2016年6月16日更新

これだけは守りたい!犬とドッグランを楽しむためのマナーと準備。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

愛犬とのコミュニケーションの方法を増やしたいと考えている飼い主の方は必見です。愛犬と一緒に公園に行った時に、無鉄砲に遊ばせているだけでは、一緒に遊んでいる感覚が無くなってしまいます。そこで、ドッグランをおすすめします。愛犬と一緒に運動しながらスキンシップができるので、是非お試しください。

 

ドッグランをする前の準備

ドッグランを楽しもうと考えたときに、必要になる準備があります。いきなりのドッグランデビューをさせることは飼い主の責任やマナーとして困難になるので、基本的な動作を教えることからはじめましょう。

基本動作をしつける

おすわり、待て、伏せ等の基本的な指示語を確実に行えるようにしましょう。ドッグランの施設では、指示に従わせることが最も重要になります。他の利用者の方に迷惑をかけないようにしっかりしつけを行いましょう。

公園に連れて行く

指示に従うようになったら、次のステップに移ります。指示に従うとはいっても、それはあくまでも室内の慣れた環境の中での話です。そこで、お外に慣れさせることが必要になります。

興奮状態にならないように慣れさせる

公園の中には、知らない人、知らない動物等がたくさんいます。そのような環境の中でも落ち着いて行動し、指示に従うことができるように慣れさせていきましょう。

リードを外さない

公園内では、リードを外した状態にしてしまうと、何が起こってもおかしくない状態になってしまいます。そうなってしまうと、他者に迷惑をかけてしまう怖れがあるばかりではなく、愛犬自身が怪我をしてしまう可能性が生じます。リードを繋いだ状態を維持しましょう。

 

ドッグランの施設に行く

ここまで自然に問題なくできるようになれば、ドッグランの施設に行っても問題なく楽しむことができます。マナーを守って正しく施設を利用しましょう。

ドッグランを行う際のマナー

愛犬が用を足してしまったときは、速やかに片付けるようにしましょう。そのまま放置してしまうと、細菌が繁殖してしまい、人に影響を及ぼす可能性があるので、確実に行ってください。加えて、発情期のメス犬を連れて行かない、愛犬から目を離さない、他の利用者や飼い犬に吠えたり噛み付いたりしそうな時は速やかに引き離して落ち着ける等を守るようにしてください。

まとめ

正しくマナーを守ってドッグランを楽しむことで、気持ちよく愛犬との時間を過ごすことができます。まずは正しいしつけを行い、基本的なマナーを理解することが重要です。施設のルールに従いながら、楽しい時間をお過ごしくださいね。