ドッグフード「いぬのしあわせ」の原材料や選ぶ際の注意点は?

いぬのしあわせに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

いぬのしあわせの原材料

いぬのしあわせは、大手製粉メーカーの日清製粉グループの傘下にある日清ペットフードによって製造・販売されているドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、いぬのしあわせの1歳からの成犬用を例に、ご説明します。

肉類

肉類には、ミートミールやチキンミール、チキンレバーパウダーが使用されています。

一般的に〇〇ミールというと、粗悪原材料のイメージを抱く人も多いかと思いますが、いぬのしあわせの場合、食品と同様の原材料の安全性審査が行われているため、いぬのしあわせで使用されている原材料は安全性が高い食品だといえるでしょう。

魚類

魚類にはフィッシュミールや魚肉抽出物が使用されています。

タンパク源が肉類と魚類の原材料が使用されている点から、単一タンパク源によるアレルギーが引き起こされる可能性は低いといえるでしょう。

穀物

穀物はいぬのしあわせの主原料で、その内訳には小麦粉やホミニーフィード、とうもろこし、コーングルテンミール、脱脂米糠が使用されています。

穀物には豊富な栄養が含まれている食品も多いのですが、穀物自体の消化は犬の消化器官に負担をかけるため、主原料として穀物が使用されている点は不安が残ります。

また、小麦粉やとうもろこしはアレルギー症状を引き起こすアレルゲンとしても知られているため、アレルギーが心配な犬にはおすすめできません。

添加物

添加物として、原材料に記載があるのは香料、酸化防止剤にはローズマリー抽出物が使用されています。

また、着色料は使用していないことが記載されています。

香料にどのような成分が使用されているのかは不明です。

添加物は長期間摂取し続けることで、犬の健康を害する可能性もあるため、なるべくなら無添加のドッグフードを選ぶことをおすすめします。

その他

その他の原材料として気になるのは、動物性油脂やビートパルプ、ナトリウムです。

動物性油脂がどのような動物から採取されたものなのか、安全性が高いものなのか不安が残ります。

ビートパルプは製造工程で薬品が残留する可能性がある点と健康のバロメーターであるウンチを固める作用がある点から、犬の健康を害する可能性が考えられます。

また、新鮮なタンパク源を使用しているドッグフードの場合、嗜好性を高めるために、ナトリウムを添加する必要はありません。

 

いぬのしあわせに含まれる栄養の割合

原材料の安全性が高いことは分かりましたが、愛犬に合った品質の高いドッグフードを選ぶためには、原材料以外にも栄養の割合を確認しておく必要があります。

では、いぬのしあわせに含まれる栄養の割合について、ご説明します。

  • エネルギー 340kcal/100g
  • 粗タンパク質 20.0%以上
  • 粗脂肪 10.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 8.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質・脂質は平均的

一般的なドッグフードと比較しても、エネルギーやタンパク質、脂質は平均的な数値であるといえるでしょう。

ドッグフードの栄養基準となっているAAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準もクリアしています。

タンパク質の最低基準は成犬で18.0%以上、脂質は成犬で5.5%以上であることからも充分に満たされていることに納得できます。

ただ、気になるのは、原材料のタンパク源がミールであるのにもかかわらず、エネルギーやタンパク質、脂質がそこまで高くないという点です。

通常であれば、製造過程で栄養が凝縮されているミールを使用する場合、エネルギーやタンパク質、脂質が高くなりがちです。

その点、いぬのしあわせはすべて平均的な数値であることから、穀物の占める割合が非常に多いということが分かります。

 

いぬのしあわせの生産国

いぬのしあわせを生産している国は日本で、品質の国際規格であるISO9001や環境の国際規格であるISO14001を取得している神奈川の鶴見工場で製造されています。

国内製造のメリットは、輸送コストがかからない点や長期間の輸送が必要ない点です。

これにより、海外産と国内産の同品質のドッグフードの価格を比較すると、輸送コストがかからない分、国内産の方が安くなる傾向にあります。

また、製造から販売先までの輸送期間も短くなるため、品質が高いまま購入することが可能です。

 

いぬのしあわせを選ぶ際の注意点

いぬのしあわせを選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。

1つ目は、主原料が穀物である点です。犬は本来、肉食であり、穀物の消化に必要な消化酵素がありません。

そのため、穀物の消化の際、犬の消化器官に大きな負担がかかってしまいます。

犬によっては、消化不良やアレルギー症状が引き起こされる可能性もあるので、注意が必要です。

2つ目は、栄養の割合が平均的な数値である点です。

一見、一般的なドッグフードと同じでAAFCOが定める最低基準をクリアしているなら問題なさそうに思う方も多いことでしょう。

しかし、普段から運動量が多い犬やケガや病気などで高栄養を必要なする犬の場合、栄養不足となる可能性もあることを理解しておきましょう。

まとめ

いぬのしあわせは原材料の安全性の審査が徹底されており、栄養の割合もAAFCOの最低基準を満たしていることから、基本的には品質の高いドッグフードといえるでしょう。

ただ、上記の注意点でも挙げた通り、主原料が穀物である点や消費カロリーが多い犬によっては不安が残ります。

これらのことを理解した上で、愛犬に与えるかどうかを選ぶようにしましょう。

関連記事