猫と仲良く暮らすために知るべきこと。猫の「怒りの感情」とは?

猫は表情筋があまり発達していないため、顔の表情からは感情が読み取りにくい動物です。

知らない間に怒らせてしまい、引っ掻かれて痛い目にあうこともしばしば。でも、猫だって怒るのはストレスですし、できれば平穏にしていたいはず。

猫も人もハッピーに暮らすためには、飼い主さんが「怒りのサイン」をきちんと察し、適切に回避・対処してあげることが大切です。

今回は、猫が怒ったときの行動や仕草、その対処方法についてお話します。

 

猫が「怒る」とは?

「怒り」とは、危険を感じた時に生じる、不快を表す動物の原始的な感情で、主に威嚇や攻撃行動として現れます。

威嚇行動

攻撃行動の前に、攻撃自体をできるだけ避けるために行う行動です。

「シャーッ」とか「フーッ」と、勢いよく息を吐くような音をたてたり、低い声で「ウーッ」や「ウーウーウー」と唸ったりして、自分が不快に感じていることを相手に知らしめ、遠ざけようとする行動です。

攻撃行動

威嚇だけで治まらなかった場合、猫は攻撃行動へと転じます。攻撃行動は猫パンチや猫キック、引っ掻きや噛みつきとして現れます。

そのターゲットは、不快に感じた直接の相手だけでなく、ときに「八つ当たり」的に、周りの人や同居猫がなることもあります。

その他

威嚇や攻撃行動の他に、マーキングや粗相という形で怒りを表す猫もいます。

単に「おもらし」と片づけず、ストレスがないか飼育環境を見直すようにしてください。

 

どんな理由で猫は怒る?

猫が怒る理由はさまざまありますが、その中には人には理解しがたいものも。

それも含めて猫が怒る原因を知っておけば、猫を不要に怒らせないですむはずです。

ここでは主に人が猫を怒らせる原因と猫自身に問題がある場合についてご紹介します。

テリトリーを侵された

猫はもともと単独で生活しているため、縄張り意識が強い動物です。

飼い猫は野良猫に比べればそれほどではありませんが、見知らぬ人や動物がテリトリーである家に入ってきたり、飼い主さんでも猫が1人になりたいと感じている時に近づいたりすると、怒ることがあります。

嫌なことをされた・怖い思いをした

日常生活で、猫にとって「嫌なこと」「怖いこと」とは、次のようなことが考えられますが、性格にもよりますので、愛猫がどんなことを嫌と感じ、怖いと感じるかを知っておくようにしましょう。

  • 体の嫌な部分、例えばお腹や手足の先、しっぽに触られる
  • 爪切り
  • 入浴
  • ブラッシング
  • 遊んでいたおもちゃを取られる
  • 掃除機などの大きな音がする、大声を出される
  • 病院に行く
  • 投薬される

しつこく構われる

嫌なこと、怖いことはもちろん、本来は好きなことでも、猫自身がもう十分と感じているのにしつこくしていると、怒り出すことがあります。

不機嫌なサインに気づかず抱っこをし続けたり、おもちゃでしつこくかまったり、後で述べますが、撫で続けたりしていると「もういいって言ってるでしょ!」と怒られます。

怒ったら逃れられると学習してしまった

嫌なことをされた時に、怒ってみたらうまく逃れられたという体験があると、猫はその後も同じように行動すればよいと学習してしまうことがあります。

例えば、爪切りしようと飼い主さんがちょっと手を出しただけで、噛みついたり引っかいたりするようになってしまいます。

体のどこかが痛い、体調が悪い

どこか体が痛かったり、具合が悪いと、それを悟られないように、または触られないように「近づかないで!」と怒ることがあります。

また、妊娠中や子育て中のメス猫はより神経質になります。

愛撫誘発性攻撃行動

全ての猫がするわけではありませんが、撫でられ続けると突然怒り出して威嚇したり攻撃することがあり、愛撫誘発性行動といいます。

原因は、「もうやめて欲しい」という合図や「触り方が気に入らない」などが考えられますが、はっきりとはわかっていません。

 

威嚇される前のサインに気づくことが大切

威嚇だけなら被害はほとんどありませんが、引っ掻かれたり噛みつかれたりした場合、悪くすると感染症にかかって病院での手当てが必要なこともあります。

そしてなにより猫にとっても強いストレスとなります。

猫は、実は威嚇を行う前にも「怒ってるんだけど?」というサインをたくさん発しています。

そのサインを人が見逃さず、気づいてあげることが飼い主さんと猫との良いコミュニケーションをつくるうえで大事なことです。

 

猫の「怒ってるよサイン」とは?

いわゆるフー、シャーといった、人にとってわかりやすい、声による威嚇や攻撃行動の前に(もしくは同時に)、体で表している「怒りのサイン」があります。

これに気づくことができれば、怒らせることは少なくなるでしょう。多くの場合、複数のサインが同時に現れます。

耳を伏せ、いわゆる「イカ耳」になる

猫は怒ると、耳を真後ろ、真横に向けて伏せます。その様子から「イカ耳」と呼ばれることも。

しっぽをバンバンする

しっぽをゆらゆらゆっくり振るのではなく、素早く床に打ち付け、「バンバン」と振っているのは、怒ってイライラしていることを表しています。

目つきがきつくなる

猫は怒ると目つきが鋭くなって(人のように細くなるわけではなく、どちらかというと見開く感じです)、瞳孔が丸く開きます。

毛が逆立つ

怒りの度合いが大きくなると猫の毛は逆立ってきます。

特に背中が逆立ち、しっぽは倍くらいに膨らみます(多くは威嚇行動とともに見られます)。

猫が怒っている時はどう対処する?

怒った猫への対処法の基本は、「何もせず放っておく」ことです。

1.していることを中断する

猫が怒ってるなと感じたら、今していることをすぐに中断しましょう。

2.目を合わせない

目を合わせてじっと見つめることは、猫にとってはケンカを売られているのと同じです。機嫌が悪い時に目を合わせるのは禁物です。

3.無関心を装う

次に、そっと猫から離れ、姿を確認したりもせず、猫にはもう興味がないそぶりを見せましょう。

4.落ち着くまで放っておく

怒っているからといって、なだめるためにさらに構うことは、猫には逆効果です。気分が落ち着くまで放っておきましょう。

5.猫の気分を落ち着かせるグッズを使う

新しい猫が来た、引っ越しで環境が変わるなど、猫の怒りがずっと続くようなストレス要因がある場合は、猫の気分を落ち着かせる市販スプレーを使うのも1つの手段です。

このスプレーには、フェイシャルフェロモンという猫の顔周りから分泌されるフェロモンを科学的に合成した成分が含まれています。

フェイシャルフェロモンは別名安心フェロモンとも言って、猫を落ち着かせる効果があるとされ、不機嫌でイライラした気持ちを静めてくれます。

スプレーだけでなく、電気を使う拡散器もあります。効果の度合いは猫にもよりますが、試す価値はあります。

6.攻撃行動がやまない場合

威嚇だけならまだしも、噛みついたり引っかいたりする行動があまりにも激しくなってしまい、飼い主さんとの信頼関係が壊れてしまった場合は、専門的な治療が必要になりますので、獣医師に相談しましょう。

怒りを助長する要因

猫をさらに怒らせてしまう、または怒りっぽい猫にしてしまう、飼い主さんの行動、育て方があります。

猫を強く叱る

猫は叱ってしつける動物ではありません。

単独生活で暮らしてきた猫は、そもそも誰かに従うという概念を持たないため、人が叱っても意味がよくわからないからです。

悪くすると、猫にとっては恐怖体験になってしまい、信頼関係を損なう原因にも。

そのため、猫が怒った時に叱ってしまうと、恐怖心から怒りを助長し、反撃されて飼い主さんもケガを負うことが。

猫が恐怖心をいだくほど大声で叱ってはいけません。ましてや体罰などはもってのほかです。

猫をなだめようと優しくする

これはやりがちな行動ですが、怒りをなだめようと優しくしてしまうと、怒ったら優しくしてもらえる、または褒めてもらえると勘違いされてしまいます。

間違っても、機嫌をなおしてもらうことを目的に、おやつを与えてはいけません。怒っても良いと教えているようなものなのです。

子猫の時の社会化不足

子猫の時期、特に生後1~2か月のときに、いろいろな人や他の猫、他の動物と触れ合う経験が少なかったり、周囲からの刺激が極端に少ない環境で育った猫は、とても臆病になり、恐怖心から怒りっぽい性格になりやすいとされています。

成猫になってからこの性格を直すことは難しいため(改善されることもありますが)、子猫の時からできるだけいろいろな人や猫と関りを持たせてあげるようにしましょう。

怒っても「しなければならないこと」はどうする?

抱っこやナデナデは途中でやめても問題はありませんが、爪切りやブラッシング、特に投薬といった、「しなくてはならないこと」はどうすればよいでしょう。

先にも述べましたが、怒ったからといってやめてしまうと、猫は怒ればいいんだと学習してしまって、どんどん扱いづらくなってしまうからです。

このような場合は、猫がこれなら我慢できるという方法をいろいろ試し、とにかくできるだけ短時間で済ませてしまうことが大切です。

例えば投薬の場合、薬の形態(錠剤か散剤か)、投薬の方法(シリンジを使う、投薬器を使う、手で口に入れる、おやつにくるむ)を試して、飼い主さんがやりやすい方法、猫が受け入れやすい方法、一瞬で済む方法を考えるようにしましょう。

体調が悪い時、ケガをしている時の見極め

猫が怒っていると思って単に放置しているだけだと、病気やけがを見落としてしまうかもしれません。

猫は相手に弱みを見せることを嫌い、病気やけがを隠そうとします。

そのため、ふだんの様子をよく観察し、怒りっぽくなったなと感じると同時に、いつもより元気がない、食欲がない、1人でいたがるといった行動がみられたら、病気やケガを疑いましょう。

また、体をよく触ってみて、お腹や足など、特定の場所を嫌がって怒るようなら、痛みを強く感じている可能性が強いです。すぐに獣医師に診てもらうようにしてください。

まとめ

猫にとって幸せな暮らしとは、毎日が平穏に、同じように過ぎていくことです。

怒ることは猫にとっても大きなストレス。

好きで怒る猫はいません。できるだけ穏やかな日常を過ごしてもらい、飼い主さんと信頼関係を築くためにも、猫が怒らなければならない場面自体をつくらないよう、愛猫の性格や「怒りのスイッチ」をよく知っておくようにしましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。