ドッグフード「Dr.ケアワン」の原材料や選ぶ際の注意点は?

Dr.ケアワンに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

Dr.ケアワンの原材料

「Dr.ケアワン」は、動物栄養学博士監修の無添加でヒューマングレードの原材料を使用して作られたドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、確認していきましょう。

肉類

肉類には主原料に鶏肉が使用されています。鶏肉は鹿児島産の若鳥を使用している旨が公式サイトに記載されています。

鶏肉が唯一の動物性タンパク源であるため、鶏肉にアレルギーがある犬やアレルギーの可能性がある犬にとっては注意が必要です。

穀物

穀物には、主原料の鶏肉に次いで、大麦や玄米、黒米、赤米が使用されています。

玄米は福岡産のものを、大麦は熊本産のものを、黒米と赤米は福岡や香川県産の古代米が使用されています。

しかし、穀物の消化は犬の消化器官に負担をかけるとも考えられており、グレインフリーのドッグフードに比べると、消化不良やアレルギー症状を引き起こすリスクが少なからずあるといえます。

ただ、Dr.ケアワンでは玄米や大麦は消化しやすく、食物繊維が豊富、さらに、栄養バランスが抜群に良い食品であるため、あえて原材料に使用しているのです。

添加物

Dr.ケアワンは無添加ドッグフードのため、人工的な添加物は一切使用されていません。

公式サイトには、香料や着色料、合成保存料、防カビ剤、増粘剤、発色剤、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンを使用していないことがはっきりと表記されています。

その他

その他の原材料としてむらさき芋が挙げられます。

むらさき芋は、毛細血管を強くする、抗酸化力があるといった効果が期待されるポリフェノールが豊富に含まれています。

また、関節ケアに欠かせないグルコサミンやコンドロイチンも付加されています。

他にもニンジンや大根葉、高菜などの野菜も使用しており、すべての原材料に対して産地などを公開しているものを選んでいます。

 

Dr.ケアワンに含まれる栄養の割合

では次に、Dr.ケアワンに含まれる栄養の割合について、見ていきましょう。

  • エネルギー 354kcal/100g
  • 粗タンパク質 22.5%以上
  • 粗脂肪 7.5%以上
  • 粗繊維(※1) 2.5%以下
  • 粗灰分(※2) 6.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー、タンパク質やや高め

一般的なドッグフードと比べると、エネルギーやタンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上、幼犬で22.5%以上であることから、成長真っ盛りの子犬からシニア犬まで十分なタンパク質を摂取できることに納得できます。

タンパク質が高い理由として、主原料に高タンパク質の若鳥が使用されていることが挙げられます。

タンパク質が高くなることで、エネルギーも高くなっているのでしょう。

脂質抑えめ

エネルギーがやや高めであるのに対し、脂質が抑えられていることが分かります。

AAFCOの定める脂質は、成犬で5.5%以上、幼犬で8.5%以上となっており、脂質に関しては成犬に必要な割合が摂取できることに納得できます。

脂質が抑えられているということは、高タンパク質な原材料がたっぷり使用されている証といえるでしょう。

 

Dr.ケアワンの生産国

Dr.ケアワンは日本で生産されているドッグフードです。

製造している工場では、国際規格の衛生管理基準であるHACCP認証を取得しており、人間用の食品と同様の衛生管理を行っています。

そのため、安全性の高いドッグフードであるといえるでしょう。

また、最近の人気国産ドッグフードの傾向として、ヒューマングレードで人間も食べられるものが増えています。

家族の一員である愛犬の健康を願って、ドッグフードの品質にもこだわることはとても大切なことです。

 

Dr.ケアワンを選ぶ際の注意点

Dr.ケアワンを選ぶ際の注意点は、原材料に関する2点です。1つ目は、動物性タンパク源が鶏肉の一種類である点です。

犬の中には単一の動物性タンパク源を摂取し続けることで、アレルギー症状を引き起こしてしまう場合があります。

もしも、アレルギーがある犬やアレルギー症状が引き起こされる心配がある場合は、複数の動物性タンパク源を使用しているドッグフードを選ぶと良いでしょう。

2つ目は、穀物が使用されている点です。

Dr.ケアワンは動物栄養学博士監修のもとで開発されており、一般的な犬には問題なく摂取できる可能性があります。

ただ、元々お腹が弱い犬や穀物の摂取でアレルギー症状を起こしやすい犬の場合は、避けた方が良いでしょう。

まとめ

Dr.ケアワンはヒューマングレードで無添加、栄養の割合も成犬に関しては充分に満たされている点から考えても、基本的には高品質なドッグフードといえます。

消化不良や穀物アレルギーの心配がない犬なら、一度試してみると良いでしょう。

関連記事