ドッグフード「家族のごはん」の原材料や選ぶ際の注意点は?

家族のごはんに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

家族のごはんの原材料

家族のごはんは、犬の嗜好性に配慮した総合栄養食のドッグフードです。

実際にどのような原材料が使用されているのか、すき焼味を例にご紹介します。

肉類

肉類としては、内訳にミートミールやチキンエキスの記載があります。

ヒューマングレードの記載はありませんが、公式サイトには「安心、安全、健康、おいしいフードづくり」を約束する記載があるため、ミールやエキスに使用されている原材料の安全性や品質にも配慮していることが予想されます。

ミールの原料となる肉が新鮮なものであれば、効率的に良質なタンパク質を摂取することが可能です。

魚類

魚類としては、フィッシュミールの記載があります。

フィッシュミールについても、肉類と同様で新鮮なものであれば、効率的に良質なタンパク質を摂取することが可能です。

また、動物性タンパク源に肉類だけでなく魚類を使用しており、バランス良くタンパク源を確保されていることが分かります。

そのため、単一タンパク源によるアレルギー症状を引き起こすリスクが少ないといえます。

穀物

穀物は主原料として穀類の記載があり、内訳にはとうもろこしやコーングルテンフィード、小麦粉、米糠、コーングルテンミールが使用されています。

犬本来の食性を考えると、穀物が主原料である点やアレルギー症状を引き起こすリスクがあるトウモロコシや小麦粉などを使用していることは、リスクが高いといえます。

しかし、家族のごはんでは、安心・安全を約束している点から考えても、犬が消化しやすい状態で使用していることが考えられます。

添加物

添加物には、着色料として赤色102号や黄色4号、青色1号の記載があります。

近年のドッグフードは、無添加ドッグフードが主流となりつつあります。

その中で、着色料だけを使用している理由は、見た目を重視していることに他ならないでしょう。

しかし、犬は見た目で食べる物を選ぶことはありません。そういう意味では、着色料を使用する必要はないといえます。

その他

その他で気になる原材料は、すき焼エキスや塩化ナトリウムです。

すき焼味と謳っている以上、すき焼エキスを使用することは仕方ないかもしれませんが、心配なのは塩分含有量です。

ミネラル類にも塩化ナトリウムが付加されている点から、塩分の摂りすぎに注意が必要です。

 

家族のごはんに含まれる栄養の割合

では次に、家族のごはんに含まれる栄養の割合について、確認していきます。

  • エネルギー 320kcal/100g
  • 粗タンパク質 18.0%以上
  • 粗脂肪 8.0%以上
  • 粗繊維(※1) 6.0%以下
  • 粗灰分(※2) 10.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギーやや低め

家族のごはんは一般的なドッグフードと比べて、エネルギーがやや低めであることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めるタンパク質が成犬で18.0%以上である点から、ギリギリ基準を満たしていることが分かります。

また、AAFCOの定める脂質は、成犬で5.5%以上であることから、それほど高く設定されていないことが分かります。

つまり、エネルギー源となるタンパク質や脂質が元々抑えられていることから、エネルギーが必然的に低めに設定されているという訳です。

粗灰分高め

一方、粗灰分が10.0%以下と比較的高めに設定されていることが分かります。

粗灰分の割合は高ければ高いほど良いという訳ではなく、種類によっては過剰摂取による健康障害を引き起こすリスクもあります。そのため、ミネラルの摂取量には注意が必要です。

 

家族のごはんの生産国

家族のごはんを生産している国は日本です。

家族のごはんを製造している工場では、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2015の認証を取得しています。

また、日本ペット栄養学会の研究成果やプロバイオティクスなど最新の栄養学をいち早く取り入れ、自社の研究所では実際に犬の飼育を行い、そこで得た情報をもとに製品開発に役立てています。

 

家族のごはんを選ぶ際の注意点

家族のごはんを選ぶ際の注意点として、2点挙げられます。1つ目は、エネルギーがやや低めである点です。

運動量の多い犬や代謝が高い犬の場合、エネルギー不足になる可能性が考えられます。

2つ目は、ミネラルの割合が高めである点です。

家族のごはんだけを与える場合は健康障害を引き起こすリスクは低いと思われます。

それ以外にミネラル系のサプリメントやミネラルが付加されたおやつなどを与える場合は、ミネラルの過剰摂取に注意が必要です。

まとめ

家族のごはんは品質管理の国際規格を取得した工場で製造されている点や「安心・安全」を消費者に約束している点を加味すると、基本的には安全性が高いドッグフードであるといえるでしょう。

ただ、注意点にも挙げた通り、与える上での注意事項を理解した上で、愛犬に与えても健康に害はないかどうかを判断する必要があります。

興味がある人は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事