体質である可能性が高いので、セロリを与えないようにしておいた方がいいでしょう。

下痢や嘔吐が出て来ない場合には、徐々に量を増やし低って問題ありません。

ただし、下痢や嘔吐が出なくても食欲不振や体調で変わったことがないかどうかもしっかり見ておいてくださいね。

 

セロリは犬に必要な食材?

では、セロリを犬に食べさせる必要はあるのでしょうか?

わざわざ食べる必要はない

セロリにはいくつかの健康増進効果が期待されてはいるものの、セロリを食べないといけないということはありません。

パッケージに「総合栄養食」と書いてあるドッグフードには犬に必要な栄養素がすべて含まれています。そのため、セロリをわざわざ犬に食べさせる必要はありません。

食べさせる場合には注意点をしっかり守る

セロリを食べさせる場合には、上に書いた注意点をしっかり守るようにしましょう。

もしお家の犬が何か病気の治療中である場合には、必ず獣医師に相談してからセロリを与えるようにしてください。

 

まとめ

セロリは犬に与えてもいい食材で、人と同じく、犬に与えることでいくつか健康に良い効果は期待されています。

そのため、少量であればご飯やおやつに混ぜて与えてあげることはできます。

ただし、消化不良を含め、セロリを与える際にはいくつかの注意点があります。

セロリを愛犬に与える場合には、この記事を参考にしつつ、かかりつけの獣医さんとも相談しながら与えるようにしてくださいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。