犬はどんな味を感じてる?犬の味覚の特徴とは【獣医師が解説】

犬にも人と同じく味覚があり、犬もフードがおいしいかどうかを感じることができます。

しかし、犬の味覚は人と大きく異なっており、感じられる味の範囲も人とは違います。

犬の味覚は、味を楽しむためではなく、食べてもいい物かどうかを判断する生命を保つための機能という側面が強いです。

今回はそんな犬の味覚について一緒に見ていきましょう。

 

犬の味覚とは

犬の味覚は人のそれとは大きく異なっています。

犬にも味覚はある

犬には人と同じように味覚はあります。ただし、犬の味覚は人に比べて弱く、あまりご飯を味わって食べるということはしません。

犬の味覚は、体に危険なものかどうかを判断するために発達しているため、食べてもいいものだと判断した場合には、あまり噛まずに飲み込んでしまうことが多いです。

また、犬のフードの嗜好性は、味覚だけでなくにおいや温度などに左右されることも多いです。

犬が感じることのできる味

犬は苦味・酸味・甘みをしっかりと感じることができると言われています。

苦味

犬が食べて最も記憶に残すのが苦味だと言われています。

人は苦みのあるものを好んで食べることもありますが、自然界に存在する苦みのあるものは、中毒などを起こす食べてはいけない毒物であることが多いです。

そのため、犬は「苦みのあるもの=食べられない物」と認識をし、苦味の記憶を強く残すと言われています。

犬のしつけグッズの中に「ビターアップル」というアイテムがあります。

これはリンゴの中に含まれる苦み成分を抽出したスプレーで、噛んだり食べたりしてほしくない場所にスプレーをして使います。

犬は一度苦いと記憶した場所を噛まないという性質を利用したスプレーになります。

ただし、ビターアップルが全く効果がないという犬もいるため、苦味の感受性は犬によって異なると思われます。

酸味

酸味は肉などの新鮮度によって大きく異なるため、犬は酸味を感じることで食べ物の新鮮度を理解します。

犬がメインで食べる肉は、古くなると傷んで酸味が強くなるため、犬は酸味の強い食事を嫌います。

ドッグフードも開封後に時間がたつと酸化をしますが、この場合も酸味が増えるため犬の嗜好性は低下してしまいます。

甘味

犬は甘みを強く感じる動物です。犬は猫のように肉食ではなく、肉食寄りの雑食であり、イモや果物なども食べてきました。

そのため、甘みを感じる味覚も発達したと考えられます。犬がクッキーやパンなどが好きなのも甘みをしっかり感じているからです。

感じているか不明な味覚

犬は、苦味・酸味・甘味はしっかり感じている犬ですが、塩味とうま味はあまり感じないようです。

塩味(しょっぱさ)

犬は、しょっぱさに対して非常に鈍感であると言われており、ほとんど感じていないのではないかとも言われています。

犬が食べる生の肉や穀物などには、本来塩がほとんど含まれず、塩の味を感じなくてもよかったということが理由で塩味には鈍感なようです。

犬は人に比べて塩の必要量が非常に少ない動物ですが、塩味をあまり感じられないため、どれだけ塩辛くても平気で食べてしまう可能性があります。

塩辛い味付けの物は極力与えないようにしましょう。

うま味

人が感じるうま味を犬は感じていないと言われていますが、こちらも科学的根拠に乏しく、感じているかどうかは不明です。

犬はうま味を感じないため、食餌を味わうことなく飲み込んでしまうという説がありますが、うまみは肉の中の核酸と呼ばれる部位に含まれる成分の味を感じる味であり、肉をよく食べる犬がうま味を感じられないというのには少し疑問があります。

 

犬の好き嫌いを決める味覚以外の要素

犬の味覚は人に比べて弱い分、味覚以外の部分で犬が好き嫌いを決めることも多いようです。その要素は以下の通りです。

匂い

犬が味覚と同等、場合によってはそれ以上に重視するのが匂いです。

犬は人の100万倍以上匂いに敏感だとされ、さまざまなにおいを嗅ぎ分けることができます。

犬はフードを味わう代わりに、においで楽しんでいる可能性もあるようです。

食感

犬の食餌の好みは食感にも左右されます。

同じフードでも、ふやかした方が食べがいい犬と、ふやかしたらまったく食べなくなる犬もいます。

どちらが好きなのかは、もともと持っている本能だけではなく、小さなころに食べたものの記憶も強く影響すると考えられます。

温度

フードの温度も犬の好みを左右します。

自然界には常温のものがほとんどであり、冷蔵庫で冷やした状態のフードを好んで食べる犬は少ないです。

一方、焼いたりあげたりしたような高温のフードもあまり好みません。

犬が好むのは、仕留めたばかりの獲物のように、体温と同じくらいの温度のフードになります。

そのため、開けた缶詰などを冷蔵保存した場合には、人肌程度に温めて与えてあげるといいでしょう。

 

犬が今まで食べていたものを食べなくなる理由

犬は今まで食べていたものを急に食べなくなることもあります。そんな時に考えられるのは以下ようなことです。

風味が落ちた

いつも食べるものを食べなくなった場合、まず考えなければならないのはドッグフードの新鮮度です。

缶詰やパウチのフードが傷みやすいのはもちろんですが、ドライフードも開封するとどんどん劣化してしまいます。

犬は酸味に敏感ですが、開封後のドライフードは日に日に酸化を起こして酸味が増してしまいます。

開封後は勢いよく食べるのに、だんだん食べが悪くなるという場合には、酸化による変性を犬が嫌っている可能性があります。

一般的にはドライフードは期限内でも開封したら1か月以内に使い切るようにする必要があると言われています。

酸化に敏感な犬には少し割高でも、小さいサイズのフードを与えるようにしてください。

美味しい味のおやつを覚えた

今まで食べたことのなかった美味しいものを食べてしまうと、今まで食べていたフードを食べなくなることもあります。

特に、フードを食べないからおやつを与えるということを繰り返すと、「フードを食べなければおやつが出てくる」ということを覚えてしまいますので、注意してください。

好みの変化

犬の味の好みは状況によって変化することがあります。

まず1つめは年齢によるフードの好みの変化です。

年齢によって好みが変わる原因としては、ライフステージの変化による必要な栄養素の変化や、歯周病など口の状態の変化が挙げられます。

また、ある種の病気によっても好みが変化することがあります。

特に腎臓病や心臓病など、全身に影響し電解質やミネラルバランスが崩れるような病気を持っていると、フードの好みが変わってくることがあります。

これらの病気があると、石やプラスチックなどフード以外のものを食べる異食症(いしょくしょう)を起こすこともあります。

 

犬が人の食べ物を食べたがる理由

犬は社会性を持つ動物であり、飼い主さん家族を違う動物ではなく、群れの一因だと考えている犬が多いようです。

そのため、家族が食べているご飯をもらえないと仲間外れにされたと感じるために欲しがる犬もいるようです。

また、一度おねだりして食べ物をもらえた経験があると、何度も繰り返し欲しがるようになります。

エスカレートすると犬が食べられないチョコレートなどを食べてしまうこともありますので、できる限り人の食べ物をおやつ代わりに与えるのはやめて犬のおやつを与えるようにしてください。

まとめ

犬も味を感じながらフードを食べていますが、犬の味覚は人と大きく異なります。

人と感じることのできる味が違うだけでなく、味以外にフードの好みを左右する要素が多いのも犬の特徴になります。

人と犬では味覚が違うということを理解し、愛犬に味の濃いヒトの食べ物などを与えすぎないようにしてくださいね!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。