美味しいだけじゃない!歯磨きできる【PETKISS FOR CAT】は猫のために良いの?

大抵の猫は歯磨きが大嫌いです。

口の中に歯ブラシを入れようとすると大暴れする猫も!暴れる猫に恐れをなして、歯磨きをおろそかにしている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんな猫と飼い主さんのために作られたのが、LIONの歯磨きできるおやつ【PETKISS FOR CAT】。

美味しく食べながら、同時に歯のケアもできてしまう優れものです。便利なおやつですが、猫に与えても良いのか調べてみました。

 

【PETKISS】はどんな形状のおやつなの?

【PETKISS】には7種類のバリエーションがあります。

オーラルケア ササミジャーキー/ササミ&チーズ

角ばった、細長い棒状のおやつ。見た目はビーフジャーキーのようです。

オーラルケア ササミプチロール/おさかなプチロール

丸い小粒タイプ。繊維質の牛皮を嗜好性・弾力性のあるジャーキーで包んだおまんじゅうのような構造で、猫が長く噛めるように工夫されています。

オーラルケア にぼし

にぼしの形をしています。

オーラルケア カニ風味カマ/サーモンカマ

カニ風味カマは、見た目は削り節のよう。薄く、ペラッとした形です。サーモンカマは鶏肉を割いたような形です。

 

【PETKISS】にはどんな原材料が使われている?

【PETKISS】の主な原材料を調べてみました。

肉類

  • ササミジャーキー ・・・ 鶏ささみ、牛皮
  • ササミ&チーズ ・・・ 鶏ささみ、牛皮、チーズ
  • ササミプチロール ・・・ 鶏ささみ、牛皮
  • おさかなプチロール ・・・ 鶏ささみ、牛皮、鮭
  • にぼし ・・・ いわし
  • カニ風味カマ ・・・ 白身魚、かに
  • サーモンカマ ・・・ 魚肉すり身、鮭、鮭エキス

穀類

一部のおやつに米粉や小麦でんぷんが使われています。

 

【PETKISS】にはどんな添加物が使われている?

【PETKISS】に使われている添加物について、調べてみました。

フードやおやつの場合、ビタミンやミネラルも添加物です。ここでは主に酸化防止剤や保存料、着色料について取り上げます。

酸化防止剤・保存料

使用されている酸化防止剤は種類によって異なります。

主にエリソルビン酸Na、ソルビン酸Kのような合成酸化防止剤が使われていますが、ミックストトコフェノール、ローズマリー抽出液のような天然のものが使われているものもあります。

★ソルビン酸って大丈夫なの?

ソルビン酸は、亜硝酸Naと組み合わせて摂取するとDNAが損傷されると、最近の週刊新潮などでレポートされた成分です。

ただ、メーカー側は、DNAが損傷されたとする実験環境は通常、生物の体内では起こりにくいと反論しています。

ソルビン酸はカビや酵母を防ぐ添加物として人間の食品にも広く使われているのも事実です。

食品添加物については、さまざまな意見がありますが、なるべくなら添加物が少ない方が猫のためには良いでしょう。

その代り、添加物の少ない商品は、早めに食べきる、しっかり管理するなど、消費する側の管理も必要です。

着色料

着色料は天然のものを使用していることが多いようです。すべてではありませんが、コチニール、アナトー、紅麹などが使われているモノもあります。

ちなみに、7種類ある中で、添加物が一番少ないのは「にぼし」でした。

 

【PETKISS】の成分は?

【PETKISS】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。種類によって、たんぱく質や脂肪の割合にかなり差があるようです。

たんぱく質

  • ササミジャーキー ・・・ 32.0%以上
  • ササミ&チーズ ・・・ 39.0 %以上
  • ササミプチロール ・・・ 35.0%以上
  • おさかなプチロール ・・・ 35.0%以上
  • にぼし ・・・ 55.0%以上
  • カニ風味カマ ・・・ 16.0%以上
  • サーモンカマ ・・・ 16.0%以上

脂肪

  • ササミジャーキー ・・・ 6.0%以上
  • ササミ&チーズ ・・・ 7.0%以上
  • ササミプチロール ・・・ 5.0 %以上
  • おさかなプチロール ・・・ 5.0%以上
  • にぼし ・・・ 3.0%以上
  • カニ風味カマ ・・・ 0.2%以上
  • サーモンカマ ・・・ 5.0%以上

【PETKISS】の特徴は?

【PETKISS】は歯磨きおやつですので、その特徴は歯の汚れを落とす機能にあります。

トリプルイン処方で噛むだけで歯の汚れが取れる

おやつの中に配合されている微小のブラッシングスクラブが、噛むだけで歯と歯の隙間に入り込み、汚れを落とします。

さらに「プチロール」では、細かな汚れを取るブラッシングスクラブと大きな汚れを取る牛皮チップの両方で、もれなく汚れを落とします。

ピロリン酸Naとポリリジンを配合

噛むことでピロリン酸Naとポリリジンが口内に広がり、歯に歯垢が沈着するのを防ぎます。

おやつの与え方は?

おやつは飼い主さんが手から直接与えてください。なるべく多く噛ませた方が歯磨き効果を発揮しますので、すぐに飲み込ませないのがポイント。しばらく手に持ったまま、猫に噛ませましょう。奥歯でもおやつを噛めるよう、おやつを動かしてあげると良いでしょう。

与える量は?

歯磨きという観点から考えると毎日与えた方が良いでしょう。その代わり1日に食べさせる量が多くならないよう調整してください。

与える時間は?

特に指定されていませんが、歯の汚れを取る・・・ということから考えると食後が効果的でしょう。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、ひとつのおやつに複数の猫が集まってきてしまう可能性があります。噛み方が中途半端になってしまうと効果が半減しますので、1匹ずつじっくり与えるようにすると良いでしょう。

【PETKISS】の保存方法は?

開封したら、なるべく早めに使い切るようにしましょう。保管は湿気のない、涼しい場所がベストです。

フードとしての質は△ですが、歯磨きの苦手な猫にとっては便利なツール

調査によると3歳以上の猫の約8割が、歯肉に何らかのトラブルを抱えているのだとか。

とはいえ、猫に歯ブラシするのは、かなり大変です。

歯磨きできるおやつは、歯のケアという観点から見たら、とても便利なツールと言えるでしょう。

【PETKISS】には現在7種類のバリエーションがありますが、原材料や添加物の種類、栄養バランスに差があります。

購入の際には、商品裏の表記を確認して猫にあったものを選ぶと良いでしょう。

関連記事