ドッグフード「JPスタイル 和の究み」の原材料や選ぶ際の注意点は?

JPスタイル 和の究みに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

JPスタイル 和の究みの原材料

JPスタイル 和の究みは、日清ペットフードで販売されているドッグフードで、日本で暮らす犬の健康維持や免疫力を保つために開発されたドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、1歳からの成犬用を例に、確認しましょう。

肉類

肉類には、チキンミールやビーフオイル、チキンレバーパウダーが使用されています。

中でも気になるのはチキンミールで、チキンミールというと、肉副産物や4Dミートといったものが使用されているケースもあり、一般的には粗悪原材料として挙げられています。

公式サイトでは、原材料の安全性の審査を徹底して行っていることから、JPスタイル 和の究みで使用されている原材料は安全性が高いといえるでしょう。

魚類

魚類には、フィッシュオイルや魚肉抽出物が使用されています。

肉類と同様に、魚肉抽出物にはどのような魚が使用されているのか不明ですが、安全性の審査が徹底されている点から、原材料の安全性は高いと考えることができます。

穀物

穀物では、主原料となる小麦全粒粉や中白糠、ホミニーフィード、脱脂米糠が使用されています。

主原料が穀物である点においては、穀物の消化が苦手な犬には消化器官への負担が心配されます。

ホミニーフィードとは、トウモロコシを挽いて作るコーングリッツやコーンフラワーの製造した際に出る副産物で、いわゆる外皮のぬかの部分で、デンプン以外にタンパク質や食物繊維、脂質が含まれています。

添加物

酸化防止剤にはローズマリー抽出物が使用されています。

その他には、人工的な添加物の記載がなく、パッケージには着色料や香料の不使用が記載されており、JPスタイル 和の究みは無添加のドッグフードといえるでしょう。

その他

その他の原材料として気になるのは、ビートパルプやナトリウムです。

ビートパルプは、製造過程で薬品が使用されるケースもあり、残留薬品によって犬の健康を害する心配があります。

ナトリウムが添加されていますが、通常フレッシュな動物性タンパク源を使用していれば、あえてナトリウムを付加する必要はないと考えられています。

その点、JPスタイル 和の究みではナトリウムが添加されていることから、嗜好性を高める目的で使用されていることが考えられます。

一方、オリゴ糖や有胞子性乳酸菌といった腸内環境を整える働きがある善玉菌の栄養になりやすいものが付加されている点では、犬の腸内環境に配慮したドッグフードといえるでしょう。

 

JPスタイル 和の究みに含まれる栄養の割合

次に、JPスタイル 和の究みに含まれる栄養の割合について、ご説明します。

  • エネルギー 360kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 14.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー・脂質が高め

一般的なドッグフードと比較しても、エネルギーや脂質が高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質は、成犬で5.5%以上であることからも、脂質が高めに設定されていることが分かります。

その理由のひとつとして、ビーフオイルやフィッシュオイル、チキンレバーパウダーなど脂質が豊富に含まれている食品が使用されていることが挙げられます。

タンパク質がやや高め

AAFCOが定めるタンパク質が成犬で18.0%以上であることから、JPスタイル 和の究みのタンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

その理由のひとつとして考えられるのは、チキンミールや脱脂大豆、ホミニーフィード、魚肉抽出物などが使用されていることが挙げられます。

とくに、チキンミールの場合、製造過程で栄養が凝縮されるため、原材料に使用するとタンパク質の割合が高くなる傾向にあるのです。

 

JPスタイル 和の究みの生産国

JPスタイル 和の究みを生産している国は、日本です。

大手製粉メーカーの日清製粉グループの傘下にある日清ペットフードによって製造されています。

知名度の高い大手企業で製造・販売されているドッグフードであることから、ドッグフードの品質も良いだろうと信頼してしまう人もいるかもしれませんが、安易に知名度だけで愛犬が口にするドッグフードを選ぶのは危険だといえます。

というのも、日本は海外の動物愛護先進国に比べ、ドッグフードの品質の基準が高くないからです。

一部の国では、ドッグフードに使用される原材料はすべてヒューマングレードであることを規制する法律が存在します。

その点、日本ではそこまで厳しい規制がないのです。

 

JPスタイル 和の究みを選ぶ際の注意点

JPスタイル 和の究みを選ぶ際の注意点をご説明します。注意点とは、穀物が主原料である点です。

穀物の消化は、犬にとって消化器官に負担がかかります。

犬によっては消化不良を起こしたり、小麦やトウモロコシなどによるアレルギー症状が引き起こされたりするリスクがあります。

そのため、お腹が弱い犬やアレルギーが心配される犬の場合は、注意が必要です。

まとめ

JPスタイル 和の究みは大手企業で製造されている点や栄養の割合が高い点から考えると、品質の高いドッグフードといえるでしょう。

また、原材料の安全性についても、国際規格の認証を受けた工場で製造され、原材料の安全性もしっかりと審査されている点も評価できるポイントです。

JPスタイル 和の究みを試してみたいという場合は、上記でご説明した注意点を理解した上で、JPスタイル 和の究みを選ぶかどうかを検討するようにしましょう。

関連記事