ドッグフード「愛犬元気 ゲインズパックン」の原材料や選ぶ際の注意点は?

愛犬元気 ゲインズパックンに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

愛犬元気 ゲインズパックンの原材料

愛犬元気 ゲインズパックンはユニ・チャームペットが製造・販売しているドッグフードで、食べやすさを上げるためにやわらかくふっくらと仕上げています。

また、犬の健康維持のために欠かせないビタミンやミネラルをバランスよく調整しています。

まずは、実際にどのような原材料が使用されているのか、愛犬元気 ゲインズパックンの全成長段階用 ビーフ・緑黄色野菜・小魚・チーズ入りを例に確認してみましょう。

肉類

肉類にはチキンミールやチキンエキス、ビーフミール、ポークミールが使用されています。

愛犬元気 ゲインズパックンに使用されている原材料はすべて受け入れ時点で安全性の検査が行われているため、安全な食品が使用されているといえるでしょう。

魚類

魚類には乾燥小魚が使用されています。

小魚にはカルシウムといったミネラルが豊富に含まれているため、犬の健康維持に欠かせない栄養素の摂取に適した食品といえるでしょう。

穀物

穀物は愛犬元気 ゲインズパックンの主原料に使用されており、内訳としてはパン粉やトウモロコシ、小麦粉が記載されています。

パン粉が原材料の一番最初に来ていることから、主原料はパン粉だといえるでしょう。

犬は本来、肉食であり、穀物の消化は苦手な動物です。そのため、犬によっては消化不良やアレルギー症状が引き起こされる可能性があります。

添加物

添加物には保存料にソルビン酸K、着色料には二酸化チタンや赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号といった人工的な添加物が使用されています。

また、プロピレングリコールやグリセリン、乳化剤の記載があります。

プロピレングリコールは、製品の保湿剤や乳化剤、防カビ剤として活用されることが多く、医薬品などにも使用されていることから、一見安全性が高いと思ってしまいがちです。

しかし、添加物に過敏な犬やアレルギーが心配される犬の場合、健康への悪影響はないとは言い切れません。

グリセリンは植物由来と石油由来のものがあり、どちらかは記載がありません。酸化防止剤においては、ミックストコフェロールやハーブエキスが使用されています。

その他

その他の原材料として気になるのは、糖類のブドウ糖果糖液糖やチーズパウダー、ナトリウムが使用されている点です。

ブドウ糖は犬のエネルギー源として貴重な栄養素ですが、新鮮な動物性タンパク源が使用されていれば、あえて付加する必要はないといえます。

また、チーズパウダーやナトリウムは嗜好性を高める目的で使用されている可能性が高く、塩分の摂りすぎが心配されます。

 

愛犬元気 ゲインズパックンに含まれる栄養の割合

次に、愛犬元気 ゲインズパックンに含まれる栄養の割合について見ていきましょう。

  • エネルギー 290kcal/100g
  • 粗タンパク質 20.0%以上
  • 粗脂肪 7.0%以上
  • 粗繊維(※1) 3.0%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 30.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・脂質やや低め

タンパク質が20.0%であるのに対し、エネルギーは290kcal、脂質が7.0%以上となっており、一般的なドッグフードと比較すると、エネルギーと脂質は低めに設定されていることが分かります。

その理由として、肉類にミールが使用されていることが挙げられます。ミールは製造過程で栄養が凝縮されるため、100g中に含まれるタンパク質量が高まります。

その一方で脂肪が除かれるため、脂質の割合が低くなり、結果としてエネルギーも低くなっていることが考えられます。

ただ、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準はクリアしているため、栄養的には心配はないでしょう。

水分含有量高め

通常のドライフードの場合、水分含有量は10%以下と定められています。

しかし、愛犬元気 ゲインズパックンの場合、やわらかく、ふんわりと仕上げ、食べやすさにこだわっているため、水分含有量が一般のドライフードよりも高いのです。

愛犬元気 ゲインズパックンは水分含有量が30.0%以下であるため、ドッグフードの分類としては、ソフトドライもしくはセミモイストに分類されます。

 

愛犬元気 ゲインズパックンの生産国

愛犬元気 ゲインズパックンの生産している国は日本です。

製造は、品質の国際規格であるISO9001と環境の国際規格であるISO14001を取得した伊丹工場(大阪府)や三重工場(三重県)で行われています。

ペットフード安全法に定められている規格や基準値を遵守しており、安全性に問題ないかどうかの検査が徹底されているようです。

ただ、日本におけるドッグフードに関する規制は、オーストラリアやニュージーランドなどの動物愛護先進国と比較すると、ヒューマングレードの原材料が徹底されていない、粗悪なドッグフードの製造者や販売者への取り締まりが緩いというように、改善の余地が多々あるといわれています。

そのため、国内の規格や基準に合っているからといって、必ずしも犬の健康にとって安全だとは言い切れないのです。

 

愛犬元気 ゲインズパックンを選ぶ際の注意点

愛犬元気 ゲインズパックンを選ぶ際の注意点は、使用されている原材料です。

主原料が穀物である、添加物が多く使用されているため、犬の消化器官への負担やアレルギーなどの影響が心配されます。

元々、お腹が弱い犬やアレルギー体質がある犬の場合、獣医さんに相談した上で選ぶことをおすすめします。

まとめ

愛犬元気 ゲインズパックンは、原材料で犬に害を及ぼしかねない食品が多数使用されていることから、おすすめできません。

愛犬の健康維持を考えるのなら、無添加で新鮮な肉や魚がたっぷり使用されているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

愛犬に与える場合は、上記の注意点を理解しておきましょう。

関連記事