ドッグフード「いぬはぐ」の原材料や選ぶ際の注意点は?

いぬはぐに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

いぬはぐの原材料

いぬはぐは、ヒューマングレードにこだわった総合栄養食のドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、確認していきましょう。

肉類

肉類には、主原料である鶏肉の他に、ターキーやチキンエキス、鶏脂を使用しています。

鶏肉はヒューマングレードのものを使用していると、公式サイトに記載されています。

ターキーに直接触れた記載はありませんが、いぬはぐで使用している原材料はすべてヒューマングレードである旨が記載されているため、新鮮で高品質な原材料を使用していることが分かります。

穀物

穀物には、主原料の鶏肉に次いで、玄米や白米が使用されており、これらの原材料もすべてヒューマングレードであることが公表されています。

また、小麦グルテンフリーのため、小麦グルテンによるアレルギー症状が起こる可能性は低いといえるでしょう。

ただ、穀物の消化は、犬の消化器官に負担を与えるため、不安が残ります。

仮に使用する場合でも、炊飯後に原材料と使用することで、消化吸収率は高まります。

添加物

保存料や着色料、風味料など人工的な添加物は使用していません。

ただ、クリノプチロライトクレイ(天然ゼオライト)という鉱石が添加されています。厚生労働省が定める既存添加物に「ゼオライト」の記載があります。

既存添加物には、カテキンやグルコサミンなども含まれており、安全性を調べる調査も毎年行われており、そこまで心配しなくても良さそうです。

その他

その他で気になる原材料として、ベータグルカンやMSM(メチルスルフォニルメタン)、プロバイオティクスなどが付加されています。

ベータグルカンは、近年の研究により、免疫向上機能や抗アレルギー作用が期待されています。

MSMは、骨の強化に必要なコラーゲンの生成を助け、関節炎による炎症や痛みなどを和らげる働きがあると考えられています。

そして、プロバイオティクスは、腸内環境を整える働きがあると言われています。

 

いぬはぐに含まれる栄養の割合

原材料では、ヒューマングレードで非常に高品質な原材料だけで作られていることが分かりました。

では次に、いぬはぐに含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 332kcal/100g
  • 粗タンパク質 22.0%以上
  • 粗脂肪 6.0%以上
  • 粗繊維(※1) 3.7%以下
  • 粗灰分(※2) 7.5%以下
  • 水分 9.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質やや高め

いぬはぐの栄養の割合からも分かる通り、タンパク質は一般的なドッグフードに比べ、やや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上である点からも十分なタンパク質の割合に設定されていることに納得できます。

タンパク質が高めに設定されている理由として、高タンパク質の鶏肉やターキーを原材料で使用していることが挙げられます。

脂質抑えめ

一方、いぬはぐの100g中のエネルギーに対し、脂質は抑えめであることが分かります。

AAFCOの定める脂質は、成犬で5.5%以上であることから、脂質が抑えられていることに納得できます。

タンパク質でも挙げた鶏肉やターキーは、低脂肪であることから、いぬはぐの脂質が抑えられているのです。

水分抑えめ

一般的なドッグフードの水分の割合は10%程度であるのに対し、いぬはぐでは9%以下に抑えられていることが分かります。

水分の割合が若干低いということは、ドッグフード自体の食感が硬くなる傾向にあります。

一方で、水分含有量が少ないため、一般的なドッグフードよりもカビの発生率が低いと考えることもできます。

 

いぬはぐの生産国

いぬはぐは国産のドッグフードです。いぬはぐの製造工場は、FEDIA(欧州ペットフード工業連合)の厳しい基準をクリアし、FEDIA認定工場として認められています。

FEDIAは日本よりも厳しい基準を設けていることから、より安全性や信頼性が高い工場であることが分かります。

それに加え、衛生管理基準であるHACCP認証も取得しています。

いくらヒューマングレードの原材料を使用していても、製造工場の安全基準が低ければ、高品質なドッグフードは製造できません。

その点、いぬはぐは原材料にも製造工場にも高い安全基準を設けているドッグフードであることに納得できます。

 

いぬはぐを選ぶ際の注意点

いぬはぐを選ぶ際の注意点は、2点挙げられます。

1つ目は、脂質が抑えめである点です。一見、脂質が低いことで肥満予防やダイエットに良さそうにも思えますが、裏を返せば、健康な犬にとって必要な脂質量が摂取できない可能性があります。

例えば、運動量が多い犬や体の大きな大型犬などにとっては、脂質が不足する可能性が考えられます。

2つ目は、水分が抑えられている点です。カビが発生しにくい点では良いことですが、その分ドッグフード自体が硬くなり、歯が悪い犬やシニア犬には食べにくいと感じるかもしれません。

また、水分摂取量がもともと少ない犬の場合、水の摂取量に注意してあげる必要があります。

まとめ

いぬはぐは、原材料のすべてがヒューマングレードで、安全性の高い製造工場で作られている点から考えても、基本的には品質の高いドッグフードといえるでしょう。

興味がある方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事