ドイツの獣医師が考えたおやつ【アニモンダ ミルキース クランキービッツ】は猫に食べさせても良いの?

キャットフードの製造販売に厳しい規制を設けているドイツ。

そのドイツで生まれたのが、ペットフードブランド「アニモンダ」です。

すべての原材料を人間の食品と同じ基準で厳選しているのが特徴で、2017年12月に発売が始まった猫用おやつの【ミルキース クランキービッツ】も同様のこだわりで作られているようです。

果たして、どんなおやつなのでしょうか。そして、猫に食べさせても良いのでしょうか。

 

【ミルキース クランキービッツ】はどんな形状のおやつなの?

【ミルキース クランキービッツ】は、外側はカリッとした生地、内側にはなめらかなクリームが詰まった2層構造のおやつです。

四角い座布団のようなカタチで一辺が1cm強のサイズ。ちょっと大きめで食べ応えがあります。

 

【ミルキース クランキービッツ】にはどんな原材料が使われている?

原材料へのこだわりが売りの「アニモンダ」のおやつですが、どんな材料が使われているのでしょうか。

肉類

【ミルキース クランキービッツ】には

  • 「ウェルネス」
  • 「フレッシュ」
  • 「バランス」
  • 「ハーモニー」

の4種類がありますが、いずれも肉類には鶏肉が使われています。

穀物

いずれのタイプにも穀物は使われていません。グレインフリーのおやつです。

野菜

いずれのタイプにも野菜、野菜副産物が使われています。野菜副産物の具体的内容については不明です。

 

【ミルキース クランキービッツ】にはどんな添加物が使われている?

【ミルキース クランキービッツ】には着色料、防腐剤などは使われていません。

余計な添加物を使わないという「アニモンダ」の哲学に則っています。

 

【ミルキース クランキービッツ】の成分は?

【ミルキース クランキービッツ】にはどんな成分で構成されているのか調べてみました。

たんぱく質

たんぱく質の割合は種類によって若干異なります。

  • 「ウェルネス」 「ハーモニー」 ・・・ 35%
  • 「フレッシュ」 ・・・ 35.5%
  • 「バランス」 ・・・ 36%

いずれもAAFCO(米国飼料検査官協会)の定める総合栄養食のたんぱく割合の最低基準(26%)を上回る栄養たっぷりのおやつです。

脂肪

脂肪の割合はいずれも20%です。

こちらもAAFCOの最低基準(9%)を大きく上回る数値です。脂肪分が多いので、与え過ぎには注意した方が良いかもしれません。

【ミルキース クランキービッツ】の特徴は?

【ミルキース クランキービッツ】にはどんな特徴があるのでしょうか。

おやつそれぞれに猫をケアする目的がある

【ミルキース クランキービッツ】の4種のバリエーションには、それぞれ猫の体をケアする働きがあります。

ドイツの獣医師が栄養生理学に基づいて考えた成分を配合し、猫の健康をサポートすることができます。

「ウェルネス」

ビタミンとビオチンが配合されていて、猫の毛艶と皮膚の健康をサポートします。

「フレッシュ」

ビタミンC化合物を配合することで、歯石のつきにくい健康な歯を保つことができます。

「バランス」

オメガ3を多く含むサーモンオイルを配合。関節や血流のサポート、免疫力アップなどさまざまな効果が期待できます。

「ハーモニー」

食物繊維が豊富に配合されていて、毛玉の排出をサポートしてくれます。

おやつならではの食感が猫に人気

外側がカリカリで、内側がトロっとクリーミー。2つの異なる食感が楽しめるつくりは、おやつならではです。

ドライフードともウェットフードとも違う食感は、猫に食べる喜びを感じさせてくれそうです。

おやつの与え方は?

美味しいだけでなく、健康ケアにもなるおやつですので、愛猫に必要なケアを考えて、アイテムを選んであげてください。

4種類をローテーションするのもおすすめです。

与える量は?

1日あたりの上限が決められていますので、量を守って与えるようにしてください。

  • 体重3kgの猫 ・・・ 8粒
  • 体重5kgの猫 ・・・ 13粒

与える時間は?

与える時間は特に決められていませんが、食間に与えるのが良いでしょう。

猫とコミュニケーションを取りたい時にもおすすめです。上記の上限量を守りつつ、何回かに分けて与えましょう。

多頭飼いの場合の注意点は?

多頭飼いの場合、猫が食べる量が平均的になるよう注意する必要があります。

これはキャットフードでも同じですが、食欲旺盛な猫だけが大量に食べてしまうと、カロリー過多になることもあります。

せっかくのおやつですから飼い主さんの手から、必要な量をコントロールしながら与えてください。

【ミルキース クランキービッツ】の保存方法は?

【ミルキース クランキービッツ】は1袋約140粒入り。5kgの猫が毎日食べるとすると、約10日で食べ切れる量です。

合成保存料などは使用していませんので、開封したら1ヶ月以内に食べ切るようにしましょう。高温多湿な場所に保管するのは厳禁です。

美味しく食べながら体のケアもできる!ドイツ初の上質なおやつ

原材料にこだわる「アニモンダ」から登場したおやつ【ミルキース クランキービッツ】。

原材料の中の「野菜副産物」だけは詳細が分からず気になりますが、ヒューマンレベルの材料を使うことが義務づけられているドイツの製品ですので、そんなに問題はないでしょう。

おやつを楽しみながら健康にもコミットできる良いおやつだと言えるのではないでしょうか。

関連記事