賃貸物件で猫が快適に暮らすには。物件の探し方から暮らしの工夫まで

最近は賃貸でもペット可住宅が増え、猫飼育専用アパートという物件も登場しています。

しかし実際は、動物の種類や頭数に制限があったり、敷金が動物種によって異なるなど、気をつけなければいけないことも。

今回は、賃貸住宅、特にアパートやマンションで猫を飼う時の、物件の選び方や契約の注意点と、実際に飼う際に、大家さんや近隣住民とのトラブルを避けるための工夫についてご紹介します。

 

猫可物件を探すコツ

最初から猫専用でつくられている物件があれば理想ですが、現実はなかなか厳しいもの。良い物件を探すにはちょっとしたコツが必要です。

ペット可物件でなく、「猫可」を探す

ペット可であっても、小動物限定、犬限定など制限があることが。

猫は建具を痛めるというイメージがあり、「犬は良いけど猫はちょっと」という大家さんもいます。

インターネットではペット可としか書いていない場合も多いため、物件ごとに直接不動産会社か大家さんに確かめましょう。

不動産会社には「猫を飼う」とはっきり伝える

探す際に、猫を飼うことを伝えていれば、それに見合った物件を探してくれます。

もしペット可物件専門の会社があれば、そこに相談することがお勧めです。

交渉してみる

たとえ猫可物件ではなくとも、古い物件や人気のない物件であれば、敷金を高く支払うなど条件次第で大家さんからお許しが出ることも。

あきらめずに交渉してみることが大切です。

あまり高望みしない

「猫専用」「築浅」「駅近」「安い」とすべてが揃った物件はなかなか見つかりません。

人気の区画から外れても良しとする、古くても良しとする、と何か1つでも条件を緩めてみましょう。

猫のための物件選びのポイント

  • 落下した時のことを考え、高層階は避ける
  • 脱走した時のことを考え、車通りの激しい道から遠い場所を選ぶ
  • 動物病院がなるべく近い場所にある

内見でのチェック項目

  • 日向ぼっこをするための、日当たりが良い部屋があるか
  • 猫が外を眺められる場所があり、眺めも良いか
  • 窓は、猫が大声で鳴いても聞こえにくい二重サッシか
  • 猫の落下防止のため、網戸が外側に倒れないようストッパーがあるか
  • キャットタワーが置け、猫が上下運動できる十分な天上高があるか
  • 床や壁紙は傷がつきにくい素材か
 

猫可物件の注意点

一般に、猫可を含め、ペット可物件は通常の賃貸物件と異なる点がいくつかありますので、契約前に必ず確認しましょう。

敷金について

猫を飼えば、どうしても壁紙やフローリングが傷ついたり、部屋に匂いがついたりして、退去時にクリーニングや張替えが必要となります。

そのため、敷金が通常の物件よりも家賃の1~2か月分多く設定されることがあります。

また、敷金とは別にペット保証金が必要なことも。ペットの種類によって金額が違う場合もありますので、敷金は特によく確認してください。

また、退去時は傷や汚れの程度によっては敷金が返ってこないこともありますし、さらに負担金を請求される可能性も視野に入れておきましょう。

契約の特記事項について

契約の際、猫の飼育について特記事項が定められることがあります。その内容をよく把握、理解しておくことが大切です。

特記事項の内容例

  • 退去時の原状回復の責任の範囲(フローリングや壁紙など内装の張替えをどこまで負担するか)
  • ペット管理規約の遵守および違反した場合の処遇
  • 「ペット飼育委員会」など会への入会義務
  • 大家さん・不動産会社にペット飼育の届出の義務
  • 猫によるトラブルの処遇(場合によっては許可の取消や退去勧告)
 

賃貸物件の部屋で猫のためにできる工夫とは

賃貸物件で猫を飼うには、近隣住民とのトラブルの回避、猫の安全を守ること、部屋をきれいに保つこと、の3つが大切です。

近隣住民とのトラブル回避の工夫

近隣住民とのトラブルで一番多い問題が騒音です。お隣り、階下に猫の鳴き声が漏れたり、足音が響かない工夫をしましょう。

窓には厚手のカーテンをかけ、床にはペット用カーペットを敷くと防音効果が上がります。

特にタワーの下など猫が飛び降りる場所に厚手のカーペットやウレタン製のマットを敷くと効果的です。

猫の安全を守る工夫

賃貸物件に限りませんが、猫の安全を守り、また近隣住人に迷惑をかけないためにも脱走を防止しなければなりません。

最近は床や壁を傷つけることなく設置できる脱走防止扉が市販されていますので、玄関に設置することをお勧めします。

窓にはワイヤーネットを張り、網戸が外側に倒れないようにする「ストッパー」をつけましょう。

また、賃貸物件では収納が少ないために物を出しっぱなしにして、誤飲事故が起こりがちです。

蓋つきの収納やゴミ箱を活用し、部屋をこまめに片づけるようにしてください。

部屋をきれいに保つ

猫を飼うと爪とぎで壁紙や柱がボロボロになることは必至です。

壁や柱、ふすまは、猫の手が届く高さのところまで透明の保護シートを貼れば、爪とぎを防止できます。

もちろん、専用の研ぎ器を別に複数用意しましょう。また、床がフローリングだと細かい傷がたくさん入りますし、畳やカーペットであればボロボロに。

ペット用のカーペットを上に敷けば、爪の傷を防いでくれるだけでなく、おう吐やおもらしによる汚れもある程度防いでくれます。

 

まとめ

賃貸で猫を飼う際に最も大切なことは、近隣住民への配慮です。

賃貸の場合、どんな方が周囲に住んでいるのかわからないこともよくあります。

当然、猫が苦手な方もいらっしゃいます。猫の暮らしを守るためにも、地域のルールやモラルに従い、責任をもって飼うようにしましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。