猫の健康を考えたアメリカ生まれのおやつ【ウェルネス キトルズ】は猫に食べさせてもいいの?

「ウェルネス」は新鮮な肉や魚を主原料にし、小麦やとうもろこしなどを使わないプレミアムキャットフード。

2000年にアメリカで生まれたブランドです。

おやつの【ウェルネス キトルズ】もこだわりの原材料を使い、穀物フリーにこだわっているようですが、どんな特徴があるのでしょうか。

本当に猫に食べさせても良いのかをジャッジするため、中身を調べてみました。

 

【ウェルネス キトルズ】はどんな形状のおやつなの?

【ウェルネス キトルズ】はドライフードタイプのおやつです。粒のカタチはハート型、星型、花型の3種類あって、おやつらしい楽しさがあります。

 

【ウェルネス キトルズ】にはどんな原材料が使われている?

【ウェルネス キトルズ】には6種類もの味のバリエーションがあり、原材料が異なります。

肉類

  • チキン ・・・ 骨抜きチキン、チキンミール、白身魚ミール、
  • サーモン ・・・ サーモン
  • ツナ ・・・ ツナ
  • 白身魚 ・・・ 白身魚
  • ターキー ・・・ 骨抜きターキー、チキンミール
  • ダック ・・・ ダック

肉が主原料で、しかも生の原材料をメインに使っています。

穀物

いずれの商品にも小麦、とうもろこしなどの穀類は一切使われていません。炭水化物としてはじゃがいもが使われています。

果物

尿疾患の予防に効果的なクランベリー、抗酸化作用のあるブルーベリーが配合されています。

 

【ウェルネス キトルズ】にはどんな添加物が使われている?

キャットフードの場合、ビタミンやミネラルなど猫に必要な栄養素も添加物として配合されています。

ここでは、酸化防止剤や着色料など栄養素とは関係のない添加物について調べてみました。

酸化防止剤

酸化防止剤にはローズマリー抽出液、緑茶抽出物、スペアミント抽出物といった天然の添加物が使われています。

着色料

一切使われていません。

保存料

一切使われていません。

 

【ウェルネス キトルズ】の成分は?

【ウェルネス キトルズ】はどんな栄養素で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

「チキン」「サーモン」のたんぱく質割合は31.0%、「ツナ」は32.0%、「白身魚」「ターキー」は30.0%です。

AAFCO(米国飼料審査官協会)の定めるキャットフードのたんぱく質割合をクリアしています。

脂肪

「チキン」「サーモン」の脂肪割合は11.0%、「ツナ」は10.0%、「白身魚」「ターキー」は12.0%です。

脂肪についてもAAFCOの定めた最低基準をクリアしています。

【ウェルネス キトルズ】の特徴は?

【ウェルネス キトルズ】にはどんな特徴があるのでしょうか。

質の良い肉類を使用

【ウェルネス キトルズ】には新鮮な肉や魚が主原料として使われています。

たとえ、おやつであっても質の高いものを与えたいという飼い主さんにはぴったりです。

カロリー抑えめで肥満に配慮

猫とコミュニケーションを取るにも便利で楽しいおやつですが、食べ過ぎて主食のフードを食べなくなってしまったら本末転倒です。

【ウェルネス キトルズ】は1粒のカロリーを約1.1kcalに抑えていますので、肥満気味の猫や運動量の少ない猫でも安心して与えられます。

泌尿器系の健康やアンチエイジングに配慮

【ウェルネス キトルズ】には泌尿器系のトラブルを予防するクランベリーと、抗酸化作用のあるブルーベリーが配合されています。

おやつを楽しみながら健康のサポートができる点はメリットです。

おやつの与え方は?

猫の健康に配慮したこだわりのおやつですし、カロリーも抑えめですので日常的に食べさせてあげても安心です。

与える量やタイミングについては下記を参照にしてください。

与える量は?

1日あたりの上限が決められていますので、量を守って与えるようにしてください。

  • 体重2kgの猫 ・・・ 10粒
  • 体重3kgの猫 ・・・ 15粒
  • 体重4kgの猫 ・・・ 20粒

与える時間は?

与える時間は特に決められていませんが、食間に与えるのが良いでしょう。上記の上限量を何回かに分けて与えるのがおすすめです。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、気をつけるべきは食べる量のコントロールです。

食欲旺盛な猫だけが大量におやつを独り占めしたりしないように、飼い主さんの手から、必要な量をしっかり与えてください。

【ウェルネス キトルズ】の保存方法は?

開封前でも高温多湿な場所に置くのは厳禁です。

1袋150粒入ですので、毎日食べても4~5kgの成猫なら2週間程度でなくなる量ですが、開封したら口をしっかりしめて、乾燥した涼しい場所に保管し、早めに食べきるようにしてください。

こだわりのおやつだから猫にあたえてもOK

良質なフードを作っている「ウェルネス」のおやつ【キトルス】。

主原料は生の肉類ですし、穀物フリーなので、こだわり派の飼い主さんも納得できます。

普段のごはんは手作りという飼い主さんも、おやつとしてなら取り入れても良いのではないでしょうか。

味も6種類ありますので、飽きっぽい猫でも喜んで食べてくれそうです。

猫へのごほうびや猫とのコミュニケーションにおすすめのおやつです。

関連記事