ドッグフード「ペディグリー」の原材料や選ぶ際の注意点は?

ペディグリーに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ペディグリーの原材料

ペディグリーは、コンパニオン・アニマルの栄養学に関する知識の宝庫ともいえる「ウォルサム研究所」の世界最先端の科学を結集して開発されたドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、ペディグリー ドライのチキン&緑黄色野菜入りを例に確認していきましょう。

肉類

肉類の内訳として、チキンミールやチキンエキス等、家禽類の記載があります。

一般的にミールと名前がつくものは、ドッグフードの原材料として粗悪品として考えられています。

ペディグリーの公式サイトには、ヒューマングレードとの記載はなく、「良質な素材を厳選」と記載されています。

その言葉を信じるのであれば、ミールは栄養が凝縮され、犬にとって効率的に栄養を摂取することが可能になります。

穀物

穀物として、主原料に穀類の記載があります。

犬の食性は本来、肉食であるため、穀類が主原料である点は不安が残ります。

穀物の消化は、犬の消化器官に負担をかけるため、犬によっては消化不良を起こしたり、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

添加物

添加物には、着色料の青2号や赤102号、黄4号、黄5号、二酸化チタンが使用されています。

また、酸化防止剤にはBHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、クエン酸の記載があります。

保存料にはソルビン酸Kが使用されています。

近年のドッグフードの傾向として、人工的な添加物は犬の健康を害する恐れがあるため、無添加ドッグフードが主流になりつつあります。

そういう点では、着色料や酸化防止剤、保存料などに添加物が使用されていることは、犬の健康を考えるとリスクが少なからずあります。

その他

その他で気になる原材料は、タンパク加水分解物やビートパルプが挙げられます。

タンパク加水分解物といっても、どんなタンパク源を原料に使用しているのかが不明瞭なため、安全性が高いとは言い切れません。

また、ビートパルプは製造工程上で残留薬品が検出される場合もあり、ドッグフードの原材料としてはおすすめできません。

 

ペディグリーに含まれる栄養の割合

では次に、ペディグリーに含まれる栄養の割合について、確認していきましょう。

  • エネルギー 345kcal/100g
  • 粗タンパク質 18.0%以上
  • 粗脂肪 9.0%以上
  • 粗繊維(※1) 4.0%以下
  • 粗灰分(※2) 8.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

平均的な栄養の割合

ペディグリーの栄養の割合を一般的なドッグフードと比べてみても、平均的な割合といえます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質は、成犬で18.0%以上、幼犬で22.5%以上であることから、AAFCOの成犬における最低基準をギリギリ満たしていることが分かります。

一方、AAFCOの定める脂質は、成犬で5.5%以上、幼犬で8.5%以上であることから、成長盛りの子犬からシニア犬まで十分な脂質が摂取できることが分かります。

主原料が穀物である点から、タンパク質も脂質もそれほど高い割合でないことが予想できます。

 

ペディグリーの生産国

ペディグリーを生産しているのは、タイです。タイは世界有数の鶏肉輸出国として知られています。

タイは日本よりも人件費が安く、現地で新鮮な鶏肉が確保できる点から、タイで製造されることも多いようです。

ドッグフードの製造コストが削減できることで、ドッグフード自体の価格を安く抑えることが可能です。

また、タイでは鶏の飼育から食肉加工、輸出の一連の流れに仲介業者が入ることが少なく、大手企業によって生産から輸出まで行われていると言われています。

 

ペディグリーを選ぶ際の注意点

ペディグリーを選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。1つ目は、原材料の安全性や品質の高さが不明瞭な点です。

販売されているドッグフードの中には、原材料1つ1つの生産地を公開しているメーカーも少なくありません。

また、製造工場においても、内部の画像や製造工程を詳細に公式サイトに記載するなど、食の安全性や品質の高さにも配慮した情報発信が行われています。

2つ目は、人工的な添加物が複数使用されている点です。

仮に、添加物の法定内の使用量に抑えて使用していたとしても、毎食摂取することを考えると、体内に添加物が蓄積していく可能性も考えられます。

結果的に、健康を害してしまう可能性がまったくゼロではない以上、無添加ドッグフードを選んだ方が良いといえるでしょう。

まとめ

ペディグリーは世界的な権威のある研究所で蓄積された知識のもとで開発・製造されたドッグフードですが、使用されている原材料にいくつか不安が残ります。

なるべくなら、無添加で高品質な原材料の記載が明確なドッグフードを選ぶことをおすすめします。

もしも、どうしても気になる、愛犬に与えてみたいという場合は、メーカーに問い合わせて原材料の安全性や製造工場における衛生管理や国際規格の取得の有無などについて確認してみると良いでしょう。

関連記事