猫の移動に便利!「リュック型キャリーケース」の選び方と注意点

猫を移動する時、キャリーケースを使う方法が一般的ですが、猫とはいえけっこうな重さがありますし、多頭飼いの場合はいくつも持たなければなりません。

そんな時、「リュック型」のキャリーケースはとても便利といわれます。最近では種類もどんどん増えていますが、使い勝手は実際のところどうなのでしょう。

そのメリット・デメリット、購入時の注意点をまとめてみました。

 

「リュック型」キャリーケースとは

リュック型キャリーケースは、その名の通りリュックの形をした、背負うタイプのキャリーケース。

素材や形状などによっていくつかの種類があります。

素材

素材には、他のキャリーと同じように、布製でできたソフトタイプと、ポリカーボネートなどプラスチック製のハードタイプがあります。

ソフトタイプは折りたためる種類があって、使わない時の収納に便利です。

形状

大きく分けて縦タイプと横タイプがあり、縦タイプは人の背中と同程度の横幅で、深さがあるもの、横タイプは通常のキャリーケースをそのまま背負うような形です。

両方のメリットを生かした中間タイプもあります。また、顔と手足が出る、背負子のようなリュックもありますが、猫は隠れられないことを嫌いますし、脱走してしまう危険性もあるため、猫にはお勧めできません。

機能

リュックに特化したタイプと、斜めがけできたり、カートがついていたりと、多機能タイプがあります。

 

飼い主さんにとってのメリット

リュック型のキャリーは、飼い主さんにとって多くのメリットがあります。

移動が楽ちん

リュック型のメリットは何といっても移動が楽なこと。

特に徒歩や自転車、電車での移動に活躍します。長距離でも、多少猫が重たくても大丈夫。持ち手で手が痛くなることもありません。

両手が開く

リュック型は両手が空くので、お金や切符を出す際にあたふたしなくて済みます。

普通のキャリーケースだと、傘をさすのも面倒ですが、リュック型なら雨の日も歩いて通院できます。さらに猫以外に荷物があるときも一度に運ぶことができます。

多頭飼いに便利

猫を多頭飼いしている方、特に3頭以上飼っている方は、1つリュック型であれば、1人で一度に複数頭運ぶことが可能になります。

 

飼い主さんにとってのデメリット

便利な反面、次のようなデメリットがあります。

形状によっては出し入れしにくい

開閉口の形状によって、出し入れがしにくいものもあります。

動物病院では診察時に猫が出てこなくて苦労することも。深型のリュックは開閉口の大きなものを選びましょう。

姿勢・動作に気をつける

デメリットというほどのことではありませんが、きちんと姿勢を保っていないと、中の猫が不安定に。

また、背負ったり下したりするときにも気をつけないとなりません。

 

猫にとってのメリット

リュック型であることの猫のメリットは、猫にとっていかに良いものを選べるかにかかっています。

後で述べますが、空間が広く、中で猫が不安定にならないものを選べば、手提げ型やショルダー型のキャリーケースよりも、居心地がよいといえます。

猫にとってのデメリット

リュック型は良いものを選ばないと猫へのデメリットが大きくなります。

安定感に欠けることがある

特にソフトタイプの場合、使っているうちに形が崩れてきて不安定になることも。

また、底がしっかりしたものを選ばないと傾いてしまい、中で猫がころがってしまうこともあります。型崩れせず、背負った際にぐらつかないものを選びましょう。

猫の居住空間が狭くなりがち

形状によりますが、普通サイズと思っても、思ったより内部の空間が小さく、窮屈になりがちです。

小さすぎない、愛猫の大きさにあったスペースが確保されるか、確認が必要です。特にソフトタイプは使っているうちに、内部がつぶれてしまうこともあるので、注意しましょう。

背負われていると飼い主さんが見えなくて不安

リュックに背負われていると、飼い主さんの姿が見えず、猫の不安感が強まる可能性があります。

その場合は、頻繁に声がけしたり、前にかかえるなど工夫が必要です。

飼い主さんにも猫にも安全なリュックを選ぶポイントとは

リュック型キャリーは、可能であれば直接手に取って確かめることがベスト。

背負いやすく、猫の体重がかかっても安定感があるかが一番のポイントになるからです。

通販で購入する場合は、リュックの室内空間の広さと耐荷重をチェックし、使い心地をレビューで確かめるようにしましょう。

以下に、飼い主さんにとって使い勝手が良く、猫にとっても安心できるリュックを選ぶ際のポイントをあげてみました。

1.底面積が広く、かつ構造がしっかりしているか

猫の居住空間と安定性を確保するために、底面積ができるだけ広く、つくりがしっかりしているリュックを選びましょう。

選ぶ時、猫の体重の負荷がかかることを想定し、可能であれば重さがかかった状態でも型崩れしないか、直接確認しましょう。

2.背負った際に、背中に密着するか

背中にしっかり密着していないと、歩いた時リュックが大きく揺れてしまいます。

次のような機能があると、背中からリュックが離れず、安定性が増します。

  • 肩にかけるバンドが丈夫で幅が広く、長さが調節できる。
  • 胸やお腹に回して止める「補助バンド」があり、長さ調節ができる
  • 背中に当たる面にクッションパッドがついている

3.開口部が大きい、もしくは下部にも開口部がある

キャリー嫌いな猫でも出し入れが容易なように、開口部が大きく開いているものを選びましょう。

側面や背面の下部にも開口部があると、猫が中で踏ん張っていたとしても出しやすくなります。

4.チャックがしっかりしているか

背負っていると猫の様子を確認しづらいため、万一猫がチャックをこじ開けたりしていても、気づきにくいことが。

チャックの開け閉めがスムーズなことも大事ですが、猫が開けられないようロックがかけられるか確認しましょう。

5.通気が良いか

特にプラスチック製の場合、通気口が開いていないと換気ができず、熱がこもりがちです。通気口がたくさん開いているものを選びましょう。

6.可能なら3WAY、4WAYのものを

リュック機能だけでなく、斜め掛けできたり、カートがついているものを選ぶと、背負うことができない場面でも便利です。

その他の注意点

一部の商品で、背中に大きな窓がついているもの(もしくは全面シースルーのもの)がありますが、もし愛猫が怖がりの性格であれば、このタイプはお勧めできません。

自分の縄張り以外の場所では、猫はなるべく誰にも見られず、隠れていたいからです。

反対に、外の世界を見ることを楽しむ猫には良いでしょう。

こんなリュックがおススメ

リュック型キャリーは今さまざまな種類が販売されていますが、猫用として特におススメのリュック型キャリーを2点ご紹介します。

ダッドウェイイビヤヤ (ibiyaya) ライトウエイト・バックパック・キャリー L

間口の開口部が広く、メッシュとカバー、2通りの使い方ができるため温度調節しやすくなっています。

また、左右のショルダーベルトを固定するチェストストラップがついているので、背中にフィットして安定感があります。

犬猫用リュック型キャリーバッグ Daisuki

耐荷重10㎏までの大きなリュック型キャリー。居住スペースがかなりゆったりしているにも関わらず、床面もしっかりしているので型崩れしにくくなっています。大型の猫でもゆったり使えますし、普通サイズの猫だったら2頭も可能です。

まとめ

リュック型は、特に多頭飼いや大型の猫を飼うかたに、そして徒歩や電車などで移動するかたにおすすめのキャリーケースです。

また、単頭飼いであっても、災害時は猫だけでなく、フードや猫砂といった日用品も必要ですし、自分たちの避難用品も持たなくてはなりません。

たくさんの物を一度に運ばなくてはならない、緊急避難のことを考えると、一家に1つは持っておくべきものなのかもしれません。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。