ドッグフード「愛情物語 ビーフ味」の原材料や選ぶ際の注意点は?

愛情物語 ビーフ味に使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

愛情物語 ビーフ味の原材料

愛情物語 ビーフ味は良質な天然素材を原材料に使用しており、厳選された動物性タンパク源が使用されているドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、確認してみましょう。

肉類

肉類にはフェザーミール(食鳥の羽毛が原材料で、タンパク源として使用される)やチキンミール、牛脂が使用されています。

一般的にミールというと、肉副産物や4Dミートなどが使用されているため、粗悪原材料として考えられることが多いです。

しかし、近年ではミールはミールでも新鮮な肉を使用しているミールも存在しており、ミールと名前がつくからと一概には粗悪原材料とは言い切れません。

ただ、愛情物語 ビーフ味の場合、「良質な天然素材を主に使用」や「厳選した動物性たん白質と穀類が主原料」という抽象的な記載しかないため、実際に安全で新鮮な原材料が使用されているかは不明です。

魚類

魚類として、精製魚油やフィッシュエキスが使用されています。

肉類と同様に、原材料の安全性が不明なため、犬の健康に害を及ぼすものではないか不安が残ります。

公式サイトにある記載が事実であれば、安全性に関して心配はないといえるでしょう。

穀物

穀物が愛情物語 ビーフ味の主原料で、とうもろこしやコーングルテンフィードや小麦ふすま、米糠、脱脂米糠、小麦粉が使用されています。

犬は本来、肉食であるため、穀物の消化は得意ではありません。

そのため、穀物の消化には、消化器官への負担が予想されます。

さらに、とうもろこしや小麦などによるアレルギー症状が引き起こされる可能性もあるため、穀物を主原料とすることは犬の健康維持にとって良いこととはいえないでしょう。

添加物

添加物は原材料を見る限りでは記載がありません。

公式サイトには、無着色や天然素材を主に使用している旨が記載されています。

乾燥カモミールや乾燥ローズマリーが原材料に使用されているため、酸化防止剤の役割を担っている可能性もあります。

その他

その他の原材料として気になるのは、食塩が添加されている点です。

新鮮な動物性タンパク源が使用されていれば、あえて食塩を添加する必要がないため、嗜好性を目的として食塩が添加されていることが考えられます。

場合によっては塩分の摂りすぎの可能性もあるため、塩分制限がある犬の場合は注意が必要です。

 

愛情物語 ビーフ味に含まれる栄養の割合

愛情物語 ビーフ味の原材料を見てきましたが、実際に含まれている栄養の割合はどのようになっているのでしょうか。

  • エネルギー 305kcal/100g
  • 粗タンパク質 18.0%以上
  • 粗脂肪 5.5%以上
  • 粗繊維(※1) 5.5%以下
  • 粗灰分(※2) 7.5%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質・脂質低め

一般的なドッグフードと比べると、エネルギーがやや抑えめで、タンパク質や脂質が低めであることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上、脂質が成犬で5.5%以上であることから、AAFCOの最低基準をギリギリ満たしているということが分かります。

タンパク質や脂質が低い理由として、動物性タンパク源ではなく、穀物が主原料であることが考えられます。

つまり、愛情物語 ビーフ味の原材料の多くを穀物が占めているということなのです。

 

愛情物語 ビーフ味の生産国

愛情物語 ビーフ味を生産している国は日本です。上記でもご紹介した通り、原材料や栄養の割合など、日本で販売するにあたって、ドッグフードの基準は満たされています。

しかし、日本は海外の動物愛護先進国と比較すると、ヒューマングレードが徹底されていない、犬の食性が反映されていないなど基準が低いことが分かります。

そのため、日本でのドッグフードの基準を満たしているからといって、必ずしも犬の健康維持にとって良いドッグフードとはいえません。

例えば、オーストラリアやニュージーランドなどでは、ドッグフードの原材料はヒューマングレードであることが義務付けられています。

さらに、使用している原材料すべてにトレーサビリティシステムによって追跡することが可能です。

 

愛情物語 ビーフ味を選ぶ際の注意点

愛情物語 ビーフ味を選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。1つ目は、原材料の安全性に不安が残る点です。

使用する原材料にこだわりを持っていたり、品質の高い新鮮な原材料しか使用していないドッグフードメーカーの場合、その点がアピールポイントとなるため、公式サイトにも原材料の安全性や管理システムが詳細に記載されている場合が多いです。

しかし、愛情物語 ビーフ味の場合、公式サイトにはISO9001を取得している点しか記載されておらず、食の安全という点では不安が残ります。

2つ目は、栄養の割合がAAFCOの最低基準をギリギリ満たしているという点です。

ギリギリでも満たしているという点では問題はありませんが、運動量が多い犬やケガ・病気などで高栄養が必要な犬の場合、栄養不足となる可能性が考えられます。

まとめ

愛情物語 ビーフ味は上記の注意点でも挙げた通り、原材料と栄養の割合の点から考えると、あまりおすすめできません。

どうしても愛情物語 ビーフ味を愛犬に与えたいという場合は、かかりつけの獣医さんやペット栄養管理士など専門家に相談してみると良いでしょう。

また、与える際も、少量ずつ与え、愛犬の体調や様子に異変がないか確認することをおすすめします。

関連記事