ドッグフード「愛犬元気」の原材料や選ぶ際の注意点は?

愛犬元気に使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

愛犬元気の原材料

愛犬元気はユニ・チャームペットが販売するドッグフードで、犬の健康維持のために品質に配慮し、安全なドッグフードを作るために様々な工夫が行われています。

実施にどのような原材料が使用されているのか、全成長段階用のビーフ・緑黄色野菜・小魚入りを例に確認しましょう。

肉類

肉類にはチキンミールやチキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダーなどが使用されています。

一般的にはチキンミールというと、粗悪原材料として知られていますが、愛犬元気の場合、原材料や製造工程の管理はもちろんのこと、原材料の受け入れ検査や製品の検査が徹底され、科学的に安全であることを基準にしていることから、チキンミールの品質は安全なものだと考えることができます。

魚類

魚類にはフィッシュミールや乾燥小魚が使用されています。

肉類と同様に、使用する原材料の安全性に配慮しているため、フィッシュミールの原料も安全だと考えることができます。

動物性タンパク源が肉類だけに偏ることなく、魚類も使用することで、単一タンパク源によるアレルギーのリスクを抑えることが可能である点から考えても、バランスが取れているといえるでしょう。

穀物

ただ、主原料となる穀物にはトウモロコシや小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィードなどが使用されています。

犬は本来、肉食であるため、穀物の消化は犬の消化器官への負担が大きく、犬によっては消化不良やアレルギー症状が引き起こされる可能性があります。

添加物

添加物には、着色料が使用されており、原材料には赤色102号や赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号の記載があります。

酸化防止剤にはミックストコフェロールやハーブエキスが使用されています。愛犬元気は安全性に配慮して製造されている点やペットフード安全法の規格や基準を遵守していることから、犬の健康を害さない最低限の量が使用されていることが考えられます。

その他

その他の原材料として気になるのは、野菜類に含まれているビートパルプやチーズパウダー、ナトリウムです。

ビートパルプは製造工程で残留薬品が検出されることもあり、摂取することで犬の健康を害する恐れがあります。

また、チーズパウダーやナトリウムは、塩分の過剰摂取につながる可能性もあり、ドッグフードに好ましい原材料とはいえません。

一方、胃腸の働きを良くすると考えられているビール酵母や骨や筋肉の形成に必要なカルシウムが摂取できるミルクカルシウムが使用されています。

 

愛犬元気に含まれる栄養の割合

次に、愛犬元気に含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 360kcal/100g
  • 粗タンパク質 23.0%以上
  • 粗脂肪 10.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.5%以下
  • 粗灰分(※2) 8.5%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・タンパク質高め

一般的なドッグフードと比較すると、愛犬元気のエネルギーは高めに設定されています。

また、AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質が成犬で18.0%以上であることから、タンパク質の割合もやや高めであることに納得できます。

その理由として、チキンミールやビーフパウダー、フィッシュミールといった製造過程で栄養が凝縮されている原材料を使用していることが挙げられます。

タンパク質の割合が多いことで、エネルギーも高くなっていることが考えられます。

脂質抑えめ

エネルギーやタンパク質が高めに設定されている一方で、脂質は非常に抑えられていることが分かります。

AAFCOが定める脂質は、成犬で5.5%以上であることから、抑えめでありながらも、充分に満たされていることに納得できます。

脂質が抑えられている理由として、脂質が比較的少ないササミパウダーや乾燥小魚を使用していることが考えられます。

 

愛犬元気の生産国

愛犬元気を生産している国は日本です。原産国として日本の表記があるということは、日本国内で製造された証です。

仮に、海外で生産されて日本でパッケージングした場合では、原産国は日本とはならないため、正真正銘国内産のドッグフードということができるでしょう。

ドッグフードを生産している工場は、大阪の伊丹工場と三重の三重工場の2ヶ所で、どちらの工場も国際規格の品質の証であるISO9001や環境の国際規格であるISO14001を取得しています。

 

愛犬元気を選ぶ際の注意点

愛犬元気を選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。1つ目は原料で、主原料が穀物である点や着色料が使用されている点です。

犬は本来、肉食のため、穀物の消化は苦手です。

お腹が弱い犬やアレルギーに不安のある犬の場合、注意が必要です。

着色料はペットフード安全法に則って使用されていることが考えられますが、添加物を長期間摂取し続けることは犬の健康維持にとって良いこととは言い切れません。

なるべくなら、無添加の新鮮な原材料を使用したドッグフードが好ましいといえます。

2つ目は、エネルギーが高いという点です。普段から運動量が少ない犬や老化によって代謝が落ちてきているシニア犬が摂取することで、肥満になる可能性があります。

まとめ

愛犬元気は使用している原材料にいくつかの不安は残りますが、安全性という点では品質が高いドッグフードといえます。

愛犬に愛犬元気を与える際は、上記の注意点を理解した上で、少量ずつ与え、愛犬の体調や様子を観察することをおすすめします。

関連記事