ドッグフード「ランミール」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ランミールに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ランミールの原材料

ランミールは日清製粉グループの日清ペットフードで製造されている総合栄養食のドッグフードです。

原材料にどのようなものが使用されているのか、チキン&バターミルク味を例に確認していきましょう。

肉類

肉類として、チキンミールやミートミール、チキンパウダーの記載が内訳としてあります。

日清ペットフードでは自社の検査センターで人間が食べる食品と同様に、原材料の安全性の検査が行われています。

その点から考えると、ミールやパウダーの記載はあるものの、安全性の高い原材料を使用していることに納得できます。

ただ、気になるのはヒューマングレードといった記載がない点です。

魚類

魚類には、フィッシュミールが使用されています。

フィッシュミールについても、肉類と同様に原材料の安全性の検査が行われていることから考えると、安全性の高いものが使用されていることが分かります。

ランミールは、肉類以外に魚類を動物性タンパク源として使用しているため、単一タンパク源によるアレルギー症状を引き起こす可能性は低いといえるでしょう。

穀物

ランミールの主原料は穀類で、内訳には小麦粉やホミニーフィード、とうもろこし、小麦ふすま中白糠、コーングルテンミール、脱脂米糠の記載があります。

ランミールの主原料が穀類である点では、近年の犬の食性である肉食に配慮したドッグフードとは逆行していると考えられます。

犬の消化器官には穀物を消化するための酵素がほとんどないため、消化の際に消化器官へ大きな負担を要します。

犬によっては、消化不良を起こしたり、アレルギー症状が引き起こされたりと、健康を害する可能性もあります。

添加物

添加物には着色料として食用黄色5号が使用され、その他には香料の記載があります。

酸化防止剤にはローズマリー抽出物が使用されています。

酸化防止剤は天然由来のローズマリー抽出物を使用していて問題はありませんが、着色料や香料には添加物が使用されているため、ランミールは無添加ではないといえます。人工的な添加物は、犬の健康を害する恐れがあるものもあるため、なるべくなら無添加ドッグフードを選ぶことをおすすめします。

その他

その他で気になる原材料には、ビートパルプやナトリウムが挙げられます。

ビートパルプやナトリウムは、ドッグフードには不要な原材料と考えられています。

なぜなら、ビートパルプには製造工程上で残留薬品の恐れがあるためです。

また、ナトリウムについては、通常、新鮮な動物性タンパク源を原材料に使用していれば添加する必要はありません。

嗜好性アップのためにナトリウムを使用している場合、塩分の摂りすぎにも注意が必要です。

 

ランミールに含まれる栄養の割合

ランミールに含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 330kcal/100g
  • 粗タンパク質 18.0%以上
  • 粗脂肪 8.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 8.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質は最低基準を満たしている

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上であることから、ランミールのタンパク質の割合はギリギリAAFCOの最低基準を満たしているということになります。

とは言え、タンパク質の吸収率によって、1日に必要なタンパク質を摂取できない可能性が考えられます。

脂質抑えめ

ランミールのエネルギーは、一般的なドッグフードと同等程度に設定されています。

その点、脂質の割合が8.0%であることから、抑えめに設定されていることが分かります。

AAFCOの定める脂質は、成犬で5.5%以上であることから、脂質は充分に満たされていることが納得できます。

 

ランミールの生産国

ランミールは国産のドッグフードです。日清ペットフードは日清製粉グループの一員であり、自社グループの製粉技術を活かしたドッグフードを製造しています。

自社の検査センターである「QEセンター」は、食品メーカーとして国内初の国際規格ISO17025認証を取得しました。

QEセンターにより、ランミールに使用されている原材料の残留農薬や添加物、カビ毒などの分析を行い、安全性に問題ないかを確認しています。

 

ランミールを選ぶ際の注意点

ランミールを選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。

1つ目は、原材料に使用されている中で犬の健康を害する恐れがあるものが多数使用されている点です。

穀物が主原料である点や添加物が使用されている点、さらに、ビートパルプも付加されている点から考えても、原材料において品質が高いドッグフードとはいえません。

2つ目は、ランミール1袋当たり8㎏と大容量である点です。

8㎏と言っても、中は小袋にパッケージングされているので、開封後にドッグフードの品質が劣化する心配はありません。

ただ、小型犬に与える場合や、一度試してみたいという方には量が多すぎるため、おすすめできません。

まとめ

ランミールを総合的に見ると、基本的にはあまりおすすめできません。

理由の1つとして、犬は元々肉食の動物であり、穀物が主原料のドッグフードでは犬本来の食性にあった栄養を摂取できないからです。

また、8㎏と大容量の割に価格が安い点から考えても、ドッグフード自体の品質よりもコスト重視であることが否めません。

関連記事