猫が喜ぶ美味しいおやつ【キャットスナック 乾しカマ】は猫に食べさせても良いの?

猫に人気のあるおやつのひとつ、ペティオの【乾しカマ】シリーズ。

特に削り節風の「乾しカマ」シリーズは、「これしか食べない」という猫もいるくらいです。

フードのトッピングとして使うこともできるため、家に常備している飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。

猫が好きなだけにどんな原材料で作られていのか気になります。

猫に与えても良いのでしょうか。今回は【キャットスナック 乾しカマ】の中身を調べてみました。

 

【キャットスナック 乾しカマ】はどんな形状のおやつなの?

【キャットスナック 乾しカマ】には、「乾しカマ」と「乾しカマチップ」の2種類があります。

「乾しカマ」は削り節のように薄くペラっとしたカタチ、「乾しカマ チップ」の方はチップ状です。

「チップ」は愛用者の声に応えてマーブルのような可愛い配色にしたのだとか。

見た目は丸まったベーコンのようで、猫の口にぴったりのサイズに作られています。

 

【キャットスナック 乾しカマ】にはどんな原材料が使われている?

「乾しカマ」に3種類、「乾しカマ チップ」に2種類のバリエーションがありますが、どれも基本的にはかまぼこですので、主原料は白身魚です。

肉類

  • 「乾しカマ たい味」 ・・・ 白身魚、鯛、鯛エキス
  • 「乾しカマ サーモン味」 ・・・ 白身魚、サーモン、サーモンエキス
  • 「乾しカマ あごだし味」 ・・・ 白身魚、焼きあごだし
  • 「乾しカマチップ かに味」 ・・・ 白身魚、鶏肉
  • 「乾しカマチップ まぐろ味」 ・・・ 白身魚、まぐろ、鶏肉

穀類

すべての商品に小麦粉が使われています。でんぷん類も使われていますが、でんぷんの原料は不明です。

 

【キャットスナック 乾しカマ】にはどんな添加物が使われている?

一言に添加物と言っても必要なモノと不必要なモノがあります。

フードやおやつの場合、ビタミンやミネラルも添加物ですが、これらは必要な栄養素です。

ここでは主に栄養分以外の添加物について調べてみました。

酸化防止剤

「乾しカマ」には酸化防止剤、保存料は使われていません。「乾しカマ チップ」には保存料としてソルビン酸Kが使われています。

着色料

着色料は、種類によって使われているものが異なります。

  • 「乾しカマ たい味」 ・・・ クチナシ、紅麹
  • 「乾しカマ サーモン味」 ・・・ 紅麹、アナトー
  • 「乾しカマ あごだし味」 ・・・ カラメル、紅麹
  • 「乾しカマチップ かに味」 ・・・ 紅麹、酸化チタン、赤106号
  • 「乾しカマチップ まぐろ味」 ・・・ カラメル、酸化チタン、赤106号

「乾しカマ」は天然の色素を使っていますが、「乾しカマ チップ」には合成着色料が使われています。

 

【キャットスナック 乾しカマ】の成分は?

【キャットスナック 乾しカマ】にはどんな栄養がどのくらい含まれているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく質割合は商品によってかなり違いがあります。

  • 「乾しカマ たい味」 ・・・ 20.0%以上
  • 「乾しカマ サーモン味」 ・・・ 17.5%以上
  • 「乾しカマ あごだし味」 ・・・ 18.0%以上
  • 「乾しカマチップ かに味」 ・・・ 14.5%以上
  • 「乾しカマチップ まぐろ味」 ・・・ 15.0%以上

脂肪

脂肪の割合も商品によって異なります。

  • 「乾しカマ たい味」 ・・・ 3.0%以上
  • 「乾しカマ サーモン味」 ・・・ 5.0%以上
  • 「乾しカマ あごだし味」 ・・・ 3.5%以上
  • 「乾しカマチップ かに味」 ・・・ 9.5%以上
  • 「乾しカマチップ まぐろ味」 ・・・ 10.5%以上

【キャットスナック 乾しカマ】の特徴は?

【キャットスナック 乾しカマ】にはどんな特徴があるのか調べてみました。

猫に必要なタウリンを配合

猫にとってタウリンは目、心臓、肝臓などの健康を保つのに欠かせない特に大切な栄養素です。

【乾しカマ】にはタウリンが配合されていますのでタウリン不足を補うことができます。

デンタルケア効果がある

【乾しカマ】にはデンタル・ガムが配合されています。噛むことで歯垢の沈着を防ぎ、歯の健康をサポートします。

おやつの与え方は?

与える量にさえ注意すれば、特にルールはありませんが、6ヶ月未満の猫には与えないようにしてください。

子猫は内臓が未発達で消化不良を起こすことがありますし、おやつでお腹がいっぱいになってしまうと栄養不足になる可能性があるからです。

与える量は?

【キャットスナック 乾しカマ】はたんぱく質、脂肪ともに総合栄養食の基準を満たしていません。

あくまでも、おやつですので、おやつで猫を満腹にしてしまうのは止めましょう。

6歳~1歳未満の幼猫は1日3g以内、1歳以上の猫の場合は1日5g以内を目安に、1~2回に分けて与えるようにしてください。

与える時間は?

特に決められていませんが、食間のお腹が空いている時にあげると良いでしょう。

猫とコミュニケーションを取りたい時に与えたり、食欲がない時にフードのトッピングとして使うのもおすすめです。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、おやつをお皿に放置すると、食べた量に偏りが出ることがあります。

与える時には量が平等になるように飼い主さんが管理してください。

【キャットスナック 乾しカマ】の保存方法は?

一袋の容量は、「乾しカマ」が12gと45g、「乾しカマ チップ」が20gと60gで、小袋包装ではありません。

また、酸化防止剤も使われていません。開封した後は冷蔵庫で保存するようにし、早めに消費するようにしましょう。

食塩と合成着色料が気になる【キャットスナック 乾しカマ】。食べさせ過ぎに注意!

かまぼこは猫が好きな食べ物のひとつですが、好きだからこそ、食べさせ過ぎに注意が必要です。

【キャットスナック 乾しカマ】は口コミを見ても人気のおやつですが、「乾しカマ」には食塩が含まれていますし、「乾しカマチップ」には合成着色料が使われています。

健康のためにも飼い主さんが心を鬼にして給餌量をコントロールしてください。

関連記事