「ちゅ~る」が人気の「いなば」から登場!新食感おやつ【CIAOプチ】は猫に食べさせても良いの?

いま、人気のおやつと言ったら〝いなば“の「CIAOちゅ~る」ですが、〝いなば”からは「ちゅ~る」以外にもたくさんの種類のおやつが出ています。

薄く、平べったいスライスチーズのようなおやつ【CIAOプチ】もそのひとつ。

パウチに挟まれたパッケージングも、おやつとしての形状も新しい【CIAOプチ】ですが、猫に食べさせても良いのでしょうか。

今回は、【CIAOプチ】の中身について調べてみました。

 

【CIAOプチ】はどんな形状のおやつなの?

【CIAOプチ】は肉や魚のフレークを薄いシート状にして、ゼリーでコーティングしたおやつ。

柔らかい食感で高齢の猫でも食べることができます。

 

【CIAOプチ】にはどんな原材料が使われている?

【CIAOプチ】には「まぐろ」「かつお」「ささみ」「11歳からのまぐろ」の4種類があります。

それぞれメインとなる原材料が異なります。

肉類

  • 「まぐろ」「11歳からのまぐろ」 ・・・ まぐろ、まぐろエキス
  • 「かつお」 ・・・ かつお、かつお節エキス
  • 「ささみ」 ・・・ 鶏ささみ、ほたてエキス

穀物

いずれの種類にも穀物は使われていませんが、でんぷん粉が配合されています。

 

【CIAOプチ】にはどんな添加物が使われている?

添加物と言ってもさまざまな種類があります。ビタミンやミネラルも栄養調整のために後から添加されれば添加物です。

ここでは、酸化防止剤、着色料など、栄養素以外の添加物の有無や種類について調べてみました。

酸化防止剤

防止剤は使われていません。

着色料

紅麹色素が使われています。紅麹は麹菌の一種で、特に危険性は報告されていませんが、体の小さな猫への影響についてはわからない点もあります。

本来なら着色料は使わない方が良いでしょう。

その他の添加物

フードに粘性をもたせるための増粘多糖類や増粘剤、調味料としてアミノ酸が使われています。

増粘多糖類や増粘剤にはさまざまな種類がありますが、【CIAOプチ】にどんな増粘剤が使われているかは不明です。

 

【CIAOプチ】の成分は?

【CIAOプチ】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

どの種類もたんぱく割合は7.0%以上です。ウェット系のフードとしても低い数値ですが、おやつですので問題ありません。

脂肪

脂肪割合もすべて0.2%以上です。これも低い数値ですが、おやつなので問題はありません。

【CIAOプチ】の特徴は?

【CIAOプチ】にはどんな特徴があるのでしょうか。

緑茶成分で消臭効果がある

【CIAOプチ】には緑茶成分が配合されています。

この成分は腸管の中の内容物の臭いを吸着するためウンチやオシッコの臭いを和らげます。

シニア用のおやつがある

【CIAOプチ】には11歳以上の猫のための「11歳からのまぐろ」があります。

このおやつには関節などが弱くなりがちなシニア猫のためにコラーゲンが配合されています。

おやつで高齢に対処する栄養素が獲れるのはメリットでしょう。

水分も91.0%以下と高い割合で含まれていますので、水分摂取にも役立ちます。

【CIAOプチ】大好きな猫のために大袋がある

通常のパッケージは5個入りですが大袋もあります。

大袋には「まぐろ・ささみ」と「かつお・ささみ」があり、2種類の【CIAOプチ】が入っています。

多頭飼いの家やたくさん食べる猫がいる家にとっては経済的です。

おやつの与え方は?

【CIAOプチ】はスライスチーズのような薄いシート状のおやつですので、少しずつちぎって手からあげるのが良いでしょう。

猫とのコミュニケーションに役立ちそうです。

与える量は?

メーカーは1日5個を目安に与えるよう指示しています。

体重別の細かい指定はありませんが、これは3~5kgの平均的な猫の場合と考えてよいでしょう。

体重の少ない猫の場合はもう少し量を減らして与えてください。

与える時間は?

与える時間は特に決められていませんが、食間に与えるのが良いでしょう。上記の上限量を1日、何回かに分けて与えるのがおすすめです。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、食欲旺盛な猫や力の強い猫だけがたくさん食べないように気をつける必要があります。

【CIAOプチ】は飼い主さんの手から与えられるようにスライス状になっています。

直接手から猫に食べさせることで食べる量を管理することもできるでしょう。

【CIAOプチ】の保存方法は?

【CIAOプチ】には保存料が使われていません。高温多湿な場所を避けて保管するようにしましょう。

1枚8gの少量パックですので、一度開封したら全部食べさせてください。

万が一、残ってしまった場合には別の袋などに入れて乾かないようにし、冷蔵庫で保管しましょう。

いずれにせよ、開封後はその日のうちに食べた方が良いでしょう。

たんぱく質中心だから、適度な量なら猫にあげてもOK

【CIAOプチ】には増粘剤や調味料などの添加物が使われていますが、たんぱく質中心のおやつですし、量を管理すれば猫に与えても良いでしょう。

おやつは猫にとって飼い主さんと触れ合う機会にもなりますし、食欲がない時などはおやつをきっかけにごはんを食べてくれることもあります。

【CIAOプチ】も猫との生活に上手に取り入れれば良いのではないでしょうか。

関連記事