ドッグフード「ベストバランス」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ベストバランスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ベストバランスの原材料

ベストバランスはユニ・チャームペットによって開発・製造されたドッグフードです。

ミニチュア・ダックスフンドやトイ・プードル、チワワ、シーズー、ヨークシャ・テリア、柴犬向けに作られています。

実際にどのような原材料が使用されているのか、人気犬種NO1のトイ・プードル用 成犬用を例に、確認していきましょう。

肉類

肉類の内訳には、チキンミールや鶏ミンチ、家禽エキスの記載があります。

ドッグフードの原材料で、ミールと名前がつくものは粗悪原材料といった認識が少なからずあります。

それは、ミールの使用される肉が4Dミートや可食部以外の肉副産物が使用されていた時期があったためです。

一般的なドッグフードと比べて、価格が驚く程に安い場合、こういった粗悪原材料を使用している可能性があります。

その点、ユニ・チャームペットでは原材料となる食品の安全性を確かめるための検査や試験が徹底されています。

魚類

魚類の内訳として、フィッシュミールや乾燥小魚の記載があります。

魚類も肉類と同様にミールの表示に不安になる人もいるかもしれませんが、原材料の安全性を検査や試験で徹底して行っているため、安全性という点では安心できるでしょう。

穀物

穀物には、主原料の穀類の内訳として、トウモロコシや小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米の記載があります。

トウモロコシや小麦粉などは、犬が摂取することでアレルギー症状を引き起こしやすい食品として知られています。

なぜなら、犬には元々、穀物を消化する酵素がほとんど存在しないと考えられていたためです。

ただ、近年ではその考え方に異論を唱えるドッグフードメーカーもあり、穀物を原材料として使用しています。

添加物

添加物には、保存料としてソルビン酸K、着色料として二酸化チタンや赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号、さらに酸化防止剤として、エリソルビン酸Naや天然由来のミックストコフェロールやハーブエキスが使用されています。

犬にとって、人工的な添加物は場合によっては健康を害する恐れがあります。

近年、人間においても「添加物は健康に支障をきたす可能性がある」と考えられており、人間よりも遥かに小さな体の犬にとっては、人間以上に添加物の存在に気をつける必要があると考えられています。

それにより、ドッグフードの多くは無添加で製造されています。

その他

下部尿路の健康をサポートするフマル酸が配合されています。気になるのは、野菜類の内訳としてビートパルプが記載されている点です。

ビートパルプというと、一般的にはドッグフードの原材料として粗悪であるというイメージがあります。

その理由として、ビートパルプの製造工程上で残留薬品が含まれていることが挙げられます。

また、ビートパルプには食物繊維が豊富に含まれているため、犬本来のウンチの硬さが分かりにくくなってしまうためです。

 

ベストバランスに含まれる栄養の割合

ベストバランスに含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 360kcal/100g
  • 粗タンパク質 21.0%以上
  • 粗脂肪 11.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.5%以下
  • 粗灰分(※2) 8.5%以下
  • 水分 12.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギー、脂質やや高め

ベストバランスのエネルギーや脂質はやや高めに設定されています。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質は、成犬で5.5%以上、幼犬で22.5%以上であることから、成犬では2倍量に当たることが分かります。

脂質もやや高めであることから、エネルギー自体も高めになっています。

水分高め

ベストバランスの水分の割合が12.0%以下であることから、一般的なドライタイプのドッグフードと比べ、水分含有量が多いことが分かります。

食感としてもしっとりしやすいため、歯の弱い犬にとっては食べやすいドッグフードといえるでしょう。

 

ベストバランスの生産国

ベストバランスは日本で生産されているドッグフードです。

製造している工場は大阪府の伊丹工場と、三重県の三重工場の2ヶ所です。

製造工場では、品質管理に関する国際規格のISO9001や、環境管理に関する国際規格のISO14001を取得しています。

日本ではペットフード安全法でペットフードの規格や基準値が定められています。

ペットフード公正取引協議会による総合栄養食の基準を満たしているかどうかの試験が行われ、合格したものだけがペットフードとして販売することが可能です。

ベストバランスも、ペットフード安全法に基づいた規格や基準を満たしています。

 

ベストバランスを選ぶ際の注意点

ベストバランスを選ぶ際の注意点は、2点挙げられます。

1つ目は主原料が肉類ではなく、穀物である点です。犬は本来肉食であり、消化器官も穀物より肉類の消化に優れています。

そういう意味では、犬によっては穀物を消化する際に、消化不良を起こしたり、穀物をアレルゲンとするアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

2つ目は、水分含有量が多い点です。

水分が多いということは、ドライフードよりも保管方法によっては、カビが発生しやすくなるということです。

気温が高いからといって冷蔵庫に保管したり、高温多湿の場所に保管するとカビが発生しやすいので、保管場所には注意が必要です。

まとめ

ベストバランスは上記の2つの注意点を理解した上で愛犬に与えたいという場合は、少量ずつ与えて愛犬の様子や体調を確認しながら試してみましょう。

また、お腹が弱い犬や穀物によるアレルギーが心配な犬の場合、かかりつけの獣医師に相談してみると良いでしょう。

関連記事