猫の成長はいつまで?猫の体や心の成長過程&注意点とは

初めて猫を飼育する場合は成長の過程が良く分からず、不安になってしまうこともありますよね。

猫の気持ちを理解するには体の成長と心の成長を把握しておくことも大切です。

そこで今回は、猫の成長過程を詳しく解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

猫の成長はいつまで?

体の成長は?

生まれたばかりの子猫は、およそ100~130gほどですが、生後一週間も経つと220~280gほどまでに成長します。

その後は生後1ヶ月で体重430~500gほど、生後2ヶ月で550~700g、生後3ヶ月で1kg前後となります。

そして、生後6ヶ月を過ぎると、生後間もない頃のような急激な体重の増加は見られなくなり、生後12ヶ月頃には3~5kg程度の体重で落ち着き始めます。

生後12ヶ月の頃の体重は、その子の理想的体重だといわれているので、キープしていけるように頑張ってみてください。

歯の成長は?

猫も人間と同じで、初めに乳歯が生え、その永久歯に生え変わります。

乳歯は生後3週間くらいから生え始め、生後2ヶ月ほどで生えそろい、その後、生後3ヶ月頃から生後6ヶ月頃にかけて永久歯になっていきます。

ちなみに猫の歯は乳歯のときは切歯(人間でいう前歯に当たる部分)が上下に6本ずつ、犬歯(尖っている歯)が上下に2本ずつ、臼歯が上下に7本ずつの計26本ですが、永久歯に生え変わるときは後臼歯が加わるため、計30本になります。

心の成長は?

猫の心の成長に一番影響を与えるのが、生後2ヶ月の頃です。

この時期は、社会性を身に付ける時期だといわれているため、様々な猫や人間と触れ合わせるのがよいとされています。

人間や猫と関わり社会性を身に付けた子は、成猫になっても粗相や噛みつきなどの問題行動が見られにくく、穏やかな性格に育ちやすいのです。

 

成長の過程でやってはいけないこと

フードを自己判断で調節する

子猫がフードをたくさん欲しがると暇に予防のために控えてしまう人もいるかもしれませんが、それはNGです。

子猫期は活動量が多い分、カロリーの消費が激しいので、欲しがるだけ与えてあげましょう。

そして、生後半年を迎え、去勢や避妊手術を行った後は性欲が薄れた分、食欲が強くなることも多いため、フードやおやつを与えすぎないようにしていきましょう。

肥満予防として、低カロリーフードへの変更を検討するのもおすすめです。

生後3ヵ月までは親猫や兄妹猫とできるだけいさせる

猫の心を健やかに成長させていくには、生後3ヶ月までは親や兄弟猫と暮らせるように努めていきましょう。

社会性が育まれるこの時期は、同じ年頃の猫と過ごさせるのもよいです。

猫は他の猫たちと過ごす中で、猫界のルールを学んでいきます。

「どのくらいの強さで相手を噛めばいいのか」「どう他の猫にじゃれればいいのか」といったことを猫が学んでくれたら、多頭飼いもしやすくなり、猫自身も穏やかな気持ちで他の猫や人と暮らしていくことができます。

手や足を使って遊ばない

子猫の時期はじゃれる姿がかわいくて、手足を使って遊ぶ飼い主さんも多いのではないでしょうか。

しかし、そういった遊び方をしていると、人間の手をおもちゃだと認識し、噛み癖のある子に育ってしまいます。

ですから、子猫のうちから遊ぶときにはしっかりと猫用のおもちゃを使用していきましょう。

 

健やかな成長には飼い主さんのサポートが必要

猫の心身を健やかに成長させるには、飼い主さんのサポートが欠かせません。

子猫を育てていくときは体重や毎日の健康状態だけではなく、心の成長にも目を向けながら適切なお世話をしていきましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。