羊の第4の胃を加えたユニークなキャットフード【ニュートライプ】は猫にとって良いフードなの?

猫は獲物を捕まえると、まず内臓、特に胃から食べると言われています。

それは、草食動物の胃の中で消化された植物や穀物が、ビタミンや酵素の貴重な供給源になることを猫が本能的に知っているから。

そんな猫本来の食習慣を缶づめに詰め込んだのがニュージーランドの【ニュートライプ】。羊の第4の胃=トライプを使ったフードです。

一体、どんなフードなのでしょうか?そして、猫にとって良いフードなのでしょうか?

 

【ニュートライプ】にはどんな原材料が使われているの?

【ニュートライプ】は缶入りのウェットフード。

「サーモン&グリーントライプ」と「チキン&グリーントライプ」の2種類があります。

今回は、2種類両方の中身をチェックしてみました。

肉類

「サーモン&グリーントライプ」には、

  • サーモン(26.59%)
  • 鶏肉(26%)
  • オーシャンフィッシュ(25.89%)
  • グリーントライプ(17.80%)

が使われています。

「チキン&グリーントライプ」には、

  • チキンミート(78.48%)
  • グリーンラムトライプ(17.80%)

が使われています。

牛、羊、山羊、鹿などの動物は、繊維質の多い草や干し草から栄養分を吸収するため、4つの胃をもっていますが、【ニュートライプ】に使われているトライプは、羊の第4の胃です。

食べた草や干し草などは、まず、ほとんど噛まない状態で第1の胃と第2の胃に送られます。

この段階では、反すう(胃に入った食べ物を口に戻して唾液を混ぜ、また胃に戻すこと)を繰り返しながら、唾液や胃の中の微生物によって、第一段階の消化を行います。

3つの胃で消化された食物は最終的に第4の胃に送られ、胃液や消化酵素によってさらに消化されて、腸で栄養を吸収するのに適した状態になります。

【ニュートライプ】に使用されているのは、もっとも消化が進んだ第4の胃で、この胃を洗浄することなく、中身もそのまま原料として使用しているのが【ニュートライプ】の特徴です。

穀物

いずれのフードにも穀物は一切、使われていません。

添加物

合成保存料、合成着色料、香料などは一切使用していません。

 

【ニュートライプ】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

「サーモン&グリーントライプ」のたんぱく質の割合は8.50%、「チキン&グリーントライプ」は8.00%です。

ウェットフードは全体の7~8割が水分ですので、ドライフードに比べてパーセンテージは低くなりますが、この値はAAFCO(米国飼料検査官協会)のガイドラインをクリアしている総合栄養食です。

脂肪

脂肪の割合は「サーモン&グリーントライプ」「チキン&グリーントライプ」ともに5.00%です。

こちらもドライフードの割合と比較するとかなり低いように見えますが、ウェットフードとしてはAAFCOの基準をクリアしています。

 

【ニュートライプ】の生産国はどこ?

【ニュートライプ】はニュージーランドでニュージーランド産の原材料を使用して作られています。

ニュージーランドは気候が温暖なため、家畜はほとんどが放牧で育てられています。食べるエサも人間が作った飼料ではなく、自然の草などを食んで育っています。

【ニュートライプ】に使用されている肉類も、自然に近い形で放牧された鶏や羊ですし、サーモンも天然のものだけが使われています。

ニュージーランドにペットフードを規制する法律があるかどうかは不明ですが、少なくとも日本に輸入されているニュージーランド産のフードに関して言えば、原材料が安全で、猫本来の食習慣に則ったこだわりのフードが多いようです。

 

【ニュートライプ】の魅力は?

猫本来の食に一番近いフード

小動物を生のまま、まるごと食べる・・・これが猫本来の食の在り方です。

最近では完全肉食の猫のためにグレインフリーフードが流行りですが、草食動物が食べた未消化の植物を消化酵素と一緒に配合する【ニュートライプ】は、さらに一歩進んでいます。

【ニュートライプ】のトライプは漂泊せずにそのままの状態で使用しているため、酵素や必須アミノ酸もたっぷりです。

コエンザイムQ10 を配合

抗酸化力の強いコエンザイムQ10 を配合することで免疫力をアップさせ、血管、筋肉、関節など、さまざまな場所のトラブルを予防します。

【ニュートライプ】を与える際の注意点は?

独特の匂いがある

【ニュートライプ】に使われているグリーントライプには独特の匂いがあります。

本来は猫が好きな匂いのはずですが、生まれてから内臓を食べたことがない猫の場合、慣れない匂いに食べるのを躊躇することもあるかもしれません。

また、飼い主さんによっては独特の匂いに「何これ?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

【ニュートライプ】を購入する場合は、一般的なフードとは違う匂いがあることをあらかじめ理解しておいた方が良いでしょう。

初めての購入は1~2個にしておき、様子を見た方が良いかもしれません。

ロットによって匂いや色に違いがある

グリーントライプの主原料となる羊は、放牧されているため、季節によって食べるエサの種類が変わります。

そのため、ウェットフードの色や匂いが製造日やロットによって大きく変わることもあります。

特に色については緑っぽい色や茶色、ベージュなど、同じフードとは思えないほど色が変わることがありますが、品質に異常はありません。

猫本来の食習慣に近い!グリーントライプを使ったウェットフードは猫にとって◎

猫が小動物を捕食する際に、内臓から食べることに注目し、羊の第4の胃を原材料に組み込んだ【ニュートライプ】。

草食動物がもつ、消化酵素と草類を一緒に食べることで、植物の消化が苦手な猫でもビタミンやミネラルなどの栄養を吸収することができます。

猫の食習慣に関する研究が進んだことが感じられる猫向きのフードと言って良いでしょう。

匂いがあるので好き嫌いもあるかもしれませんが、猫にとって良いフードなのではないでしょうか。

関連記事